本を読む女。改訂版

関西弁でだらだらと本の感想書いてます。
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「音もなく少女は」ボストン・テラン/田口俊樹訳 | main | 「ハローサマー、グッドバイ」マイクル・コーニィ/山岸真訳 >>
# 「のぼうの城」和田竜
のぼうの城 上 (小学館文庫)のぼうの城 下 (小学館文庫)

豊臣秀吉の小田原攻め。一夜城まで作って北条を追いこんでいく豊臣勢、
そして北条方の小さな城、忍城の攻撃は、石田三成に任された。
忍城の陥落は容易なことと思われた、が、しかし、
忍城には「でくのぼう」を略し「のぼう」様と呼ばれる、
成田長親なる人物がいた・・・。
のぼう様、そして忍城の個性的な武士たちと、石田三成の攻防がはじまる・・・!

いやーおもしろかった。一気に読みました。さすが売れただけあります。
歴史小説を読まない人にも「とりあえずこれ読んで」と薦められる
いい意味での「軽さ」と、歴史小説読んでる私も知らないネタのマニアックさ、
どちらも兼ね備えているので、つまりは万人向けです。
誰にでもお薦めできる痛快な小説でした。

表紙もオノ・ナツメさん。おしゃれです!

「天地明察」もこれもですが、最近歴史小説の敷居が低くなってきましたね。
今まで読むのに少し気合がいった歴史小説が、手軽に読めて、嬉しいことです。

私は歴史小説はけっこう読む方です。戦国ネタもかなりいろいろ読んだので、
小田原攻めももちろん出てきます。その中でも忍城の話は、
ちょっとしたエピソード(司馬遼太郎風に言うと「余談だが、」)として
出てきてはいましたが、これをメインに読んだことはなかったです。
なので題材自体があまりよく知らないし、興味深かった。

そして物語はとても映像っぽい。もともと脚本として賞を受けた作品を
小説にしたようなので、よけいだと思うのだけれど、絵が浮かんできます。
戦のシーンでも、三人の個性的な部下がそれぞれの場所で戦うのですが、
それぞれのシーンがとてもいい場所で切られて別のシーンへテンポよく移っていくので、
どうなったのか興味もそそられつつ、別のシーンを見ている、というような展開。
すごくスピーディ。テンポがよくてとっても読みやすかったです。
解説も司馬遼太郎風にメタ視点で入ってくるのだけど、
くどくないし、かゆい所に手が届く感じで、テンポの邪魔にはなってません。

キャラクターの魅力も素晴らしいですね。3人の部下も、長親の幼馴染で
長親に振り回される丹波、若気の至りキャラの靱負、喧嘩っぱやい和泉、と
いろんなキャラが配され、あと男勝りの甲斐姫もかっこいい。
そして敵陣も、石田三成がまだ若くて、血気はやってる頃なんですよね。
そんな三成も、それを見守る秀吉も大谷吉継も、すごくいいのです。
もともとこの時代に生真面目すぎる石田三成という人は私は嫌いではないのですが、
この小説の三成はやっぱり迂闊ながらも、今まで読んだ中で一番いいと思いました。

そして何より、のぼう様、長親の魅力を忘れてはこの小説は語れません。
本当に「でくのぼう」なのか?実は名君なのか?
読み終わっても結局はよくわからないのですよね。そのわからないところがいい。
たぶん、この戦国時代に、のぼう様は正直すぎるのだろうと思うけれど、
それがとてつもない魅力になっている。
だからこそ、領民は彼を慕う、その「しょうがねえなあ」と思いながら慕う、
それがとんでもないことを引き起こす・・・。
この、得体のしれない化物のような主人公の魅力あってこその小説だと思いました。

そんな化物の長親と、ちょっと若気の至りの石田三成の対決は、
双方とても男らしく、痛快でした。互いが互いを認め合っての男同士の戦いは、
何せ痛快ですね。戦国ですし戦ですから凄惨なこともあるし
とっても爽やか、とはいかないんですけど。
面白く読みました。

難を言えば上下巻にしなくてもいいんちゃいますか、というのと
(しかしオノさんの表紙が2つあるというのはお得感があるのか)。

あとは映画化はいいけど、野村萬斎様(大ファン)はぴったりだけど、
石田三成は、違うと思います。がっかり・・・。
「天地人」はひどい大河でしたが、石田三成だけは(髪型はさておき)
よかったので、ここも小栗旬でいってほしかったな・・・。
| comments(3) | trackbacks(2) | 23:16 | category: 作家別・ら、わ行(その他の作家) |
コメント
流行本、ということでちょっと敬遠していたのですが、読んでみるとどんどん引きこまれていきました。
少人数が大多数を負かす、という歴史もいいし、男勝りで勝気な甲斐姫も、最後まで愚者かカリスマかわからないのぼう様たちの登場人物も魅力的でしたしね。(^^)

映画では萬斎さんがのぼう様を演じるそうで、田楽踊りのシーンが楽しみです。
| 日月 | 2011/01/09 4:25 PM |

ざれこさん☆おはようございます
普段、時代物をあまり読まないわたしですが、これは読みやすかったですねぇ。
のぼう様のような殿様だと、みんなで助けなくっちゃという気持ちが生まれるからこそ、ああいう展開になったような気がします。
映画も楽しみですが、石田光成=小栗旬じゃなかったのは、やっぱり惜しいですよね(^_^;)
| Roko | 2011/01/10 10:15 AM |

私も読みました
子供が本屋さんで見つけて、読んでみたら面白くて!
| 福美 | 2011/02/15 10:17 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.zare.boo.jp/trackback/950832
トラックバック
「のぼうの城」 和田 竜
大人気戦国小説「のぼうの城」を読みました。私は生来のひねくれ者なので、流行りの本を読むのにはやや抵抗があったのですが、「のぼうの城」は単純明快で面白かった。また、今まであまり知らなかった歴史に隠れた地方領主たちの様子も垣間見れたのもよかった。いわゆる
| 日々の書付 | 2011/01/09 4:01 PM |
『のぼうの城』 和田竜
のぼうの城posted with amazlet at 10.11.09 和田
| Roko's Favorite Things | 2011/01/10 10:18 AM |
NOW READING
ざれこの今読んでる本
Selected Entry
Categories
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Profile
Search this site
Sponsored Links