本を読む女。改訂版

関西弁でだらだらと本の感想書いてます。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「苺をつぶしながら」田辺聖子 | main | 「星々の舟」村山由佳 >>
# 「君は永遠にそいつらより若い」津村記久子
君は永遠にそいつらより若い
君は永遠にそいつらより若い
  • 発売元: 筑摩書房
  • 価格: ¥ 1,470
  • 発売日: 2005/11
  • 売上ランキング: 175449
  • おすすめ度 5.0


「カソウスキの行方」に大爆笑し、女独身の自虐的な笑いとそれをいやみなく
書ききるセンスのよさにすっかり参った私は、そそくさとデビュー作も手に取る。
女童貞の話だっていうじゃないの、今回も笑わせてもらうわよ、と思いつつ
読んでいたのだが、最終的には、これよりあとに「カソウスキの行方」を
読んでいたら、大変物足りなかっただろうなという感想に至る。

ただ笑える作品じゃない、すごい本だった。なにこれ。デビュー作?
そりゃ、雑なところもあったけど、そんなのどうでもいい、
圧倒的なパワーを感じたし、すごく考えてしまった作品。
当初の期待はいい意味で見事に裏切られた。この作家、ますます気になります。
ホリガイさんは22歳、市役所への就職が決まっていて、卒業を待つばかり。
ラインのバイトを淡々と続けながら、変な友達に囲まれて、残りの大学生活を
送っている。ホリガイさんは女童貞。処女とか呼んでほしくない、女童貞とか、
ポチョムキンとか、いっそ陽気に呼んで欲しい、そんな風に思っている。

女童貞の自虐に満ちた面白おかしい青春小説だと思って読んでいたのね。
最初の導入がやけに深刻だったけれど、笑えるシーンもたくさんあったし、
それでもそう思っていた。
でもそういう物語じゃない、とわかったのは最後の3分の1くらいか。
戦慄した。

絶対的な悪の力によって、痛めつけられた弱い人たち。
それを救おうともがく、やはり弱い人たち。
これはそんな人たちの物語で、ただの女童貞だったホリガイさんの印象が、
私の中でがらりと変わり、周りの印象もがらりと変わり、本当に戦慄した。
ホリガイさんの想像力、誰にも言えない弱さを抱えている人たちの辛さを
本当にわかってしまえる想像力、そしてそれに負けない強さ。
弱くて細いけれどぴんとしなるようなその強さに、私は驚かされたし、すごいと思った。
痛くて寂しくて、でもそれでも、過去に痛めつけられても、普通に生きようとする
人々のささやかな息遣いが、すごくこちらにも一抹の希望をくれるような、
そんな物語だった、のだ。

女童貞ネタからそんなのわかるかよ。びっくりするわほんま。

それでも、自虐的大爆笑ネタは随所にちりばめられていて、笑わせてくれて、
すごく深刻なテーマなのに、なんとなくさらっと読めてしまうような、
あとでずしんとくるような、なんとなく忘れがたいような、そんな物語で、
そのバランスも絶妙だと思った。

河北という男友達も、河北の彼女のアスミちゃんとの奇妙な関係を話すし、
ヤスオカの一見贅沢な?悩みも聞いてやる。ホリガイさんがそういう想像力をもって
弱い人の悩みを本当に受けいけられるからこそ、つい話してしまうのだろう。
いらんことを言ってしまったり反省したりしつつ、ホリガイさんは誰をも受け入れる。
ホリガイさん、私に似てるよな、と思いながら読んでたけど、私の上をいってます、まちがいなく。

ホミネくんとか、イノギさんとか。繊細すぎる人たちとともにすごして、
ホリガイさんは生きていく。切なくて、温かい物語だった。

タイトルの意味がわかったときまた戦慄しました。
「君は永遠にそいつらより若い」。そうだ、だから戦える。

私ももっと想像力を持って、いろんな人の弱さを受け入れて一緒に戦える、
そんな人になりたい。そう思った本です。
| comments(0) | trackbacks(2) | 13:09 | category: 作家別・た行(津村記久子) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.zare.boo.jp/trackback/779228
トラックバック
永遠にのこと
楽天から検索された商品[永遠に美しく。]【バレッタL】クリスタルリーフ[ヘアアクセサリー・ヘッドアクセ]…¥ 3,297オススメ度:★★★★【バレッタL】クリスタルリーフ息を呑むほど美しい。葉っぱのような、羽のような躍動感溢れるモチーフが印象的なバレッタ。■
| WEBの情報缶! | 2008/07/01 9:02 PM |
「君は永遠にそいつらより若い」津村記久子
君は永遠にそいつらより若い(2005/11)津村 記久子商品詳細を見る 主人公は掘貝佐世(ホリガイさん)。大学四年生で、卒業までの単位もすでに取...
| しんちゃんの買い物帳 | 2009/02/20 10:52 PM |
NOW READING
ざれこの今読んでる本
Categories
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Profile
Search this site
Sponsored Links