本を読む女。改訂版

関西弁でだらだらと本の感想書いてます。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「寝ても覚めても」柴崎友香 | main | 2010年10月に読んだ本 >>
# 「今朝の春−みをつくし料理帖」高田郁
今朝の春―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-4 時代小説文庫)
今朝の春―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-4 時代小説文庫)
  • 発売元: 角川春樹事務所
  • 価格: ¥ 620
  • 発売日: 2010/09
  • 売上ランキング: 519
  • おすすめ度 4.5



関西から来た不幸な生い立ちの女料理人澪が、江戸の「つる家」で、人情味あふれる
店主やお客さんたちに囲まれて、様々な料理を考案したり、大店と対決したりする
人情時代小説。シリーズ4作目です。
安定した、安心して読めるシリーズになりましたね。どの話も外れがないし。
シリーズものをこまめに追いかけるということは最近できてないんだけど、
これは文庫が出たらとりあえず読んでしまいます。
これだけいいキャラが揃ってて、映像化に向いてると思うんだけど、ドラマ化とかしないのかなー。
小松原様は誰がいいかなー。ちょっとやさぐれた中年とは言え三十路って設定だから
私より年下でいいのか・・・(しょんぼり)。今なら無精ひげの玉木宏希望。
で、澪ちゃんは変顔もできる綾瀬はるかで、あとは、源斉先生は堺雅人かなー。
NHKがいかにもやりそうなドラマだけど、キャスティング豪華に民放でやって欲しいです。

まあ正直言うと、このシリーズ、小松原様のファンなので読み続けてるわけでした。
小松原様は、ちょっと意地悪だけれど的確なアドバイスをし、冷たそうで優しい、
いぶし銀の魅力を発散していてとてもかっこいい。
それに正体不明の浪人ってところがまた、時代劇ファンの私をくすぐる設定なのだ。
もしかしたら新さんとか金さんとか、すごくえらい人かも知れないじゃないか。そわそわ。

と思っていたら今回、小松原様の正体があっさり明らかになってしまいます。
そうだったのか・・・・。次は澪との身分違いの恋、が焦点になってきますよね。
まあ、武士と町人だから最初から身分違いではあるんだけどね・・・・。
このもどかしい恋模様がもうまたツボなんだな。なのでつい出番を楽しみに読んでしまう。
また小松原様の出番が少ないのがなんとも、いつ出てくるかしらとそわそわしちゃって、効果倍増。
ツボをよく心得てると思います。いやはや。

まあ、そんな楽しみ方もあるよ、ということで今回は小松原様特集でお届けした感想ですが、
冒頭にも書いたけど、4作目だけど飽きがこなくて毎回しんみりと読める人情話は、
とにかく質が高いです。主人公の澪が常に成長していっているのがわかるのがいいし、
成長ぶりもなんか、「私がんばってます!」と張り切りすぎてるようなうっとうしさがなくて、
好感度が高いんだよね。旧き良き日本女性というか。

それに周りの人たちが本当いいよね。戯作者の人とか編集者(?)の人とか、
又次さんもなんかまっすぐで好きだなあ。
それにしてもあさひ太夫はどうなるんだろう。今までの経緯も不幸だし、先も気になる・・・

そして相変わらず料理がおいしそう。お料理については、寒鰆対決の回がとても印象に残ってます。
誰も食べたことのない美味しい料理・・・それを発見できた時の喜びはすばらしいです。
料理でもなんでも、創造することの壮絶さとすばらしさを思いました。
料理についてもネタが尽きないのはほんますごいですね。ここまでシリーズが進むと、
料理ネタがなかったなあ今回、みたいな回もありがちと思うんだけど、それをしないところがすごい。

第5作目もやっぱり楽しみですが、安心して読ませつつもマンネリ化しない、
澪が作るお料理のようなシリーズになることを期待しています。
| comments(1) | trackbacks(1) | 01:47 | category: 作家別・た行(高田郁) |
コメント
初めまして。

『夏天の虹』までを昨日読み終えたばかりなので、今頃コメントさせていただくんですが、私の中でも脳内キャストは小松原さまは玉木宏くん、源斉先生は設定より10歳くらい上になってしまうけど堺雅人さんがピッタリだなあ…と妄想してたので、同じ考えの方がいらして親近感が!

澪ちゃんは、上方言葉さえ上手ければ蒼井優ちゃんや石原さとみちゃんみたいな小柄で表情豊かな可愛らしい女優さんのイメージです。

野江ちゃんは、嫌がる方もいらっしゃるかもしれないけど、私の中では沢尻エリカちゃんしか浮かびませんでした。

もう、既にドラマ化されてしまった後なので、実現することはないんですが、あれだけ美人な北川景子ちゃんを澪ちゃんが演じてしまったから、今後、もし、続編があったとして、牡丹の花に例えられるほどの華やかで高飛車で美しいお嬢様の美緒ちゃん役は誰が演じればいいんだろう?と思い、せめて、澪ちゃん役の北川景子ちゃんと野江ちゃん役の貫地谷しほりちゃんが逆なら良かったのに…と思ってみたり。(>_<)

長文失礼致しました。m(_ _)m
| 直美 | 2012/10/31 7:00 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.zare.boo.jp/trackback/950807
トラックバック
今朝の春 みをつくし料理帖
 アマゾンでも、レビューの数こそ少ないが、全員最高の5つ星(本日現在)。ますます快調なシリーズ第4弾。 ・内容(裏表紙より) 月に三度の『三方よしの日』、つる家では澪と助っ人の又次が作る料理が評判を呼び、繁盛していた。そんなある日、伊勢屋の美緒に大奥
| 読書狂日記 | 2010/10/31 10:59 PM |
NOW READING
ざれこの今読んでる本
Categories
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Profile
Search this site
Sponsored Links