本を読む女。改訂版

関西弁でだらだらと本の感想書いてます。
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「小澤征爾さんと、音楽について話をする」小澤征爾×村上春樹 | main | 「退屈姫君海を渡る」米村圭伍 >>
# 「ボクには世界がこう見えていた―統合失調症闘病記」小林和彦
ボクには世界がこう見えていた―統合失調症闘病記 (新潮文庫)
ボクには世界がこう見えていた―統合失調症闘病記 (新潮文庫)
  • 発売元: 新潮社
  • 価格: ¥ 620
  • 発売日: 2011/10/28
  • 発売日: 2011/10/28
  • 売上ランキング: 5215


統合失調症にかかった青年が自ら記した闘病記。文庫発売日にたまたま本屋に行って、
即買ってきた本でした。

私の同僚は長年、鬱病を患っています。最近は鬱病の症状より不安障害が出てきているようで、
少し仕事をするといっぱいいっぱいになるようです。でもがんばって仕事にきているし、
周りも、特に私が庇って仕事をしたりして、フォローはしています。
元気だった頃も知っているのですが、最近は同僚が何を思っているのかわからないことも
多々あって、この本を手に取ったのも、病名はもちろん違うんですが、同僚を理解するための
一助にならないか、と思ったからでした。

以前、統合失調症の同僚もいたことがあります。今は違いますが。
その人は言っていました。「テレビが私の悪口を言っている。」って。
一般人だからそんなわけはないんだけど、その人はそう信じている。
その時はそこまで思ったかどうか覚えてないけど、今思うと、毎日そういうことを思って
不安に過ごしている本人は、どれだけつらいんだろう、と思います。

この本は、統合失調症を突然発症してしまった青年が自らの思ったことを綴っています。
アニメの構成を担当して、有名なアニメもいくつも担当していた、若手だけど活躍していた
人のようですが、発症はこれを読んだ限りでは突然だな、という印象でした。
働く悩みもプレッシャーも、他の一般的な人と比べてとても酷い、とかそんな感じもなく、
どちらかといえば順風満帆なような気がしました。ご本人もとてつもないストレスとか
自覚されていないようで・・・。病気って何か原因があってなるものだと思ってたので、
これを読んで、誰にでも起こりうるのか、と思って、愕然としました。
病気の人の気持ちを知りたい、とか言ってた私自身が、いつのまにかなっているかもしれない病気です。
他人事ではない気がしました。

彼は誇大妄想を持つようになります。自分はすごい、世間がみんな自分に注目している、
俺は何でも出来る、そんな妄想。読んだらすぐ妄想だとわかるんだけど、ご本人はそれを
事実だと思っている。現実と心との激しいギャップ。彼がこの病気でいかに苦しんでいるか、
文章から伝わってきて、本当につらくなりました。なんだか引きずり込まれそうで。

でも、こういう症状をご本人が客観的に書けるというのは貴重なようですね。
ご本人がだいぶ落ち着かれたからなのかなと思いますが、自分がどんな状況だったのか
支離滅裂だった頃のこともいい意味で他人事のように距離を置いて書かれている、
そんな印象を受けます。でも、自ら経験されたことなので臨場感がすごくて、
想像だけでは及ばないところが記されています。
今まで読んだ本は患者の家族の視点とか、そういうのが多かった気がするので
(「つれウツ」の「ツレ」さんはご自分でもお話していますが)、
当人からの視点で読めるというのはすごいことだと思います。

同僚が似たような(病状が違うからだいぶ違うんでしょうけど、たまに被害妄想的なことも言うので・・)
混乱に陥ってるかもしれないと思うと、心がざわざわしましたが、読んで良かったと思いました。
病気の人が感じる世界を追体験することで理解して、接するのが少し楽になれたらな、と思いましたが、
そんな甘いもんじゃありませんでしたが・・・。辛いんだなあというのが少しわかった、というだけでしたが、
それでも追体験できて良かったと思います。
彼らの心の問題、性格の問題、というよりは「病気」なんだと、強くわかったので、
自分の心の整理にもつながりました。病気なんだから、いろいろあっても、仕方ないやん、と。
また、普段通り接して行こうと思います。

しかし、しんどい本でした。この本のご本人もまだ完治されていません。
なんでこんな病気になっちゃうんだろう。
早くこの病気が綺麗さっぱり治るよう、医学の進歩を願っています。
| comments(1) | trackbacks(1) | 18:20 | category: 作家別・か行(その他の作家) |
コメント
はじめまして。
私も、うつ病を患い閉鎖病棟に入院した経験があります。
この本はとても気になっていて、ここの書評を読み、ぜひ手に取ってみようと思いました。

とても参考になりました。
ざれこさんの関西弁の感想は、親しみやすくて素敵ですね。
| みお | 2012/07/10 12:51 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.zare.boo.jp/trackback/950978
トラックバック
統合失調症と共に歩む会
統合失調症を薬物に頼らず改善することができる革新的な方法というのは存在します。そしてそれはすぐにでも始められる簡単な方法なのです。
| 統合失調症を薬に頼らずに改善する方法 | 2012/10/06 10:33 AM |
NOW READING
ざれこの今読んでる本
Categories
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Profile
Search this site
Sponsored Links