本を読む女。改訂版

関西弁でだらだらと本の感想書いてます。
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「ボッコちゃん」星新一 | main | 「二百年の子供」大江健三郎 >>
# 「木洩れ日に泳ぐ魚」恩田陸
木洩れ日に泳ぐ魚
木洩れ日に泳ぐ魚
  • 発売元: 中央公論新社
  • 価格: ¥ 1,470
  • 発売日: 2007/07
  • 売上ランキング: 31466
  • おすすめ度 4.0


久々に恩田陸。恩田さんの本は大量に積んでいるというのに、新刊が出たら
つい気になって図書館で借りたりしてしまう。そして積読は一切減らない。
たくさん書いてくれる作家を好きになると嬉しいけど大変やわ。

恩田さんのミステリ、私は好きなんですよね。終わりが曖昧だったり、
謎がどうなってるのかさっぱりしなかったり、と不安定な終わりが特徴なんだけど、
その不安定さがなんか好きというか、・・・これは個人差あると思うんだけど。

そんな恩田さんミステリの、密室会話劇もの、これもまた好きで。
勝手に密室会話劇なんぞと名付けているけれど、男子寮での会話で謎が紐解かれる
「ネバーランド」だったり、屋久島(をモデルにした島)に旅行中の4人組が
彼らの過去を探っていく「黒と茶の幻想」だったり、限られた場所で会話だけで
謎が明かされていく、そういうミステリを得意としているような気がする。
それだけでわくわくするのに、今回はたった二人での会話劇ミステリ。
しかも訳ありの男女。設定だけでぞくぞくですわ。
ある男と女。引越作業が終わり、スーツケースで最後の夕食をしている。
二人はこれから別々の生活を始めるらしい。
最後に夜を徹して語り合おうと、二人はいそいそとお茶やお酒、つまみを用意し、
精一杯明るく振舞っている。
しかしお互いはお互いを疑っているのだった。
あの日、あの男を殺したのは、彼女ではないか、いや、彼ではないか・・・

そんな彼ら男女の一人称が交互に語られ、彼らにとってのあの日の真相が、
徐々に明らかになっていく。そして彼らはどういう関係なのか?
彼らにとってのあの男とは?徐々に明らかになる全貌。
今までの二人の生活、それはなんだったのか?彼らは思いをはせる。

二人の関係や、あの男とは誰か、何が何だかわからないときは
それはもうぞくぞくとするんだけど、案外あっけなくあの男の正体がわかり、
二人の関係も明らかになる。中盤、わかったと思いつつ読んでも、
いやわかったからこそ、この二人の関係の複雑さや激しさに、それこそ目が離せなくなる。
わかったからあっさりとぞくぞくが失われるわけでは全然ないのだった。
次から次へと去来する謎。そして二人は本当に、今日ここで終わってしまうのか?

たった二人で会話しているだけでも、これだけの思考とこれだけの化学反応というか、
一人の言葉がもう一人に決定的な記憶を呼び起こしたり、と
すごく影響を与え合ってるのがわかる。
もちろんお互い大事な二人だから余計なんだけど、人と人とが語る、
ただそれだけで生まれるドラマというのは、どこの場でもあって、
その連鎖反応みたいな展開がすごくスリリングというか、おもしろい。
たった二人なのに!でも二人で充分なんだよね、この話。
部屋の中のすごい緊迫感が私にまで伝わってくるよう。
唾を飲む音、気まずい沈黙、お惣菜のにおい、そんなものが全て。

途中からもろに恋愛小説と思って感情移入して読んでしまい、だからこそ
最後にはいい意味で完全に拍子抜けした。いや謎は解ける、多分全部解けてる、
思いも寄らなかった真相にまで二人はたどり着いてしまう。
それは、その段階では憶測でしかないんじゃないのか?とかちょっと冷静になったら
思うのだけど、冷静になれなかった私は「大変ーーー!!」と思いながら読み、
そして二人に、特に女に完全に翻弄された。

あーそうかも、愛とか恋とかってそういうものかもね・・・・
女の立場から冷静に戻って考えると、結末も妙に納得いったりして、
納得いく自分がオトナというか醒めてるなというか。

拍子抜け、力がふっと抜けて、脱力したら終わったと言う感じ。
ミステリとしてももちろん上質だけれど、オトナの恋愛小説として読んでみても、
これはなかなかスリリングで、おもしろく読めた。

・・・・・・・・って、ネタバレしてないよね?大丈夫よね?
感想って言われてもどう書いたらいいんだよー。ってな本なので、
緊張とスリルとを味わいたい時は読んでみてください。
| comments(2) | trackbacks(5) | 23:49 | category: 作家別・あ行(恩田陸) |
コメント
はじめまして、けんけつと申します
面白い本はないかと鵜の目鷹の目ですので記事を読んで情報をいただきたいと思います!早速ブックマークさせていただきました!

恩田陸自分も好きです。ミステリーに巧みにジュヴナイル要素を絡めてくるのが人気の要因の一つなんでしょうね。情景描写の巧さという点でも尊敬してます。自分は特に「図書室〜」が好きです。「木洩れ日に泳ぐ魚」は未読なので早急に読みます!

自分のブログもよかったら見に来て下さい。面白い記事を書くように日々腐心しています。自作曲も紹介しているのでよかったら聴いて下さい!ボサノバなどを作ってます。
| けんけつ | 2007/12/11 11:53 AM |

お友達ありがとうございます。(。・ω・)ノ
これから宜しくお願い致します。☆彡
明日もあなたにとって幸せな日でありますように
| さくらPaPa ≡ Slow life | 2007/12/13 1:45 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.zare.boo.jp/trackback/732790
トラックバック
『木洩れ日に泳ぐ魚』恩田陸
アキとヒロ。別離の夜、2人には確かめなければならないことがあった。一年前のあの日、一体何が起きたのか?なぜ、あの男は死んだのか?荷物の引き払われた一室で2人は対峙し、語り合う…。 滞在型の『真昼の月を追いかけて』かな。同居を解消する日、アキとヒロは
| 蓮に鷺 | 2007/12/12 1:05 PM |
「木漏れ日に泳ぐ魚」恩田陸
木洩れ日に泳ぐ魚 とても恩田さんらしい作品だと思います。登場するのは最後の一夜を過ごすひと組の男女ヒロとアキで、舞台は彼らのアパートの一室です。ある男の死をめぐって、彼らはお互い相手がその男を殺したと思っています。お互いを探り合う会話から、真相を求
| 本のある生活 | 2007/12/13 8:41 PM |
恩田陸『木洩れ日に泳ぐ魚』
恩田陸『木洩れ日に泳ぐ魚』 中央公論新社 2007年7月25日発行 明日からはそれぞれの道を歩んでいく一組の男女が過ごす、アパートでの最後の夜。 彼らの間には明らかにされなければならない、ある男の死があった。 それはすべて、あの旅から始まった・・・。 記
| 多趣味が趣味♪ | 2007/12/13 9:14 PM |
恩田陸 『木洩れ日に泳ぐ魚』
木洩れ日に泳ぐ魚/恩田 陸 ¥1,470 Amazon.co.jp あの旅から、すべてが変わってしまった。一組の男女が迎えた最期の夜。明らかにされなければならない、ある男の死の秘密。運命と記憶、愛と葛藤が絡みあう恩田陸の新たな世界。 明日の朝には別の道へ旅立つ
| 映画な日々。読書な日々。 | 2008/02/24 7:11 PM |
木洩れ日に泳ぐ魚 恩田陸
木洩れ日に泳ぐ魚 ■やぎっちょ書評 久々の陸ちん。 ややや。最初からいきなりミステリーです。 ジャンル設定が難しい陸ちんの作品にしてはとてもわかりやすい。そしていきなり謎。導入が本当にうまいですよね。久々に読むと思い出しながら感心します。 大枠の謎
| "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! | 2008/04/08 11:09 PM |
NOW READING
ざれこの今読んでる本
Categories
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Profile
Search this site
Sponsored Links