本を読む女。改訂版

関西弁でだらだらと本の感想書いてます。
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「ハミザベス」栗田有起 | main | 「言い寄る」田辺聖子 >>
# 「カソウスキの行方」津村記久子
カソウスキの行方
カソウスキの行方
  • 発売元: 講談社
  • 価格: ¥ 1,470
  • 発売日: 2008/02/02
  • 売上ランキング: 86156
  • おすすめ度 5.0


左遷され、倉庫勤務になったイリエ。ぱっとしないので、
同じく倉庫勤務の森川をとりあえず好きになったつもりになることに。
「カソウスキ」の行方はいかに。表題作ほか3篇収録。

むっちゃ気持ちわかるわー。カソウスキ。わかるわかる。
ものすごく共感した。私じゃねえかこれ書いたのと思うくらい。
仕事はくだらないから、いつも私は職場でお気に入りを探してますよ。
同じ部門で適度にいいのがいたらその人、いなかったら別の部門、
総務とか行き来があるところの人で適当に感じのいい人を。
人事異動があるたびにそれは変わるんだけどね、わりと頻繁に。
別に好きとかじゃないんだけど、なんとなく話せたら嬉しいような気になって、
くだらない仕事が少しは楽しいじゃないですか。
彼氏いるとか相手結婚してるとか関係ないのねこの際。何もしやしないので。
でもね、だからってこの主人公みたいにさ、いきなり「カソウスキ」な相手の
健康診断書とかコピーしたりはしないよ?っていうかそんなの知ってどうするんだ。
主人公の思い込みととんちんかんぶりには何度も爆笑しました。
私って変なのかと思っていたけど、いるんだねこんな人、と嬉しくなった。

3つの短編が収録されていて、どれも面白かった。
わははと笑いながら共感しながら読みました。
こういう、女性のリアルを描いて共感系(?)の著者もけっこういるけど、
(中島たい子とか、三浦しをん(エッセイだけか?)とか)より近い感じがしたなあ。
語り口が身近でとても面白くて、大阪出身の人というのもあり、
ものすごく友達になれそうな、なりたいような感じでした。

表題作「カソウスキの行方」はさっき書いたとおりの話で、
主人公のイリエは同僚の森川を仮想で好きになるけど、単に独身男性がその人しか
いなかったというだけで、背が高いだけでうだつのあがらない感じの森川を
気に入っている様子はあまり感じられず、なんつうか最初は無理矢理感があって。
無理矢理な感じがまた面白いんだけどねー。
でもそんな仮想の好きのはずが、なんだか本当に気になってきてしまう。
その微妙な心境の変化が好ましく、だからといって急展開するわけでもない
うだうだした関係性もおもしろかった。
最後のメールとかね、笑ったし、ほっこりした。

生々しい田舎のショッピングモールの様子とか、イリエのダメダメな感じとか、
ものすごくリアルに思えて、それがなんか好きだったな。
角田光代みたいに生々しすぎてしんどいわけでもなく、親しみが持てる感じで。

「Everyday I write a Book」は、ふと出会ったイラストレーターの男が気になり、
その結婚相手の良く出来た女性のブログを読んでしまう、普通のOLの話。
OLが煮詰まって後輩につい怒ってしまったりして、そんなときにうまくいってる女の
ブログに「やっぱり、日常を愛でるように生きていかないと駄目ですね。
そうでないと、生きている意味がないですよね」って書いてるのを読んで
激しくへこむシーンがあって、なんかすごく気持ちがわかってしまった。
愛でられる日常ばかりじゃないし、奇麗事ばかりじゃない、自分がどうしようもない
日だってあるんだよな。そのやるせない感じのリアルさに共感して、
元気をもらえた気がした作品。
作品としては小ぶりだけど。

「花婿のハムラビ法典」はまた笑わせてくれた。彼女に遅刻とかばかりされてるからと、
彼女の不義理1ポイントに自分も1ポイントで応酬しようとして酷い目にあう男の話。
わはは。あほやろ。笑いながらも、ついギブ・アンド・テイクにしようと思いがちな、
でもそれが全然うまくいかない恋愛の楽しさ難しさを堪能させてもらった気がした。

このリアル感と語り口の面白さ、あるようでないなあと。好きだなあ。
この人の著作はちょっと追っかけたい感じ。
君は永遠にそいつらより若い」という非常に気になるタイトルの本も、
是非読むつもり。また新刊お待ちしようっと。
| comments(6) | trackbacks(1) | 21:42 | category: 作家別・た行(津村記久子) |
コメント
初めまして。
いつも楽しく読ませいただいています。

カソウスキのトラップに、うちもよくはまります。
それが小説になるのが、斬新な気がしました。

ちょっと、気になったんですが…
イリエじゃなかったでしたっけ?
| omatyu | 2008/04/22 9:53 AM |

omatyuさん
あ、イリエですよね、そうですそうです。直しておきます。ありがとうございます。

カソウスキ、ありますよねー。よくあることなのにあまり小説で読んだことはなかったなあ、と私も思いました。


| ざれこ | 2008/04/22 10:06 AM |

この本は面白かったです。男の私でも時折「俺か?」とぎょっとしてしまったり。津村さんって、いい所を見てるし、その書き方もいいですよね。
| たまねぎ | 2008/05/07 1:06 AM |

たまねぎさん
男性でも「オレか?」って思うんですねー(笑)ほんま、私みたいでした。とほほ。
痛い内容なのにあまり痛さを感じないのは、書き方が優しいんでしょうね。気になる作家さんです。
| ざれこ | 2008/05/08 11:54 PM |

日本人向けのタオバオ代行業者、値段が安くて、サービスがいい
信用いち」は弊店の理念で、ご安心でご購入ください。
★一信用 第1 サービスが行き届く!
価格合理 商品最新 商品が到着するのは迅速で、安全!
当店を信じるのは最も理想的な選択だ!
下記の連絡先までお問い合わせください。
taobao代行:www.86daikou.com
タオバオ 代行:www.86daikou.com
中国 代行:www.86daikou.com
taobao:www.86daikou.com
タオバオ:www.86daikou.com
中国オークション:www.86daikou.com
中国 仕入れ:www.86daikou.com
淘宝網:www.86daikou.com
| タオバオ 代行 | 2012/12/26 4:06 PM |

http://www.birkenstocksandalssale.us.com/ birkenstock
http://www.kyrie-4.us.com/ kyrie 1
http://www.nikeairvapormaxflyknit.us.com/ air max 90
http://www.kd10-shoes.us.com/ nike kd 8
http://www.yeezyboost350shoes.us.com/ adidas yeezy
http://www.longchampbag.us.com/ longchamp backpack
http://www.pandorajewelryrings.us.com/ pandora jewelry
http://www.pumafentyrihannashoes.us.com/ fenty puma slides
http://www.curry4-shoes.us.com/ curry 4
http://www.pandorajewelryscharms.us.com/ pandora charms
http://www.adidas-ultraboost.us.com/ yeezy boost 350
http://www.katespadepurses.us.com/ kate spade new york
http://www.louboutinredbottoms.us.com/ red bottoms
http://www.airmax90shoes.us.com/ nike shoes
http://www.hermesbirkin-handbags.us.com/ hermes birkin
http://www.nikeairmax-90.us.com/ nike air max women
http://www.adidasnmdrunnerr1.us.com/ adidas yeezy boost 350 v2
http://www.fitflops-sale.us.com/ fitflop sale
http://www.salomonspeedcross3.us.com/ salomon xa pro 3d
http://www.lebron15-shoes.us.com/ lebron soldier
http://www.adidasyeezy-350.us.com/ yeezy shoes
http://www.fitflopsshoes.us.com/ fitflop uk
http://www.jordans11shoes.us.com/ jordan 1
http://www.jordan11spacejams.us.com/ jordan shoes
http://www.pandora-jewelrysale.us.com/ pandora jewelry
ドリフトliuyuzhen
| birkenstock sandals | 2018/03/26 4:36 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.zare.boo.jp/trackback/764338
トラックバック
カソウスキの行方  津村記久子
率直に面白かったです。今回の芥川賞の候補作の中では、おそらく一番自分好みの作品だと思います。いつくつか読んでないのもあるので断言は出来ませんが、過去の著作からそれぞれの作風は想像はつきますので。 絲山さんにかなり感じが似ているから、それもあるのだとは
| 今更なんですがの本の話 | 2008/05/06 7:59 PM |
NOW READING
ざれこの今読んでる本
Categories
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Profile
Search this site
Sponsored Links