本を読む女。改訂版

関西弁でだらだらと本の感想書いてます。
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「イワン・デニーソヴィチの一日」ソルジェニーツィン/木村浩訳 | main | 「きことわ」朝吹真理子 >>
# 「一刀斎夢録」浅田次郎
一刀斎夢録 上一刀斎夢録 下


浅田次郎の新撰組三部作、のこの作品が出ると宣伝されていて、そうか三部作だったのか、と。
「壬生義士伝」「輪違屋糸里」と2作読んでいたのでこの本も早速読んでみました。
壬生義士伝では号泣しちゃった私(ちなみに映画でも号泣)、あの斉藤一がまた出てくる、と
あっては読まずにはいられません。
同じ月に浅田次郎ばかり読むことになりましたが、せっせと読みました。

浅田さんらしいセンチメンタルさで、時代の変わり目を切なく描くこの作品、
結論から言うと個人的には「壬生義士伝」には及びませんでしたが、じっくりと堪能しました。
さすがにうまいなあ。のめりこませる何かがあります。

読み始めたらいきなり時代は大正時代に入ったばかり、明治天皇の崩御と乃木大将の殉職などが
描かれていきます。あれ、時代が違うよ、と思いつつ読んでいきますと。
主人公は若い梶原中尉。陸軍にいて、時代の流れに取り残されたような、
未だ明治のような気がしてます。剣術の腕前があり、警察勤務の榊がライバル。
榊に剣を指南したという、一刀斎と呼ばれる謎の老人の話を聞いた梶原は、
休暇中に一刀斎のもとを訪ね、話を聞くのですが、一刀斎は幕末には斉藤一と名乗って、
新撰組として京都の町を歩いていたのです・・・

斉藤一というと、大河ドラマのオダギリジョーや壬生義士伝の佐藤浩市が浮かんでしまったりして、
他の読み物から推察しても、すごくクールなイメージでした。
その彼がここでは老人になって若い頃の思い出を語っているので、最初違和感がありました。
「わしは、〜じゃった」とかあんまり言ってほしくないんだよね、斉藤一には。
なので、どうしてこんな時代設定にしたのか、ちょっと不思議でした。

でも読み終えるとそんな違和感は消えてました。
江戸時代という一つの大きな時代が終わり、更に変革期の明治時代まで終わってしまった、
そんな時期だからこそ、斉藤一の語りは意味があるのだなと思います。
時代はいくら変わっても人は変われない。それを彼が一人で体現してるのだと思います。

西南戦争で命を終えた西郷隆盛について、斉藤一は新解釈を含めて語ります。
西郷さんも、武士の時代が終わることに結局はついていけなかったのかな。
明治時代を生んだ立役者の一人だけど、一つの時代の死とともに死んでしまった・・・
斉藤一が、全然立場の違う西郷隆盛の気持ちを、一人代弁して生きている。そんな気がした。

斉藤一には弟子がいた。市村鉄之助という、家に捨てられて新撰組に入ってきた若造。
彼に剣を教え、生き方を教えたつもりでいた。しかし、斉藤と市村の道は違っていく・・
市村との話が一つの軸となって、一見、四方山話のようなとりとめのない斉藤一の話が
だんだんと収斂していくのは、読み応えがありました。
最後の瞬間には胸が痛んだ。どうしてそんな運命が待っているのか。
そして斉藤一は、一人生き延びてしまった。

所詮人は糞袋に過ぎない、と割り切って人を斬りまくった斉藤一。そうでもしなければ
自分が生きていけなかった。でも彼も誰かと触れあう。誰かに生きて欲しいと願う。
人は食べて糞するだけの袋に過ぎないかもしれない、時代に取り残されてしまうかもしれない、
でもそれでも生きることには価値がある。
うまく言えないけれど、そんなことを斉藤一の語りから教えられた気がしました。

斉藤一=一刀斎の語りを聞いて、武士の魂を背負って、
これから梶原中尉がどんな剣を振るうのか、見守りたい気がしました。

実際は、斎藤一は明治に入ってからほとんど語らなかった、と
何かで読んだことがあります。どんな思いで、明治以降を生きてきたのでしょうね。
ご本人にお会いしたかった。無理に決まってますが、そんなことも思いました。
| comments(3) | trackbacks(0) | 22:51 | category: 作家別・あ行(浅田次郎) |
コメント
初めまして。
とても沢山読まれていますね!
私も本というか物語が好きなので、参考にさせてください。
セレクトがとてもよく似ていたので。
違いは私は外国の作家さんは殆ど読まないところです。
名前がなかなか覚えられないので:苦笑
| オリーブ | 2011/03/22 11:17 AM |

巨人倍増:www.yahookanpou.com/product/jurenbeizenggouqi.html
威哥王:www.yahookanpou.com/product/weigwang.html
三便宝:www.yahookanpou.com/product/sbb.html
媚薬:www.yahookanpou.com/catalog/63.html
紅蜘蛛:www.yahookanpou.com/product/hongzhizhu.html
花痴:www.yahookanpou.com/product/huachi.html
RU486:www.yahookanpou.com/product/zjyrubjzz.html
中絶薬:www.yahookanpou.com/catalog/25.html
福源春:www.yahookanpou.com/product/fyc.html
精力剤:www.yahookanpou.com/catalog/1.html
| 巨人倍増 | 2013/01/25 7:13 PM |

精力剤:www.yahookanpou.com/catalog/1.html
三体牛鞭:www.yahookanpou.com/product/santiniubian.html
狼一号:www.yahookanpou.com/product/langyihao.html
狼1号:www.yahookanpou.com/product/voil.html
三體牛鞭:www.yahookanpou.com/product/santiniubian.html
曲美:www.yahookanpou.com/product/qm.html
女性用媚薬:www.yahookanpou.com/catalog/60.html
巨人倍増:www.yahookanpou.com/product/jurenbeizenggouqi.html
三便宝:www.yahookanpou.com/product/sbb.html
巨人倍増:www.yahookanpou.com/product/jurenbeizenggouqi.html
紅蜘蛛:www.yahookanpou.com/product/hongzhizhucqf.html
曲美:www.yahookanpou.com/product/qm.html
| 巨人倍増 | 2013/01/25 7:14 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.zare.boo.jp/trackback/950844
トラックバック
NOW READING
ざれこの今読んでる本
Selected Entry
Categories
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Profile
Search this site
Sponsored Links