本を読む女。改訂版

関西弁でだらだらと本の感想書いてます。
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「パラドックス13」東野圭吾 | main | 「君と一緒に生きよう」森絵都 >>
# 「街の灯」北村薫
街の灯 (文春文庫)
街の灯 (文春文庫)
  • 発売元: 文藝春秋
  • 価格: ¥ 500
  • 発売日: 2006/05
  • 売上ランキング: 274
  • おすすめ度 4.0


第141回直木賞受賞おめでとうございます!!
北村さんほどの方がなんで今までとれなかったのか全然意味わかりませんけど、
ファンとしても本当に嬉しいです。

なのにうっかり受賞作「鷺と雪」のシリーズを読んでいなかったので、
家に積んであったこの「街の灯」から手にとってみました。
受賞作のシリーズ第一作です。読むならこちらからですよ。
昭和初期、きな臭くなる時代に生きる、お嬢様の花村英子と、
そのお抱えの女性運転手、ベッキーさんが、英子さんが出会う事件を解決していく、
連作推理短編集です。
花村英子は花村家のお嬢様、お大名家ではないけれどそこそこの家柄。
お嬢様だけど新聞も読むし、世間のことにも興味津々、好奇心旺盛でしっかりしている。
それに推理小説などを趣味で書いている叔父様もいる。
そんな彼女がちょっとした謎かけから読み始めた本、「虚栄の市」に
ベッキーさんという強い女性が出てきて、心ひかれていたら、
英子様付けの運転手としてやってきたのは、20歳そこそこの美しい女性、
別宮みつ子。思わず「ベッキーさん」と彼女を呼び、二人の二人三脚が始まる。

時代の描写がとても巧みで、文章も柔らかくて気品があって、タイムスリップ
したかのような雰囲気がステキでした。
女性運転手がいかに珍しくて皆が好奇の目で見るか、女性がどんな立場でいるのか、
そんな、その時代に彼女達が置かれた状況にも想像が及ぶように、
丁寧に書かれていると思います。まあ、いまだに、女性のタクシー運転手とか、
まだ珍しいですよね。私は会った事がないような気がする。余談だけど。

お嬢様たちだから、時代がきな臭くなっても、乗馬をしたり、上映会をしたり、
とてものんびり過ごしているような印象で、きな臭さはあまり感じないのだけど、
それもある意味、まるでその時代にいるようでもあります。
いきなり貧しい人々の家を見に行ってしまう英子様は、鼻持ちならないというより、
本当に何も知らないのだ、そう思うと許せてしまいます。
貧しい場所では暮らせないと言う英子様に、
「そこに幸せがないと言ってしまうのも傲慢です」と諭すことのできる、
ベッキーさんはステキだと思いました。

北村さんお得意の、少女が少女らしくある作品で、少女の傲慢さとか
鼻持ちならなさもちゃんと描かれつつ、えぐくなってないのがいいなと思います。
「街の灯」のラストはけっこうほろ苦くて、えげつない雰囲気で、
女が書いてたらえげつなくなって全く共感できない雰囲気になる気がするけど、
北村さんが書いてしまうと、こんな時代に自分の意のままに生きられらない女達が、
それでもしたたかに生きようとする姿にも思えてきます。

ミステリとしては、いろんな本が引用されていたりとかは北村さんらしいし、
その時代でしかありえない謎が仕込まれていたりして、
なかなか読み応えもありましたが、何より、英子様とベッキーさんの
二人の関係が独特で、興味深かったです。
円紫師匠のを読んだりしていたので、今回も似たような感じで、ベッキーさんが探偵、
英子様が世間知らずのワトソンなのかな、と思っていたら、そうでもない。
でも英子様だけで解決しているわけでもない。ベッキーさんがさりげなく
ヒントをくれて、英子様が動く。それによってあくまで影に徹しているベッキーさんの
存在が際立つ。どちらが主役でもないけどどちらも主役。
そんな描き方が、すごく新鮮だと思いました。面白いな。

まあ、でも、英子様は事件の謎は解けても、まだまだ知らないことがたくさんある。
そんな英子様をベッキーさんがどのように導いていくのか、
二人がこんな時代にどう生きていくのか。
そして明らかに只者ではないベッキーさんは何者なのか?
二人の女性の生き様をもっと読みたい、そんな意味で続きが楽しみな作品集でした。
お祝いの気持ちも込めて、三部作最後まで、なるべく早く読みたいと思います。
| comments(1) | trackbacks(0) | 00:37 | category: 作家別・か行(北村薫) |
コメント
実は今途中まで読んでいるのですが、「孤宿の人」に浮気をしてしまい進んでいません。
なのでとても興味深く書評読ませていただきました。
全体から、部分からポイントを読みやすく、分かりやすく書評を書かれているのは凄いです。
途中まで読んでいるのに、また凄く読みたくなってきました!!笑

因みに、近くの本屋さんに一冊だけ入った受賞作「鷺と雪」買ってしまいました!!
| 小音 | 2009/07/22 6:53 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.zare.boo.jp/trackback/877240
トラックバック
NOW READING
ざれこの今読んでる本
Selected Entry
Categories
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Profile
Search this site
Sponsored Links