本を読む女。改訂版

関西弁でだらだらと本の感想書いてます。
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「私の男」桜庭一樹 | main | 「ぽろぽろドール」豊島ミホ >>
# 「悶絶スパイラル」三浦しをん
悶絶スパイラル
悶絶スパイラル
  • 発売元: 太田出版
  • 価格: ¥ 1,470
  • 発売日: 2007/12
  • 売上ランキング: 145853
  • おすすめ度 5.0


「私の男」を読んでつらくって、読書って凄いけど疲れるなあと思ったり、
次に読む作品はきっと「私の男」と比べてしまうし、そうすると何を読んでも迫力がないな、
さて困った、ってときに手元に三浦しをんのエッセイが届いた。これだ!
どんなに読書に疲れても、本がないとやっていけない性質の私には、
三浦さんのエッセイが本当にいい息抜きになる。いつもありがたく読んでいる。
三浦しをんってもしかして私じゃないのか、とエッセイを読んでいると勘違いする。
これって私が書いたんじゃないのか?と妄想してしまうくらいだ。
思考回路の流れというか、そういうものがそっくりだ。
デブに至る過程とか似まくってるし、読んでるものもよしながふみの「大奥」だったりするし、
オダ○リジョーの「メゾン・ド・ヒミコ」に悶えてるし(シャツがインなのよ!)
好みも一緒だし語り口も一緒。自虐の感じも一緒。
もうきっと私だよなーと私は思うわけだけど、
きっとそんなことを思ってる人も世間にいっぱいいるんだと思う。

そういう、むちゃくちゃ身近なところがしをんちゃんのエッセイの魅力だよねー
あそこまでBLな感じではないしあの果てしない妄想については見習いたい!と
いつも思っているけれど。すさまじい妄想力、あそこは師匠と呼びたい!

しをんさんといろいろ語りたいな。
とりあえずオダ○リ結婚については激しく語り合いたいよ私は。
よしながふみ「大奥」についても語りたいし、最近出来たギムナジウムカフェについて
どう思うか聞きたい!一緒に行って彼女の妄想を聞いていたい!
そんな欲求でいっぱいです。ああ、でもエッセイでも読んで疑似友達やるしかないか。とほほ。

島根に一人旅に行ってるのだけど、旅の様子が私とまたそっくりで。
ほとんどペーパードライバーなのにレンタカー借りて無謀にも運転して博物館を回ったりとか。
似てるんですけど行動パターンが。

私も沖縄に一人で行ったことがある。
ちょうど台風がきていて、沖縄なのに死者も出るくらいのでかい台風だった。
一日ホテルに缶詰になったうえにメインイベントのダイビングも出来なくなり、
夏休み取って行ってたので職場の上司から「お前生きてるんか、今ホテルか、あほやなー」と
ホテル缶詰中に電話があって腐りまくり、そのあとホテルのプールで自棄泳ぎ。
せっかく買ったセパレートの水着はホテルでしか使われなかった。
まあ結局、一人で行ってるから知ってる人誰にも見せなかったわけだが。

夜には風がやんだ、と思ったら台風の目の中だった。
次の日から果敢に動いたんだけど、風雨の中沖縄を車で縦断して激しいスコールに遭って
「前が見えない!もう絶対死ぬ!!」って思いながら走ったり、
ざっぱーんと波しぶきがかかる崖に立ち「火曜サスペンス劇場の犯人」妄想で遊んだり。
あとは焼き物の里を巡ったり、崖を見たり洞窟を見たり、ひめゆりの塔にも行ったけど、
なんだか静かな土ばかり見ていたような気がする。最終日には少し晴れて、
海辺を走る快適なドライブができた。木が何本もなぎ倒されていたけれど、楽しかった。

最近一人旅もしてないなあ。またやりたいな、愉快な妄想一人旅。
しをんさんの島根行きを読んでそう思った。

なんかこのエッセイ読んでいたら私もエッセイを書きたくなるんだなこれが。不思議なもんで。
つい書いてしまったわ。しかもとほほ談を書いてしまうのはなんでやろう。
でも書いてみようと思ってもあんなに面白いものにはならないので、これが哀しいのだが。
誰でも書けるようで誰もああは面白く書けないよねー
| comments(4) | trackbacks(3) | 17:20 | category: 作家別・ま行(三浦しをん) |
コメント
三浦しをんさんって、男性だと思ってました!(^▽^;)

よく、本好きさんのサイトやブログでお見かけするお名前ですけど、私は、まだ未読ですー。

作家さんの名前って、中性的なのが多くないですか?
男性か女性か分からずに読んでて、後でびっくり。
ま、それも面白いんですけどねー。

そんなに似てますかー。面白そう〜♪(ざれこさんが)

妄想一人旅には興味津々!自分では出来ないけど、
だからこそ、聞きたい!みたいな。

ざれこさんの、エッセイ、お待ちしてます♪
| えびすけ | 2008/02/15 9:50 AM |

ざれこさん、こんばんは!
私は(勝手に)しをんさんとマブダチです!!!
妄想一人旅、私もやってみたいですね〜。
| tomekiti | 2008/02/15 10:15 PM |

三浦しをんさんのエッセイは、
「三四郎はそれから門を出た」
「あやつられ文楽鑑賞」
の二作だけしか読んでいませんが、これもおもしろそうですね。
タイトルが洒落ている・・・・・
| まくら | 2008/02/16 10:47 AM |

えびすけさん
ばりばり女性ですよ〜。小説も面白いですから読んでみて下さい。「風が強く吹いている」「むかしのはなし」オススメです。
それから当然ですが私のエッセイよりはしをんさんのエッセイをオススメします!(笑)

tomekitiさん
そうですよね勝手にマブダチになってしまいますよねしをんさんって。親しみやすすぎです!

まくらさん
タイトルはサブタイトルも「〜ラル」にしようと苦心したって書いてましたよ。くだらないことに全力を注ぐしをんさんも好き(笑)
私はまだ「あやつられ文楽鑑賞」は読めてません。文楽知らないですけど、でも楽しそうですよね。
| ざれこ | 2008/02/17 11:57 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.zare.boo.jp/trackback/749556
トラックバック
三浦しをん『悶絶スパイラル』
三浦しをん『悶絶スパイラル』 太田出版 2008年1月13日発行 悶絶スパイラル 三浦 しをん しをんさんの最新エッセイ出ました! もちろん「出ました」と言っても、 買わずに図書館の入荷待ちをしていたんですけど、 出版から2週間で手元に届くとは、 相変
| 多趣味が趣味♪ | 2008/02/15 10:10 PM |
『悶絶スパイラル』 三浦しをん
JUGEMテーマ:読書    さすがのアマゾンも、まだ出たてなので、画像がありませんでした。そういえば、 この本の中でアマゾンで買い物をすることを「ポチる」と書いてありましたが、 たしかにその通りだと思います。本に過剰なまでの愛を注いでいるしをんさ
| 積ん読本増殖計画 | 2008/02/16 5:44 PM |
「風が強く吹いている」★★★★ 箱根駅伝を熱く走り抜ける
今週3本目の劇場観賞。 日曜日から水曜日にかけて4日間で3本映画を観に行くという暴挙を成し遂げてしまった… 映画ファン的には幸せだけど...
| 白山のヨロズ帖 | 2009/11/06 4:40 PM |
NOW READING
ざれこの今読んでる本
Categories
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Profile
Search this site
Sponsored Links