本を読む女。改訂版

関西弁でだらだらと本の感想書いてます。
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「双生児」クリストファー・プリースト/古沢嘉通訳 | main | 「天璋院篤姫」宮尾登美子 >>
# 「幕末バトル・ロワイヤル」「井伊直弼の首」「天誅と新選組」野口武彦
幕末バトル・ロワイヤル (新潮新書)井伊直弼の首―幕末バトル・ロワイヤル (新潮新書)天誅と新選組―幕末バトル・ロワイヤル (新潮新書)

今年の大河ドラマ、面白いですよね。「龍馬伝」。
岩崎弥太郎が目立ちすぎて、「弥太郎伝」じゃないか、と突っ込みたくはなるのだけど
新しい手法で描かれてて見ごたえがあります。役者も脇が達者だし。

ってなわけで、幕末についてこの機会にトータルに思いだしておきたくて、
この新書を手にとってみました。3冊読んでも、まだまだ幕末はこれから、と
いう感じで、続きが大変楽しみですが、楽しく読みました。


今までは幕末も小説ばかり、ドラマも見てますけど、どれも史実に基づいた
ドラマなわけですから、一方の主張の味方をしつつ読んだり見たりしていました。
「篤姫」を見ていたころは幕府寄り(だけども薩摩も描かれてましたが)、
「新撰組!」を見ていたころはもちろん幕府寄り。でも今年の龍馬伝は、
やっぱり改革寄りで見ることになりそうです。龍馬なので、視野は広いんですが。
まあそうやって「どっちか」目線で読んでいるのと、今回のように新書で
学術的にあらゆる視点で読んでいくのとでは、だいぶ印象が変わってきました。
全体的に俯瞰できるというか、それがなかなか楽しい体験です。

天保の改革、って幕末なの?って思うけっこう前の方からはじまってます。
天保の改革あたりで権力をめがけて跋扈した鳥居耀蔵など、強烈なキャラもいて、
おぬしも悪よのう、みたいなにやにや笑いでも読めますし、
当時の改革の経済的効果とかが読めて勉強になります。

ほか、どんどん巻は進んで時代も進んでいくけど、外国と貿易が始まったがために
貨幣が流出し価格が高騰し武士が貧しくなって追いつめられた、とか、
あまり小説では描かれない、安政の地震が社会に与えた多大な影響とか、
いろんな要因が幕末を動かしていったのがよくわかりました。
尊王攘夷、とか、開国論、とか、思想だけが世を動かしているような、
そんな印象がありましたが、もちろん歴史のうねりというのは、
もっと複雑で実際的なもので動いているのだなあと実感できます。

その分、視点があちこちに向いて、集中が途切れることもありましたけど、
いろんなエピソードをわかりやすく紹介してくれていて、
けっこう下世話な話もあり、新書の一般的なイメージとは違って、楽しい読書でした。

そのあとに「篤姫」を読んでみたのだけど、そんな時代の中にいる篤姫たちの
激動が、わかりやすく伝わってきました。
幕末ものを読む前の下地としてとってもいい本だと思います。
| comments(0) | trackbacks(0) | 23:31 | category: 作家別・な行(その他の作家) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.zare.boo.jp/trackback/930834
トラックバック
NOW READING
ざれこの今読んでる本
Categories
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Profile
Search this site
Sponsored Links