本を読む女。改訂版

関西弁でだらだらと本の感想書いてます。
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「瑠璃玉の耳輪」津原泰水/尾崎翠原案 | main | 2013年06月に読んだ本 >>
# 「巨鯨の海」伊東潤
巨鯨の海
巨鯨の海
  • 発売元: 光文社
  • 価格: ¥ 1,680
  • 発売日: 2013/04/18
  • 売上ランキング: 3514


読んだ時から「これは直木賞でしょ!」って思ったらやっぱり直木賞候補になりました。
ここは是非恩田陸とのW受賞でお願いしたいな。と勝手に思っています。

「城を噛ませた男」「国を蹴った男」と、伊東氏の「マイナー武将シリーズ」(勝手に命名)を
読んで、さて次はと思ったら、今度は和歌山県太地町の鯨漁がテーマの連作短編。
戦国武将の短編も、一般的に知られていない人を取り上げたり、と歴史ものをよく読む私も
すごく新鮮に思える題材を書いてくれる人で興味は尽きなかったが、次は鯨漁とは!
太地町で鯨取るのは知ってたし鯨博物館も行ったことあるけれど、
その歴史についてとか、全然知らなかった。
そういえば、「城を噛ませた男」でも、鯨漁をしている場所での話があったなあと思い出しました。
太地町ではなかったけど。

江戸時代から明治時代くらいの、同じ太地町での鯨漁を巡るドラマが連作短編になってます。
短編毎に共通する人物がいるわけではないけど、どの時代も同じような立場の
同じような人がいて、そのことで、鯨漁の伝統が綿々と続いているのがすごく伝わります。
ひとつひとつはキレのある短編でありながら、歴史の大きな流れが感じられて、
長編も短編も両方読んだようなお得感。

そこは村全体で鯨漁をしていて、特に男は鯨漁に携わらなければ生きていけない。
鯨漁は団体戦、何艘もの船で、チームプレイで行いますが、そのリーダーのような人(刃刺)を
選ぶのが世襲制(というか家に1つ権利があると言うか)だったりして、
その刃刺の立場を巡っての家のドラマとか、鯨漁になじめない男が生き様に悩むドラマとか
いろんなドラマが生まれます。それを一つ一つ丁寧にすくい取ってお話にしていて、
どの短編もすごく読み応えがありました。
血が苦手で鯨も見れない男性の物語とかもあって、こういう人は本当に大変だよな、とも思ったし。

どれも本当に良かったんだけど、鯨漁にかける熱い男のドラマ、的な雰囲気のもあったし
そういうのだけでなく異質な作品もあって、様々な彩りがあったのも特に面白く感じた。
印象深かったのは、幼い頃に遭難しかけた親友同士の物語、最後がすごく切なくて
生きるっていいことばかりじゃないなと思ったり。
一つだけ密偵が入り込むのもあってそれはミステリとして面白かった。
犯人はすぐわかったんだけど、最後の展開に驚いて、でも伏線も張られていたから納得も出来たし。
いい人ばかりでもない、どうしようもない部分も描かれていて、ほんま読み応えがありました。
最後の短編では、鯨漁の終焉と遭難した男の物語がリンクして、素晴らしかったし。

でも、一番凄かったのは、鯨漁の様子がものすごくリアルで生々しかったこと。
たくさんの船が大きな鯨を追い詰めていく様子がものすごい臨場感で描かれて、
ほとばしる鯨の血とか悲鳴とか、鯨に沈められる船とか男たちとか、見てきたかのよう。
家族を殺された鯨が恨み鯨となって海を徘徊しているとか、そういう鯨のドラマもあって、
そういうこともあるのか、という驚きとともに読ませる読ませる。

ちょっとした判断ミスが命に関わる過酷な鯨漁、鯨も人間たちも命と命のぶつかり合いだ。
だからこそ、鯨を夷様と呼んで敬う。鯨が命をくれているから太地の人たちが
生きていけるのだというのを、太地の人はみんな知ってる。
人間だけ生き物の中で特別、とかいうんじゃなくて、人と鯨、同じ生きものが、
広大な海で戦って生きている。太地の村全体がすごく「生きている」って感じがして
ものすごいエネルギーが伝わってくる。生きるというのはこれほど厳しいことなのだな、と
生ぬるい頭にカツを入れられた気がしました。すごい作品でした。

最初は方言や特殊な用語が多く読みづらいですが、その方言がまたリアリティを増していて
ますますその世界に行ってきたかのようです。慣れたら本当にのめり込める。
時代小説苦手な人にはとっつきにくさ満点ですが、挫折とかしないで最後まで読んで欲しいな。
| comments(1) | trackbacks(0) | 19:54 | category: 作家別・あ行(その他の作家) |
コメント
人気の抱き枕カバー激安通販
★うちのニメ抱き枕はおしゃれで、個性的、快適なので、お宅のご前にはよく向いています。
★アニメ抱き枕カバーはソファー、ベット、イスなど置いて、飾り物として飾ります。
★生活豊かになると、アニメ抱き枕の品質もの高くに追求します
★遊んだ時、寝る時、寂しいの間、アニメ抱き枕が必要されます。
★超人気のアニメ抱き枕 :弊店にご関心を寄せて頂き、誠にありがとうございます【Takuanime.com】
ネットショップ:
http://www.takuanime.com/
http://www.takuanime.com/product/attr-254.html
http://www.takuanime.com/product/series-241.html
| アニメ抱き枕 | 2013/08/22 4:39 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.zare.boo.jp/trackback/951071
トラックバック
NOW READING
ざれこの今読んでる本
Selected Entry
Categories
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Profile
Search this site
Sponsored Links