本を読む女。改訂版

関西弁でだらだらと本の感想書いてます。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「仏陀の鏡への道」ドン・ウインズロウ/東江一紀訳 | main | 「想い雲−みをつくし料理帖」高田郁 >>
# 「本格小説」水村美苗
本格小説〈上〉 (新潮文庫)本格小説〈下〉 (新潮文庫)

「本格小説」という大仰なタイトルの付いたこの小説は、
長い長い長い長い序章からはじまる。長い、って何回つけてもいいくらい、長い。
長い序章は、著者水村氏がニューヨーク滞在時に出会った、
日本からきた運転手「東太郎」の噂を聴くことから始まる。
運転手から会社社長になりあがり成功した東太郎。しかし彼の本当のドラマは、
日本の軽井沢にあったのだ。ニューヨークにやってきた佑介という青年から
水村氏は東太郎の、長い物語を聞かされることになる・・・。

序章を含めて長かった。すごく長かったけど、一気に読んだ。
昭和の時代の軽井沢に想いを馳せて、そして東太郎とよう子の恋に想いを馳せて、
一気に読んだ。「本格小説」の名にふさわしい小説だ。
物語そのものにも非常に魅かれたのだが、物語の構成にまず魅かれた。
水村氏が佑介に聞き、また佑介は、軽井沢でたまたま迷い込んだ家で、
昔女中をしていた冨美子に出会い、彼女から、東太郎とよう子の物語を聴くことになる。
語り手が何層にもなっている構造、そして最終的な聴き手に、現実に存在する
著者がいることで、この物語が現実なのか虚構なのか、その線引きがあいまいになっている。
私もどちらかわからなくなって、ネットで検索したくらいだ。
その、一歩進めば現実からこの「素晴らしい」虚構へ、ふと入り込めるようなこの感覚、
土台がはっきりしない、めまいのような感覚が、この重厚な物語を、
より奥行きがあるものにしていると思う。
すぐそばに、こんな物語があったかもしれない。そんな驚き。
単に語られるだけでは、こんな余韻は生まれなかった。

軽井沢が舞台。貧しい家で、継子としていじめられた東太郎。
彼の唯一の救いは、隣の家のお嬢様、よう子との日々。
そんな二人の絆が、女中の冨美子、そして周りにいる華やかな大人たち、
三枝家の春絵、夏絵、冬絵の三姉妹たちの目線で描かれていく。
よう子は華やかで我儘、しかしよう子しかよりどころがない太郎の想いは痛々しく、
でもこんな恋ができたなら素晴らしいだろうな、と、大変だなという思いと
うらやましいという焦がれるような思いが交錯しつつ読み進める。
違う男と結婚して、それでも太郎との間は切れず、夫も巻き込んでの関係・・・
目が離せない。

でも私はなんとなく、これが別の「語り手」から語られるのが、不満だった。
不完全燃焼だった。本人たちの燃える思いが、どうして活字で読めないのか、
あのときあの部屋で何があったのか、どうして人づてでしか聞けないのか。
想像するしかない、そのもどかしさが、それがこの小説の醍醐味なのかな、
全部が明らかにならないのが・・・と思っていたら、どうも違った気がする。

全部読み終わって私は知ったのだ、本当の主役が誰なのかを。
よう子と太郎の激しい恋を描きながらも、この小説ではもう一つの「恋愛小説」をも
浮き彫りにしてしまったのだった。そしてその静かな激しさも、
本編に負けてはいなかった。いや、どっちが本編だったのか・・・。
読んだ今となっては私にはわからない。

最後の最後まで、著者がこの緻密な構成で作り上げた迷路に迷い込まされ、
いくつもの物語を現前に見せられ、私はすっかりまいってしまった。
「嵐が丘」と似ているというけれど、私は「嵐が丘」をずっと前に読んで
すっかり忘れてしまったけれど、この小説のことは忘れられないと思う。

三枝三姉妹がとても好きで、昭和の古き良き時代の軽井沢の、華やかな時代が
体現できて、素晴らしかった。私が全く知らない世界にも関わらず、
その世界は居心地がよかった。激しい恋愛が渦巻く場所であっても。
そんなディテールが話を長大にしていたけれど、無駄な長さなどない小説。
どっぷりとタイムスリップして、めくるめく物語を堪能できた。
これぞ「小説」だなあ。おなかいっぱいだ。
| comments(0) | trackbacks(0) | 14:21 | category: 作家別・ま行(その他の作家) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.zare.boo.jp/trackback/938500
トラックバック
NOW READING
ざれこの今読んでる本
Selected Entry
Categories
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Profile
Search this site
Sponsored Links