本を読む女。改訂版

関西弁でだらだらと本の感想書いてます。
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2007年10月に読んだ本 | main | 「天使」佐藤亜紀 >>
# 「1000の小説とバックベアード」佐藤友哉
1000の小説とバックベアード
1000の小説とバックベアード
  • 発売元: 新潮社
  • 価格: ¥ 1,575
  • 発売日: 2007/03
  • 売上ランキング: 106100
  • おすすめ度 4.0


図書館で、ちょっと気になっていた佐藤友哉のこの作品と、
佐藤正午の「5」が一緒に並んでいるのを見たとき、私はふと思いつく。
「佐藤さんばっかり読んでみるというのはどうだ」

ということでその2冊を借りてきて、佐藤読みをはじめた。
記念すべき佐藤第一作目、佐藤友哉の三島賞受賞作。

佐藤友哉って人は名前だけはだいぶ前から気になっていて、
どうやら個性的に過ぎる作家らしい、と勝手に思っていたんだけど(三島賞やしさ)、
その期待は裏切られなかった。
直前に読んだ島本理生と結婚したんだよなあ、と思うと、
やっぱり人は自分にないものを相手に求めるんだなと思ってしまった。
どっちが悪いと言うんじゃない、全く違う個性を持ってて、
お互いに得るところがありそうで、刺激しあってそうで羨ましい。
勝手に、この夫妻は猫を飼ってるんじゃないか、そんな想像までしてみた。
さて、本の方はというと、強烈な印象だけ残し、細部は忘れてるんだけど・・・

片説家という変わった職業についていた男が主人公。過去形なのは、
最初からクビになってるから。片説とは、個人の依頼に基づいて
チームを組んで作品を作ることで、不特定多数に向けられた小説とは一線を画する。
「所詮俺は片説しか書けない、小説家じゃない」そう思い続けてきた主人公は、
片説を馬鹿にするがゆえにあっさりクビになる。
しかしいきなり家をたずねてきた配川ゆかりという女に、片説を依頼した後
失踪した妹を知らないかと詰め寄られ、挙句には「小説を書け」といわれる。
破格の条件でそれを引き受けた主人公だが、彼は言葉を使えなくなっていた。

主人公の知り合いに腕のいい探偵がいたりしてご都合主義に話は進み、
物語もとんでもない方向に進み、図書館、とか地下、とかいう素材が
突拍子もなく出てくるところは村上春樹かよと突っ込んだりしながら、
でもとんでもない展開なのに、読まされてしまう。
そのご都合主義やむちゃな展開を笑う作家自身が透けて見えるような文章
(メタとまでは言わないが)、それがこの作品の独特な個性を保っている。
すごく適当に馬鹿にして書いているようにも思えるが、
私はその斜に構えた書き方は嫌いじゃなかった。

片説とか小説とかについて語るシーンが多く、片説は読者のため、小説は作家のため、
そして小説は自己満足だ、と言いたげな感じがして、
小説を馬鹿にしてるのか尊敬してるのかどっちなん、と思いながら読んでいた。
つうかこれは現役の作家が読んだらどう思うんだろう、絶対受け入れない層が
いるよな、特にご老体、とか思いながら。
でもね、だんだんちゃんとわかってくる。あーきっとこの人はものすごく小説が好きなんだ。
どんなに無名でもくだらないものでも、逆に有名な名文でも皆一緒で、
小説になっただけですごいんだ。それは残るんだ。
そんなメッセージは読書好きにしてもなんだか響いたし、作家の人たちも、
とても嬉しいものなんだろう。なんて思った。
私もなんだか何でもいいけど何か書きたくなったよ。くだらなくてもさ。

片説なあ。自分だけが癒されたり楽しめたりする小説を依頼できたとしたら、
私は何をお願いするだろう。リアル友人達が登場する自分の自伝的小説?
それともいきなりイケメンと恋に落ちるようなもの?
・・・どっちも自分で書ける(というか日々妄想しているし記録している)、
それに誰とも感想を言い合えない、自分にしか響かない本なんて要らないなあ。

作家が書きたいことを書く、この作品みたいにね、むちゃくちゃでも自由に書く、
誰もついてきてくれなくても書く。いいんじゃないですか、媚びなくって。
そういうスタンス、私は好きだし、小説ってそんなんでいいよね。
世に出してしまえば読者が何を感じるかは自由だし、書くほうもそういう覚悟欲しいし、
読むほうも、同じ読み方をする人は誰もいない、自分だけの体験だってことを
ある意味覚悟して読んだらいいと思う。

なんだ?小説観を吐露してどうする。まとまらんし。

ま、小説ってなんだ、って考えちゃいながらも、ぐいぐい読める破天荒エンタメでした。
| comments(3) | trackbacks(2) | 05:32 | category: 作家別・さ行(その他の作家) |
コメント
佐藤読みって面白いことしてますね。しかもよりによって日本でも一、二を争うような多さの姓。
でも図書館の並びで気になるって分かります。私は常々、伊坂さんの隣の射逆さんとか、森絵都の次の森福都が気になって仕方ありません。佐藤賢一と酒見賢一を取り違えそうになった事も。
| たまねぎ | 2007/11/05 9:53 PM |

たぶん、はじめましてです。
仕事の合間にちょくちょく拝見しており、
ブックガイドとして勝手に活用させてもらっています。

これは読了後、小説観ぶちかましたくなりますよね。私もやりました。「あー面白かった!」でも、言葉にならない感想でも、個人的な体験として「アリ」なんだなあ、とか。

初期のものから読んでいるけれど、不思議なパワーのある作家ですよね。
デビュー作がラインナップに入っているようなので、レビュー楽しみにしています。
| あっこ | 2007/11/06 8:35 PM |

いかにも三島賞って感じの作品ですよね

受賞後にやたら評論書かれたのは笑いました
| U2スケ | 2007/11/07 12:47 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.zare.boo.jp/trackback/720956
トラックバック
「1000の小説とバックベアード」佐藤友哉
1000の小説とバックベアード佐藤 友哉 (2007/03)新潮社 この商品の詳細を見る 主人公の木原は、片説家として4年間仕事をしていたが突然に首を宣告された男。 無職になった木原の住むアパートに、配川ゆかりという見知らぬ女性
| しんちゃんの買い物帳 | 2007/11/03 5:37 PM |
1000の小説とバックベアード  佐藤友哉
皆さんこんばんは。軽く風邪をひいてしまったたまねぎです。ここはやっぱり葱を首に巻くべきか……。って熱はとっくに下がって今は元気なんですが。ただ鼻がジュルジュルでやる気30%減なので、しばし省エネモードで失礼いたします。 さて三島由紀夫賞受賞作、佐藤友
| 今更なんですがの本の話 | 2007/11/05 9:56 PM |
NOW READING
ざれこの今読んでる本
Categories
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Profile
Search this site
Sponsored Links