本を読む女。改訂版

関西弁でだらだらと本の感想書いてます。
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「夜に猫が身をひそめるところ−ミルリトン探偵局シリーズ1」吉田音 | main | 「麦ふみクーツェ」いしいしんじ >>
# 「世界でいちばん幸せな屋上−ミルリトン探偵局シリーズ2」吉田音
世界でいちばん幸せな屋上 Bolero―ミルリトン探偵局シリーズ〈2〉 (ちくま文庫)
世界でいちばん幸せな屋上 Bolero―ミルリトン探偵局シリーズ〈2〉 (ちくま文庫)
  • 発売元: 筑摩書房
  • 価格: ¥ 924
  • 発売日: 2006/12
  • 売上ランキング: 262924


「夜に猫が身をひそめるところ」に続く、ミルリトン探偵局第2弾です。
主人公は吉田音ちゃん、クラフト・エヴィング商會の吉田篤弘、吉田浩美夫妻の娘、15歳。
高校受験を控え、将来を悩む歳にさしかかっています。
隣の家の学者兼探偵の円田さんちにやってくる黒猫のシンク(考える猫)が、
へんてこなものを持って帰ってきます。変なメモとか、妙なチョコレートの包み紙とか。
これはなんだろう、と果てしもなく推理する円田さんと音ちゃん。
そして、その謎が登場する、新たな物語が紡がれていきます・・・
第一作目で「好き好き!」と思ったこのシリーズだけど、今回もしみじみとよかったです。
ファンタジー色の強かった1作目と比べると、現実味があるストーリーが多くて、
また違った味わいがありました。
お話がどんどんつながっていって、一つの流れになるというか、
そういう展開がとてもステキで。

今回の流れは、まずシナモンの壜をぶちまけて逃げちゃったシンクから、
香辛料を販売しているとある会社の物語に空想は進みます。
伝説のシナモン・キャットが発見する<ものすごいシナモン>の木、
そんな宣伝を展開しようとする若手新入社員の物語。

そして、今度は幻のレコード、「ボレロ」のアーティストを探すラジオのDJの物語。
その幻のレコード「ボレロ」は、彼が若い頃、屋上にあったレコード店で買ったもの。
そこのレコード店主の女性との思い出を思い出しつつ、彼はボレロのアーティスト、
フィル・ブラウンのいる北の岬に向かうのですが・・・。
その「ボレロ」を探すきっかけになったのが、「世田谷区 オン」さんからリクエストだったりして、
現実世界と物語とのつながり具合もステキです。

ホルン奏者もまた出てくるんだけど、今回は滑稽でとりわけおかしかった。
この作品は真面目なだけじゃなくてユーモアのセンスもすごく粋だなと思うんだけど、
ホルン奏者さんのお話では特にそう感じます。

そして、ピザ屋のアンジェリーナの物語。
みんなすぐ辞めてしまうきつい皿洗いバイト、それが同じ5人のメンバーで10ヶ月も続いたのでした。
その彼らが、休憩時間にみんなで仲良くもないけど、タバコを吸いながらだらだらと話している、
それだけのことが描かれるんだけど、その皿洗いの日々が、どれだけ大事な日々だったか、
読者はもう知っています。だから、何気ないそのシーンが、とってもいいのです。

幸せな時間というのは、それが訪れているときには気づかないもので、
あとになってから「あのときがそうだったんだ」とわかるもの。
そんな台詞がどこかにあって、そうだな、そのとおりだな、と思いました。
学生のころとか、いろいろ楽しかったこととか、大切な思い出はいくつもあるけれど、
そのときには、それが大切な思い出になるって気づいてなかったなあ、と思うと、
もったいないような、でもだからこそ大事な日々なような、そんな気がします。
今もちょっと冴えない私だけど、またいつかこんな日々でも、幸せだったなあ、って
思えたらいいな。いつかそう思えるような日々を、毎日過ごせたらいいんだけれど。

そして、前作からの謎だった、「吉田音ちゃん15歳がこの作品を本当に書いているか否か」、
私はまた新しい推理を展開することになります。

「幸せな光景」というものは、あとになってから見えてくるもので、そのとき、その場に居合わせていながらも、それが「幸せな光景」であると、誰も気付かないものなのである。


なんて文章を書いて、読む者にそれを納得させるような物語を紡げる15歳なんて、絶対いない!
彼女達はまだ気づかない幸せな時間を、今過ごしている最中なのだから。

と、改めて思うに至ったのでした。

「屋上」がテーマの写真たちが満載で、あまり美しいとはいえない屋上の風景も、
写真になってみると、「幸せな場所」に見えてきます。それもステキです。
そして、現実世界(?)で円田さんは今回、シンクの持ち物をネタに
小説を、それもスパイ小説を!書こうとしていて、その話も楽しめました。
彼の小説はいつかできるのでしょうか?第三弾も楽しみです。
| comments(2) | trackbacks(5) | 17:27 | category: 作家別・や行(吉田篤弘・音) |
コメント
ざれこさん、はじめまして。
いつも楽しく読ませていただいてます。
クラフトエヴィング商会の本は大好きで、特に今回のミルリトンシリーズは大学生の時に単行本を買って以来、何度読み返したかわからないくらい好きな本です。
吉田音が、もし本当にいるとしたなら、今、23、4才ですね。23才の彼女が作った作品も、読んでみたいと思います。
円田さんをもし気に入ったら、クラフトエヴィング商会の『クラウドコレクター/雲をつかむような話』もおすすめです。ここでも円田さんが大活躍します。文庫版と単行本版が出ているのですが、是非、単行本版をおすすめします。写真のきれいさが全然違います。図書館で探してみてください。
長くなってすみません。
| take | 2008/08/06 9:40 PM |

takeさん
コメントありがとうございます。
「クラウドコレクター」ははじめてしりました。円田さんが活躍とは読み逃せませんね!図書館で探してみます。ありがとうございます。
音ちゃん、もう23歳になるんですね・・・。大人になった彼女が何を思うのか、読んでみたい気持ちはあります。まだミルリトン探偵局はあるんでしょうか?想像すると楽しいです。
| ざれこ | 2008/08/27 12:12 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.zare.boo.jp/trackback/786478
トラックバック
世界でいちばん幸せな屋上 Bolero ミルリトン探偵局シリーズ2
 早く増刷してくれぇ〜!!という叫びが通じたか、ぶらっと寄ったジュンク堂書店で平積み発見、即買い。でも奥付見たら「第1刷」で、単に品切れだったわけだね。  今作も装丁・お話共に凝ったつくり。  “Side A”として、著者の吉田音さんと円田さんによるミルリ
| 読書狂日記 | 2008/08/08 11:54 PM |
「世界でいちばん幸せな屋上」
 そうして分かったのは、「沈黙」というものはやはり、じつに苦いものである、という
| COCO2のバスタイム読書 | 2008/08/16 11:35 AM |
高校受験のこと
楽天から検索された商品中学英単語ターゲット1800DS(高校受験用、中学で習う英単語を収録)…¥ 3,280オススメ度:★★★★平均語彙数が35%以上も上がるなど「めざましい効果があった」との結果!■セット内容●取り扱い説明書 1冊●DSカード 1個※ニンテンドーDS専
| WEBの情報缶! | 2008/08/16 11:05 PM |
お洒落な連作短篇集 世界でいちばん幸せな屋上
世界でいちばん幸せな屋上 Bolero―ミルリトン探偵局シリーズ〈2〉 (ちくま文庫)吉田 音筑摩書房 2006-12売り上げランキング : 207863Amazonで詳しく見る by G-Tools レビュー 吉田音『世界でいちばん幸せな屋上』 装丁が綺麗で、お話もクスっと笑う出来事が散りばめ
| GREENFIELDS | 2008/09/10 9:00 AM |
世界でいちばん幸せな屋上 Bolero―ミルリトン探偵局シリーズ〈2〉
世界でいちばん幸せな屋上 Bolero―ミルリトン探偵局シリーズ〈2〉
| 忍者大好きいななさむ書房 | 2009/07/23 2:51 PM |
NOW READING
ざれこの今読んでる本
Categories
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Profile
Search this site
Sponsored Links