本を読む女。改訂版

関西弁でだらだらと本の感想書いてます。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# 「カソウスキの行方」津村記久子
カソウスキの行方
カソウスキの行方
  • 発売元: 講談社
  • 価格: ¥ 1,470
  • 発売日: 2008/02/02
  • 売上ランキング: 86156
  • おすすめ度 5.0


左遷され、倉庫勤務になったイリエ。ぱっとしないので、
同じく倉庫勤務の森川をとりあえず好きになったつもりになることに。
「カソウスキ」の行方はいかに。表題作ほか3篇収録。

むっちゃ気持ちわかるわー。カソウスキ。わかるわかる。
ものすごく共感した。私じゃねえかこれ書いたのと思うくらい。
仕事はくだらないから、いつも私は職場でお気に入りを探してますよ。
同じ部門で適度にいいのがいたらその人、いなかったら別の部門、
総務とか行き来があるところの人で適当に感じのいい人を。
人事異動があるたびにそれは変わるんだけどね、わりと頻繁に。
別に好きとかじゃないんだけど、なんとなく話せたら嬉しいような気になって、
くだらない仕事が少しは楽しいじゃないですか。
彼氏いるとか相手結婚してるとか関係ないのねこの際。何もしやしないので。
続きを読む >>
| comments(5) | trackbacks(1) | 21:42 | category: 作家別・た行(津村記久子) |
NOW READING
ざれこの今読んでる本
Categories
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Profile
Search this site
Sponsored Links