本を読む女。改訂版

関西弁でだらだらと本の感想書いてます。
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「リアル・シンデレラ」姫野カオルコ | main | 「盗まれた街」ジャック・フィニイ/福島正実訳 >>
# 「へんないきもの」早川いくを 絵・寺西晃
へんないきもの (新潮文庫)
へんないきもの (新潮文庫)
  • 発売元: 新潮社
  • 価格: ¥ 540
  • 発売日: 2010/05/28
  • 売上ランキング: 183760
  • おすすめ度 4.0


これを読んでから、ここに出てくるへんないきものたちを、
Youtubeで検索したり、しない方がいいですよ。
特に、「ウミグモ」とか、「ザトウムシ」とか、しないほうがいいです。
「オオグチボヤ」とか、ナマコ系も、やめたほうがいいと思うな・・・

とか書いちゃうと検索したくなる人もいるかもしれませんが、
私は止めましたよ。知りませんよ、鳥肌たっても。

うぎゃー。「コモリガエル」も検索しちゃった!!
すごいけどさー。生命の神秘だけどさー、実際見るとすごいな・・・。

・・・まあ、実物見たくなって当然だと思うので、お気をつけてみてくださいね。
まあ、そんなふうに、「へんないきもの」がとにかく集まった、イラスト満載の脱力本。
出てくるいきものがとにかく変です。
オスがメスの20万分の1でメスの体内で生きてるとか、
いろんな動物の真似をしちゃうタコとか、釣りをする鳥とか・・・
エビとハゼが協定結んでたりとか、不思議な生態がいっぱい紹介されていて、
大河ドラマ前の「ダーヴィンがきた!」とかをけっこう楽しみに見ている私からすると、
とても楽しい本なのです。なんでこんなへんないきものが!

足だけのクモとか(ウミグモです)、ザトウムシとか、私は足が長い系の
どうぶつは駄目なんですけどね。見た目だけで寒気がしちゃう。
イラストがかわいらしいけど精緻なもんだから鳥肌が・・・。
でも全体的に興味深く読み終えました。

いきものって、変なかっこうしてたり変な性質持ってたりするけど、
みんなそれって生きるためなんだよね。特に今回、深海で生きてる魚とかが
多く紹介されてたけど、それだけ過酷な環境だから、生き抜くために、
たとえばアンテナをはって変な形になったり、目だけがやたら発達したりする。
それが「変」な特徴になってたりするけど、生き抜くために必死で、
人から見たら滑稽な見た目になってたりするだけで、生きてる側は大まじめ。
そんなことを思うと、なんだか元気になりました。
私もつまんないことで悩んでいられないな。ぼうっとしていても食べられるし、
仲間にも会えるし、敵にもやられないんだから、悩んでも仕方がない。
なんかそんな風に達観しちゃうような、癒し系の本でした。私にとって。

イラストは精緻さとかわいらしさが絶妙の配分で好きだったんだけど、
文章はちょっと軽かったかなあ。爆笑しながら読んだ章もあったんだけど、
(プラナリアのところとか・・・。プラナリア、すごいよね)、
なんか、ちょっと滑ってるんじゃ、って時もあったし、世相に絡めようとして
失敗してるというか、なんか・・・。いきものそのものが面白いので、
解説に徹してもよかった気もするけど、軽妙な文章で読みやすくて
興味を覚えやすいのも事実。「図鑑」ではなく「読み物」にすることに
成功している本だと思います。

ちょっと長い文章は読みごたえがありました。「タマちゃん」の章とか、
「ツチノコ」の章とか。タマちゃん、あれだけ話題になったのに、
今は行方不明になってるらしいし、人間って勝手だなあ。って思うし、
ツチノコは、見つからないからこそロマンがあるんだよね。わかる。
ちょっと長い文章を読むと、著者の動物に対する愛情が見えてくるようで、
好感をもって読み終わることができました。

ちょっと落ち込んだ時に、元気もらえる本だと思います。
文庫にもなったし、手軽でお勧めです。
| comments(2) | trackbacks(1) | 00:25 | category: 作家別・は行(その他の作家) |
コメント
ものすごく検索したくなったのですが、やっぱり怖いのでやめておきました。かわりにハダカデバネズミの動画をさがしてみました。
うーん、歯がじゃまじゃないのかな?と思うんですが…

かわいいプレーリードッグが他の巣の子供を食い殺してしまったり
「かわいいいきもの」の紹介でもかなりブラックな内容でしたね。

作者は違いますが、へんな古代生物も面白いです( ̄▽ ̄)
| 日月 | 2010/09/24 12:21 AM |

淫インモラル:http://www.spy001.com/pro_651.html
インモラル:http://www.spy001.com/pro_651.html
インモラル:http://www.spy001.com/pro_651.html
淫イン・モラル:http://www.spy001.com/pro_651.html
イン・モラル:http://www.spy001.com/pro_651.html
淫モラル:http://www.spy001.com/pro_651.html
インモラル:http://www.spy001.com/pro_651.html
RU486:http://www.spy001.com/pro_107.html
VigRx:http://www.spy001.com/pro_368.html
狼1号:http://www.spy001.com/pro_315.html
狼一号:http://www.spy001.com/pro_315.html
三体牛鞭:http://www.spy001.com/pro_316.html
三體牛鞭:http://www.spy001.com/pro_316.html
絶對高潮:http://www.spy001.com/pro_259.html
RU486:http://www.spy001.com/pro_107.html
VigRx:http://www.spy001.com/pro_368.html
三便宝:http://www.spy001.com/pro_144.html
威哥王:http://www.spy001.com/pro_90.html
威哥王:http://www.spy001.com/pro_90.html
巨人倍増:http://www.spy001.com/pro_378.html
紅蜘蛛:http://www.spy001.com/pro_295.html
威哥王:http://www.spy001.com/pro_90.html
巨人倍増:http://www.spy001.com/pro_378.html
MaxMan:http://www.spy001.com/pro_91.html
媚薬:http://www.spy001.com
媚薬 通販:http://www.spy001.com
花痴:http://www.spy001.com/pro_296.html
D10媚薬:http://www.spy001.com/pro_266.html
D10:http://www.spy001.com/pro_266.html
D10催情剤:http://www.spy001.com/pro_266.html
絶對高潮:http://www.spy001.com/pro_259.html
妖姫:http://www.spy001.com/pro_650.html
媚薬 妖姫:http://www.spy001.com/pro_650.html
レディーチャイナ:http://www.spy001.com/pro_301.html
RU486中絶薬:http://www.spy001.com/cat_177.html
中絶薬:http://www.spy001.com/cat_177.html
三便宝:http://www.spy001.com/pro_144.html
五便宝:http://www.spy001.com/pro_151.html
男宝:http://www.spy001.com/pro_356.html
夜夜堅:http://www.spy001.com/pro_89.html
奇果:http://www.spy001.com/pro_86.html
MaxMan:http://www.spy001.com/pro_91.html
藏秘男宝:http://www.spy001.com/pro_155.html
蔵秘男宝:http://www.spy001.com/pro_155.html
力多精:http://www.spy001.com/pro_166.html
超級脂肪燃焼弾:http://www.spy001.com/pro_146.html
日本秀身堂:http://www.spy001.com/pro_139.html
リドスプレー:http://www.spy001.com/pro_355.html
情愛芳香劑:http://www.spy001.com/pro_740.html
片仔廣:http:
| 淫インモラル | 2013/12/20 4:54 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.zare.boo.jp/trackback/948930
トラックバック
「へんないきもの」 早川いくを
「へんな古代生物」を読んでから気になっていた、元祖キモカワ生物本「へんないきもの」。 噂には聞いていましたが、へんな形のいきものばかりですね。 そして文章がまたブラックでおもしろい。 ハダカで出っ歯で外観そのままのハダカデバネズミは、哺乳類なのに女
| 日々の書付 | 2010/09/24 12:15 AM |
NOW READING
ざれこの今読んでる本
Categories
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Profile
Search this site
Sponsored Links