本を読む女。改訂版

関西弁でだらだらと本の感想書いてます。
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
<< 2011年03月に読んだ本 | main | 2011年04月に読んだ本 >>
# 「くすぶれ!モテない系」能町みね子
くすぶれ!モテない系 (文春文庫)
くすぶれ!モテない系 (文春文庫)
  • 発売元: 文藝春秋
  • 価格: ¥ 690
  • 発売日: 2011/02/10
  • 発売日: 2011/02/10
  • 売上ランキング: 13161


本屋でみかけて、あーこれネットでちらっと読んだ気がするー、と立ち読み。
立ち読みで終わるつもりが、そこに載っている「モテない系女子」のイラストが
そのまんま私だったので、買って帰ることにした。

ジャージ(ちょっとおしゃれな、と思っている)を着て、メガネ(ちょっと変わった)をして、
前髪そろってて、髪はあえて黒(私は「あえて黒にしてほしいんですけど」と美容師に毎回言って
毎回却下されているので栗色だが)、そしてあぐらかいてる女子のイラスト。
ああ、間違いなく私・・・。
そして後半部分を読むに、「モテない系は雑誌は「InRed」を買う」って書いてあって、
部屋にある雑誌をまじまじと眺めた。うん、最近「InRed」しか買ってません・・・
他の雑誌は服の趣味が合わなくて・・・

ということで、モテない系確定の私でした。それが何か。
そういうわけですので、楽しく読ませていただきました。

趣味に金をつぎこみ、何かの趣味では蘊蓄をがんがん垂れ流せるくらいのこだわりはあるが、
かといっておしゃれに興味がないわけでもない。化粧もそれなりにする。
しかし普通の女性が好むような服ではなく、流行を追いつつ一風変わったものを好む。
モテない系にはそんな分析がなされていて、そうそうまんま私のことですよ、と思う。

そして、モテない系の最大の特徴、「自分がモテようとしているとは思われたくない」という
妙ちくりんなプライドがあること。
深くうなずいてしまいました。うん、そんなこと思われるならモテなくていい。確かに。

「半タメ口の女性はモテる」などと、モテる女になれる秘訣?も面白味たっぷりに
書かれていましたが、私はそうなろうとは思わずに(無理。即答。)、
「なるほどー」と能町さんの観察眼に感心したりしていました。そこかよと自分でツッコミ。
むしろちゃんと敬語使おうと思った(おい)。
その妙なプライド、妙な自意識過剰っぷりが自分の身にあてはまりすぎて、
身もだえする感がありました。そうなんだよね、「女」だと思われたくないんだよ。
合コンに行ったら「モテたいと思ってる」とは思われたくないから天然ツッコミ炸裂、
ちょっとクールな態度で挑んだりして、それでいいんだけども、
だけど、ちやほやされる女子を見ているとなんだか落ち着かない気もするんだよね。
困った人だよね。そりゃモテないよね。

と、はっきり「モテない系」と自覚した私です。「負け犬」が騒がれていた時代にも、
「よくぞ言ってくれた」と思ったものですが、今回は「よくぞ言ってくれた!!」という感じ。
分類されるというのは、ちょっと反発もあるのですが、グループに入れてもらって
落ち着く感もあります。もうそれは絶対あります。な、なかまがいた・・・!って感じ。

「負け犬」と「モテない系」も違うらしくて、同じ「負け」でも仕事中心か趣味中心かで
分類されている。私はもちろん後者。「負け犬」概念には多分全部ひっくるめられていたと
思うのだけれど、私はバリバリ働いてるわけではないから、
より細かく分類されるとより安心しますね。
と、心のよりどころを得た私でありました。

まあ、軽い読み物だったので、私としてはもうちょっとモテない系の私(たち)の心理を
がんがん掘り下げてってほしかった、かな。
続編希望です。どんどんディープな世界に進みましょう、と勝手に呼びかけてみます。
モテない系入門編?としては最適です。さあ、思い当たる方はどうぞお読みくださいませ。
| comments(4) | trackbacks(2) | 23:53 | category: 作家別・な行(その他の作家) |
コメント
分かります!私も「そうだったのか!」と膝を打ちながら読みました。
絵文字は使えないし、最後まで敬語を使い続けるタイプです。
若いころは、ままならない・・・と忸怩たる思いもありましたが、
いい歳になってきて、楽しく生きていればそれでいいじゃあないか、
私には趣味もあるんだし!と思えるようになりました。

ざれこさんの更新、少し間が空いたので心配しました。
このブログを読むのも趣味のうちなので、今後も楽しみにしています。
| つつつ | 2011/04/17 9:11 AM |

初めてコメントさせていただきます。
「呻け!モテない系」というモテない系の方々からの投稿を集めた続編(?)がより一層深く、バリエーションに富んでて面白いですよ。
| 乙夜 | 2011/04/18 1:39 PM |

ご連絡手段がなかったため、コメント欄から失礼いたします。
書評サイト「本が好き!(http://www.honzuki.jp/)」の運営担当の高橋と申します。
ブログを拝読させていただきました。
興味深い書評をたくさん書いていらっしゃいますね。

そこで、私共の「本が好き!」にご登録いただき、
書評を書いていただきたいと思いコメントさせていただきました。

当サイトには、本がもらえる『献本』や本について語り合う『読書会』、ブログ相互リンクの機能などがあります。

会員登録など費用は全く発生いたしませんので、
一度ご検討いただければ幸いです。

※このコメントが不適切である場合は削除してください。
| 書評「本が好き!」 | 2011/05/18 2:27 PM |

つつつさん
最近、本は読んでいるのですが長編が多いのと、感想を書くのがままならず、頻度があいてしまっています。すいません。私は元気です。
この本、共感できまくりですよねー

乙夜さん
コメントありがとうございます。
「呻け!・・」も是非読んでみたいと思います。体験談とは興味深い。ご紹介ありがとうございます。

本が好き!運営担当者様
ご紹介ありがとうございました。
以前献本していただきお世話になったことがあります。その節はありがとうございます。
最近はあまり時間がなく参加できていませんが、読書会も楽しそうですし、余裕ができたら参加したいです。
| ざれこ | 2011/05/18 9:01 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.zare.boo.jp/trackback/950849
トラックバック
他の男から女を奪う
例え好きな女性に彼氏や婚約者がいるとしても、自然に身も心も奪って自分の女にすることができる、完全略奪テクニック。
| 恋心略奪マニュアル | 2011/05/02 9:08 AM |
モテない理由はここにあった! 「くすぶれ!モテない系」 能町 みね子
&nbsp;ポコアポコヤのlafitaさんのところで紹介されていた「くすぶれ!モテない系」面白そうなので読んでみました。読んだとたん、目からウロコでした。そして、自分に当てはまることばかりでした…orz以前に読んだ「マミちゃん(仮名)ばかりが、なぜモテる?」の
| 日々の書付 | 2011/05/07 9:44 PM |
NOW READING
ざれこの今読んでる本
Categories
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Profile
Search this site
Sponsored Links