本を読む女。改訂版

関西弁でだらだらと本の感想書いてます。
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2009年06月に読んだ本 | main | 「アレグリアとは仕事はできない」津村記久子 >>
# 「比類なきジーヴス」P.G.ウッドハウス/森村たまき訳
比類なきジーヴス (ウッドハウス・コレクション)
比類なきジーヴス (ウッドハウス・コレクション)
  • 発売元: 国書刊行会
  • 価格: ¥ 2,100
  • 発売日: 2005/02
  • 売上ランキング: 34693
  • おすすめ度 4.5


いろんな本を読んでいたら、執事と言えばジーヴス、とよく出てくるような気がする。
(こないだ読んだ「儚い羊たちの祝宴」にも出ていた)
イギリスの執事についてはほとんど知識がなかったし、そもそも「執事」的な人々
(日本だと社長秘書とか家政婦とかマネージャーとか?)に出会う機会など皆無な、
庶民の私にとって、執事ってどんな?って感じだったんだけど、
カズオ・イシグロの「日の名残り」で読んで、なんとなくイメージはついてました。

で、今回、執事小説(?)の元祖ともいうべきジーヴスを読む。面白かった!
「日の名残り」も、執事の誇りみたいなものが感じられてじんわりとよかったけど、
こっちの執事は、イギリスらしい、にやっとできるユーモアがてんこもりで楽しめました。
若いご主人様バーディに仕えるジーヴスは頭脳明晰で何でも頼りになる。
バーディはまだ独身で、怖いおばさまのお見合い攻撃にも耐えながら、
自由気ままに過ごしてる。競馬をやったり賭け事をしたりダンスをしたり・・・。
で、バーディーの友達のビンゴがものすごく惚れっぽくて、出会った娘という娘に惚れてしまう。
そのたびにバーディー経由でジーヴスに何とかしてくれよと頼み、そしてジーヴスが暗躍する。

短編が積み重なって長編になっているような趣で、今回は「ビンゴ編」?ってところか。
一つの話は2章程度で終わるんだけど、その終わり方が毎回スパイスがきいてて、
「ジーヴスったらいつのまにそんな!」と驚かされたり、にんまりしたり。
短編小説集として大いに楽しみました。
ジーヴスは主人に忠節を誓う模範的な執事でありながらも、性悪で腹黒、とても頭がよくって
万事にんまりする方法で解決してしまう。それがなんとも快感でした。

でも、バーディが、ジーヴスの好みではない派手な服を着てしまったりすると、
とたんにご主人にもいじわるになるのがおとなげないのです。
いいやん、たまには紫の靴下履いても許してやればいいのに、またささやかな意地悪を
やってしまうあたり、ある意味かわいらしいというか。でもそれに懲りずに
派手な格好をしてしまうバーディも懲りない奴で、彼らの攻防戦も楽しい。

村の運動会で賭け事をして大まじめに予想したり、とあほなことばっかりやらかす
子どもみたいなバーディ(とビンゴ)の日常を読んでいるととっても和みました。
愉快な退屈という感じで、あくせく働く私からみたら夢のような生活。
なんか、あほな息子を見守る母みたいな気持ちで読んでしまって、妙に癒されたな。

そして彼らを優しく?見守って、日に陰に助けるジーヴス。そして自分もちゃっかり得をする。
名コンビですね。ずっと読み継がれてるだけあります。ほんま楽しかった。

実をいうと、村上春樹「1Q84」を読破してからぼんやりしてしまって、
あまり他の本を読む気分じゃなくなった時期が一瞬あったのです。
すごい、って作品に出会うとそうなっちゃうんだけど、その気分を変えようと
ジーヴスを読んでみたら、これがすんなりはまって。軽妙で読みやすくて、
でも読書の楽しみを充分満喫できる。読み終わったらいつもの読書モードに戻ってました。
これからも重い読書の合間の気分転換に、ジーヴスを楽しもうと思います。
図書館ではいつも誰も借りてないからいつでも借りられるし、ありがたいわ。
面白いから読めばいいのにと思うけど、借りられてたら借りられてたでいらつくから、
気づかないならそれでいいやーと思う。
| comments(0) | trackbacks(0) | 10:20 | category: 海外・作家別ア行(その他の作家) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.zare.boo.jp/trackback/870407
トラックバック
NOW READING
ざれこの今読んでる本
Categories
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Profile
Search this site
Sponsored Links