本を読む女。改訂版

関西弁でだらだらと本の感想書いてます。
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# 「屈辱ポンチ」町田康
屈辱ポンチ
屈辱ポンチ
posted with 簡単リンクくん at 2005. 6.12
町田 康 / 町田 康著文芸春秋 (2003.5)通常24時間以内に発送します。


「けものがれ、俺らの猿と」と表題作2つを収録。
どちらも主人公は相変わらず情けない男。
けものがれ・・のほうでは売れない脚本家、巨大な虫が生息するぼろ家に住み、
胡散臭い監督が持ってきた儲け話に奔走され、変な街を取材したり
変な大仏を見たり変な男に会ったり猿を拾ったり。わけがわからない。
屈辱ポンチでは売れないパンクロッカー、友人にいきなりある男に復讐するよう頼まれ、
変な相棒とわけもわからず嫌がらせを繰り返してみる。

続きを読む >>
| comments(0) | trackbacks(0) | 04:03 | category: 作家別・ま行(町田康) |
# 「夫婦茶碗」町田康
夫婦茶碗
夫婦茶碗
  • 発売元: 新潮社
  • 価格: ¥ 420
  • 発売日: 2001/04
  • 売上ランキング: 12,967
  • おすすめ度 4.39


「夫婦茶碗」「人間の屑」収録。
私が最初に読んだ町田作品。これで町田康にしばらくはまってしまった。

内容は、どっちの短編もわりと共通。
ダメすぎる男の日常。

続きを読む >>
| comments(5) | trackbacks(13) | 12:21 | category: 作家別・ま行(町田康) |
NOW READING
ざれこの今読んでる本
Categories
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Profile
Search this site
Sponsored Links