本を読む女。改訂版

関西弁でだらだらと本の感想書いてます。
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「赤めだか」立川談春 | main | 「モダンタイムス」伊坂幸太郎 >>
# 「ファミリーポートレイト」桜庭一樹
ファミリーポートレイト
ファミリーポートレイト
  • 発売元: 講談社
  • 価格: ¥ 1,785
  • 発売日: 2008/11/21
  • 売上ランキング: 16969
  • おすすめ度 3.5


コマコはマコの娘。マコはコマコのボス。コマコは忠犬のようにマコに従属。
マコはコマコをつれて旅をする。何かから逃げるように。
電車に飛び乗って、適当に降りて、そこに住み込んで、マコの真紅が男を魅惑して、
でも噂がたったりして街にいられなくなって、またマコとコマコは旅に出る。

夢かうつつかもわからないくらい不思議な街を、転々とする親と娘。
その旅が終わり、そしてコマコが大人になる過程を描く物語。
「私の男」で私はかなりがつんとやられて、少女小説を書く人、っていう桜庭さんの
イメージが一新されたんだけど、今回はそれ以上の衝撃だった。
私が母子家庭だからかなあ、ってのもあるんだけど。

もちろん私の母はマコみたいではない。
綺麗でもないし、放浪もしていない、普通の人だけど、
母1人子1人の家族の変な空気の濃さというか、そういうのはわかる気がするので。
私は母に対してはしょっちゅうキレてるしむかつくことも多々あるけど、
それは大きくなってからの話で、やはり幼年期には母の影響力というのは大きかった。

コマコは学校にも行けないし、本当に母しかいなくて、
母のマコはコマコに対してひどいこともするし、冷静に見ると酷い親なんだけれど、
それでもコマコにとっては大切なママで、コマコは何の疑いもなく母を愛している。
マコとコマコの親子を見ていたら、血のつながりとはなんと残酷なのか、と思う。
子は親を嫌いになれないよね。だからこそ痛ましくてつらい。

まるで家畜のように忠犬のように生きてきたコマコ。人間らしさが失われて、
どんどんと澱のように何かどす黒いものがたまっていく。
それでも、お母さんといた時期が、一番幸せだったコマコ。

ひとまとまりごとに、母と娘が写真を撮るシーンがつづられる。
ラストに現れるファミリーポートレイトに涙がにじんだ。胸をつかまれる気がした。

これを読んでいると痛くてつらくて悲しくて、でもとても心を揺さぶるんだけど、
作家としての桜庭さんが、いかに身を削って作品を書いているのか、についても痛いほどわかる。
澱のようにたまっていくどす黒い何かを搾り出すように、小説を書かないといられない、
作家の思いが伝わってくるのだった。
そうやって生まれていく小説は、読むほうにも覚悟が要った。
つらかったけど受け止めなければいけないような気がした。

この本はしかし、感想書きづらいなあ。
これを読んだ人と、ネタを全部喋りながら、語り合いたい作品だなあと思う。
| comments(2) | trackbacks(1) | 23:27 | category: 作家別・さ行(桜庭一樹) |
コメント
アバクロ Tシャツ:www.afinjapan.com/category-491-b0.html
アバクロ カップル:www.afinjapan.com/category-521-b0.html
アバクロ ショートパンツ:www.afinjapan.com/category-508-b0.html
アバクロ 長袖Tシャツ:www.afinjapan.com/category-494-b0.html
アバクロ スカート:www.afinjapan.com/category-525-b0.html
アバクロ ジャケット:www.afinjapan.com/category-493-b0.html
アバクロ メンズ:www.afinjapan.com/category-486-b0.html
アバクロ ジーンズ:www.afinjapan.com/category-492-b0.html
| アバクロ Tシャツ | 2013/03/21 6:13 PM |

アバクロ ダウンベスト:http://www.afinjapan.com/category-530-b0.html
アバクロ ダウンジャケット:http://www.afinjapan.com/category-529-b0.html
アバクロ Tシャツ:www.afinjapan.com/category-491-b0.html
アバクロ シャツ:www.afinjapan.com/category-489-b0.html
アバクロ ニット:www.afinjapan.com/category-488-b0.html
アバクロ ジャケット:www.afinjapan.com/category-493-b0.html
| アバクロ ダウン | 2013/03/21 6:14 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.zare.boo.jp/trackback/842817
トラックバック
ファミリーポートレイト<桜庭一樹>−(本:2009年読了)−
ファミリーポートレイトクチコミを見る # 出版社: 講談社 (2008/11/21) # ISBN-10: 4062151324 評価:84点 重く深く激しい一冊。 そもそも厚い本なのだが、内容の濃密さにも圧倒されてなかなか進まない。読んでも読んでも終わりに近づかない感じだった。本
| デコ親父はいつも減量中 | 2009/11/03 12:19 AM |
NOW READING
ざれこの今読んでる本
Categories
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Profile
Search this site
Sponsored Links