本を読む女。改訂版

関西弁でだらだらと本の感想書いてます。
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「黒いハンカチ」小沼丹 | main | 「四畳半王国見聞録」森見登美彦 >>
# 「漂砂のうたう」木内昇
漂砂のうたう
漂砂のうたう
  • 発売元: 集英社
  • 価格: ¥ 1,785
  • 発売日: 2010/09/24
  • 売上ランキング: 7509


直木賞受賞おめでとうございます。
「新撰組幕末の青嵐」と「茗荷谷の猫」を既に読んでいましたが、特に「茗荷谷の猫」で
「木内さんって細やかで繊細な男性なんだなあ」と思ってましたら、
直木賞を受賞されてはじめて女性とわかり、驚きました。のぼりさん、なのですね。

明治のはじめが舞台。遊郭で客寄せみたいな仕事をして働いている定九郎が主役。
やさぐれた雰囲気で調子よく働く定九郎だが、遊郭の底辺で働く自分に心底嫌気がさしている。
小さい頃武士階級だった自分を思い起こし、こんなはずではなかった、と思っている。
代金をちょろまかし、使うあてもない小金を貯めながら暮らす日々。
遊郭で同じ店番をしながらしっかり仕事をしている龍造を見て違和感を感じ、
噂話にばかり講じる出世欲丸出しの後輩にも嫌気がさしている。

そんな定九郎が、芸人崩れのポン太につきまとわれるようになり、次第に運命が変わっていく。

文体がいい意味で昔の文章のような、独特のリズムの格調高い雰囲気の文体で、
慣れるまで読みにくかったけれど、馴染んでからは、当時の世界にスムーズに入れるような気がした。
見たこともない遊郭が、その場に立ち現れるような描写、そしてそこにいそうな人々の
活き活きとした描写に、すんなりとひきこまれていった。

幕末と明治の過渡期に、あまり読んだことのない武士以外の人々の生活、
それも遊郭という、時代の流れで廃れる寸前の、滅び行く遊郭という特殊な環境で生きる人々を
活写している小説で、何気ない生活でも読み応えを感じた。
特に、武士のはずだった定九郎が、遊郭で「こんなはずじゃなかった」と思っている姿は、
当時の人々、特に武士階級だった人のほとんどはこんな心境だったんじゃないかなとも思えた。
特に、西郷隆盛が起ち上がった西南戦争にて、「武士」という人々が終焉を迎える、
その変化について行ける人がこの時代にいたんだろうか。
あとから振り返って大変だったな、と思い出せることはあるにしても、
当時は大多数の人々はただ流されていたに違いない。

日本史上何度もあることではない急激な変化の渦、その渦からも追い出されて
流れを眺めるまま淡々と生きる人々の無常観が、見事に描かれていたように思う。

当時は武士も町人もなく、みんな自由だった。
いや、自由ですよ、と言われてぽんと放り出された。
でも実際は全然自由ではない。遊郭に囚われ、働き口もなく、どう生きていいかわからない。
もう武士という、身分の縛りはない。それがつらい時代。
そんな人たちが苦しみながら自分なりの生き方を見つけていく様子がとても見えた。

遊郭の一番人気の小野菊が、とてもキップがよくてすばらしかった。
最初は同じ女性でも、もう一人のぱっとしなくてネガティブな花魁の方に、嫌々ながらも共感して、
身につまされたりもしていたが、最後は、小野菊の本当の意味での「自由」さに、
定九郎と同様に感嘆することになった。
オチはまあ読めたけれど、そんなことはどうでもいいです。かっこいい、小野菊花魁。
後半の、落語の噺と絡めた展開はぞくぞくしました。現実のような、現実ではないような、
独特の雰囲気にやられました。

そして、そんな小野菊から何かを思って生きていく定九郎の今後に、希望の光あれ、と思う。
どんなに流される世の中でも、「自分」が確立されていれば、きっと自由に生きられる。
明治のお話ではあるけれど、今を生きる私たちにも何かを教えてくれる作品です。

とてもすばらしかったので、木内さんの作品はこれからも読み続けたいと思います。
| comments(0) | trackbacks(1) | 22:41 | category: 作家別・か行(木内昇) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.zare.boo.jp/trackback/950854
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2011/06/01 1:50 AM |
NOW READING
ざれこの今読んでる本
Selected Entry
Categories
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Profile
Search this site
Sponsored Links