本を読む女。改訂版

関西弁でだらだらと本の感想書いてます。
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
<< 「星に降る雪/修道院」池澤夏樹 | main | 「きのうの世界」恩田陸 >>
# 「戸村飯店青春100連発」瀬尾まいこ
戸村飯店青春100連発
戸村飯店青春100連発
  • 発売元: 理論社
  • 価格: ¥ 1,575
  • 発売日: 2008/03/20
  • 売上ランキング: 82016
  • おすすめ度 5.0


瀬尾さんの本は久しぶりでした。一時期集中して読んだんだけど、
なんとなくもういいかな、って気分になって、それから読まなくなってました。
でもまたちょっと間をあけてこの本を手に取ったら、またほっこりできて、
やっぱり好きだなあ。と。
好きな作家でも時間をおいて読んだ方がいいなあと思いました。

というか、この作品が他のと少し違う感じなのかもしれないな。
持ち味の温かさはそのままなんだけど、瀬尾さんの少し違う面を見た気がします。

戸村飯店は中華料理屋。年子の兄弟、兄のヘイスケと弟のコウスケがいる。
兄は格好よくてモテて、文章を書くのが得意で人の作文の宿題を請け負って金を稼ぐ冷めた男、
弟は野球をしていて直情型で中華料理屋の手伝いもし、三枚目だが面白い奴。
お互い全く違うタイプの二人が高校卒業前後に人生の岐路に立ち、それぞれ成長していく物語。

双方が主人公になり交互に描かれる物語は、お互いへの誤解でいっぱい。
弟は、家の仕事を手伝わないで要領よく生きてモテてる兄にコンプレックスと
嫌悪感を持っている。どうやら弟の女友達も兄のことが好きなようだし・・・・?
兄は、阪神と吉本にどっぷり浸かっている大阪のおっちゃんたちが集う店になじめず、
そこでギャグをとばしてかわいがられている弟にコンプレックスを持っている。
タイプの違う二人が、互いを認め合っているからこそコンプレックスを持ってるんだけど、
それをなかなか認めようとしない、そのもどかしさと、少しおとなになっていくにつれ
わかりあっていく様子がとってもすがすがしくって、いいなあと思った。
私は一人っ子だけど、兄弟がいたら違っただろうな、私の性格も変わっただろうし、と
思うと、こういう関係ってとってもうらやましい。

私はどちらかというと兄ヘイスケ派かな?
斜にかまえてあまりがんばりたくないと思っているタイプ。でも実はがんばっちゃうタイプ。
で、弟は何を言っても笑ってもらえるのに、兄ヘイスケは笑ってもらえないんだよね。
一生懸命、桑原和男の真似をしてもやっぱり笑ってもらえない。
(しかしこのシーン、読者は笑えるんだけどねー)
兄の悩みは全国区の悩みではないけど、これ、大阪では案外根が深い。
私も常に面白いことを言わないといけないという緊張感を持って生活しているし
(だって周りがどんどんボケるので、おもろいツッコミをしないといけないし)、
すぐに笑いが取れる人っていいなあって、変なコンプレックスも持ってる。
もちろん大阪人全員がギャグを言いつづけてるわけではないし(まじめな話もするのよ)、
大阪=ギャグ、吉本、阪神ファン、ってわけではないんだけどもね。
しかし戸村飯店はお客さんもみんな吉本と阪神ファンで、そりゃヘイスケいづらいわな、と
気持ちもわかってしまった。

東京に出ていくヘイスケと戸村飯店に残るコウスケ。
1年間でそれぞれの恋やら学生生活やらを経て、兄弟がお互いをわかりあっていく。
そしてそれぞれ、将来に向かって進んでいく。
こてこてなようで爽やかで、すぐに読めるけどじんわりとしたものが残る、
素敵な物語。いいなあ青春って。

コウスケの友達の北島君とか岡野さん、ヘイスケのバイト先の店長や友達、
彼らの周りにも個性的な人がいっぱいで、みんな印象に残る素敵な人たちで、それもよかった。
特に優等生の北島君がお気に入りでした。かっこよかったなあ。
兄弟の互いの恋模様もちょっと甘酸っぱくってかわいらしかったなあ。いいなあ青春。
| comments(3) | trackbacks(3) | 00:50 | category: 作家別・さ行(瀬尾まいこ) |
コメント
TBさせていただきました。
あたたかさと、妙な残酷さが同居する瀬尾さんの作品は、
何だか後を引きます。
>こてこてなようで爽やかで、すぐに読めるけどじんわりとしたものが残る、
素敵な物語。いいなあ青春って。
同感です。
| 時折 | 2009/04/15 5:44 AM |

私は同じ作家さんで続けて読むほうに一票。
| おりがみ | 2009/04/17 2:44 PM |

ざれこさん、はじめまして。
いつも楽しく拝見させていただいております。
私も瀬尾さんの書く本が好きで特に「幸福な食卓」が大好きで・・。
私もざれこさん同様、最近彼女の本を読んでいなくて、こちらの感想を読んでいたらまた読みたくなってきました。
読後感のいい作品はやはりいいですね。。
次回の本の選択肢に入れさせて頂きますm(__)m
| caho | 2009/04/19 8:32 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.zare.boo.jp/trackback/837421
トラックバック
瀬尾まいこ『戸村飯店青春100連発』
戸村飯店青春100連発 これまで読んだ瀬尾さんの作品の中ではナンバーワン。 内容(「MARC」データベースより) 大阪、住ノ江にある中華料理店、戸村飯店の2人の息子は、見た目も性格もまるで正反対。アホで不器用だけどまっすぐな兄弟を追いかける、さわやか爆笑コメ
| 時折書房 | 2009/04/15 5:43 AM |
戸村飯店青春100連発 − 瀬尾まいこ
瀬尾まいこサンの「戸村飯店青春100連発」。 自分の道を模索しながら家族と自分との距離を測るキラキラ青春小説。 明るくてガチャガチャした雰囲気なので、静かで淡々としたイメージの瀬尾さんの作品の中では異色なんですが、1,2を争うくらいお気に入り。雰囲気が違
| iNee Books | 2010/01/03 9:28 AM |
「戸村飯店青春100連発」瀬尾まいこ
「戸村飯店青春100連発」は兄弟の視点を章ごとに書いた作品。 なかなか面白かった。    【送料無料】戸村飯店青春100連発価格:1,575円(税込、送料別) この作品は、「Re-born はじまりの一歩」収録の「ゴーストライター」が元になっている。 村上春樹のベストセ
| りゅうちゃん別館 | 2011/11/16 5:41 PM |
NOW READING
ざれこの今読んでる本
Categories
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Profile
Search this site
Sponsored Links