本を読む女。改訂版

関西弁でだらだらと本の感想書いてます。
<< March 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2007年08月に読んだ本 | main | 「でかい月だな」水森サトリ >>
# たらいまわし本のTB企画第37回「犬にかまけて」
たらいまわし本のトラックバック企画、略してたら本。
今回の主催者は不肖ざれこが担当します。よろしくお願いします。
overQさん、ステキなバナーをありがとうございます。かわいい!

たらいまわし本のトラックバック企画とは・・
毎回、主催者がテーマを提示します。その主題で、お好きな本を、
ご自分のブログでご紹介下さい。そして、トラックバック!
主催者は毎回、トラックバックをいただいた人の中からどなたかにお願いして、
たらいまわし方式で交替していきます。
どんなお題が提示されるかは、毎回新しい主催者さんが決めるんで、おたのしみです。
過去のお題に参加してなくても、今からでもどなたでも参加できます。
たらいまわし本のトラックバック企画については詳しくはこちら。


次回主催者は「りつこの読書メモ」のりつこさんにお願いすることになりました。
ありがとうございます。

さて、長くなりましたが、第37回の今回のお題はずばり「犬」。

町田康は猫にかまけておりますが、私は犬にかまけております。
産まれた時から犬が家にいて当然の生活送ってました。犬は私の人生になくてはならない存在。
今も「ホワイト家族」のお父さんにそっくりな犬がいます。かわいいのだ。

そんな犬派の私、「たら本」過去のお題に「猫」がいるのに「犬」がいない。
どういうことやねん。ということで単純明快ながらお題にさせてもらうことにしちゃいました。
主役、名脇役問わず、ステキな犬たち、そして犬とともに生活していく人達が描かれた作品、
私自身がとっても読みたいと思っています。是非いろいろ教えて下さい。

昔から犬が死んじゃったりする映画とか本とかでは人が死んじゃうより号泣してしまう人間で、
そういうのは実は鬼門だったりしますが、でもそれでもかまいません。
いろんな犬たち、お待ちしています。

さて、私からは。まずは犬表紙を並べてみました。渋めに。

ベルカ、吠えないのか?最後のウィネベーゴ (奇想コレクション)犬吉


「ベルカ、吠えないのか?」古川日出男
本屋のペットコーナーに置かれていたという目撃談が相次いだ本です。
第二次大戦からの世界現代史とイヌたちの歴史を絡め、独特の古川節で描ききった
壮大な作品。イヌたちがとても崇高に、人間達がとてもバカに思えてしまいます。

「最後のウィネベーゴ」コニー・ウイリス
奇想コレクションの1冊、荒唐無稽でおもしろいSF作品集ですが、最後の表題作では
犬がいなくなった世界で、いかに犬との思い出を人が大事にしているか、
とても染みいる作品でした。

「犬吉」諸田玲子
綱吉の時代、中野には「御囲」があってそこには10万ものお犬さまがいたそうな!
その時代の御囲で、赤穂浪士の討ち入りの一夜に犬吉と呼ばれる女性に起こった恋と事件。
当時はお犬様と呼ばれてちやほやされたけど、犬も結局人間の勝手にされてて、
大変やなと思った。キップのいい女主人公がステキな1冊。

さて次からは名脇役の犬たち。

ラッシュライフ (新潮文庫)
「ラッシュライフ」伊坂幸太郎
伊坂幸太郎は犬が好きで、よく作品中に犬が、あるいは犬が大好きな登場人物が出てきます。
柴犬が特に好きみたい。犬に重要なことをあっさり任せたりしてしまいます。ふふ。

家守綺譚 (新潮文庫)
「家守綺譚」梨木香歩
ゴローという犬が登場。ゴローは世界のことを何でも知っています。霊界?も自然界も人間も、
彼には一目置いてます。すごい奴です。でも偉そうにしませんし、喋ったりもしません。
ゴローがうちにいてくれるか、うちの犬がゴローレベルになれば、世界は豊かなのに。

出口のない海 (講談社文庫)
「出口のない海」横山秀夫
ちょっと意外なところから。回天という人間魚雷に乗ることになった主人公のピッチャー並木は、
毎晩、カイテンと名付けられた犬の前で一人魔球を編み出そうと球を投げ続けます。
絶望的な状況で人生を諦めない彼と、彼を見つめる犬。その二人の光景が目に焼きついてます。
どんなときでも、犬がともにいてくれれば、なんとなくがんばれる気がします。

夜中に犬に起こった奇妙な事件 新装版
「夜中に犬に起こった奇妙な事件」マーク・ハッドン
これは気の毒に犬が殺されてしまうのですが、その犬殺しをきっかけに、自閉症の少年
クリストファーが世界を知っていく、そんな物語。
犬が死んだ以外のところで号泣しました。寂しくて哀しくてステキな親子の物語です。

そしてひとつ変化球。
犬はどこだ (ミステリ・フロンティア)
「犬はどこだ」米澤穂信
本当にこの作品読んだら「犬はどこだ!」と言いたくなります。
犬探しをするはずだったのに人を探す羽目になった探偵の話。独特の苦みがたまらないミステリ。

最後にエッセイを。
雨はコーラがのめない
「雨はコーラがのめない」江國香織
雨というのは犬の名前です。江國さんが雨と音楽とともに過ごす日常を、
淡々と綴ったエッセイ、雨が死んじゃうわけでもないのに、しみじみと泣けました。
犬が何をみてどう思ってるか、結局人間にはわからないけど、
それでも犬と一緒にいることの悲しみと喜び、そんなものに溢れています。犬好きは必読。

最初から少しあげすぎた感がありますが。
では、よろしくお願いしますー。
| comments(16) | trackbacks(11) | 02:36 | category: 本以外のこと |
コメント
ざれこさん、こんにちは。
主催、お疲れさまです〜。
「犬吉」の表紙、なんだかチョビみたいですね。
ということはシベリアンハスキー?
江戸時代にもういたのかな?(笑)

猫に比べて、犬の方がなぜか難しかったんですが
いくつか思い浮かんだので記事アップしてみましたー。
ざれこさんがあまり読まれないタイプの本かも、
と思いつつ…(^^ゞ
| 四季 | 2007/09/01 7:15 AM |

久々に参加させてもらいました。
動物嫌いなので猫はぜんぜんうかばなかったけど
犬は一冊がうかびまして。
きっと意表をつく一冊になったのでは・・・とほくそ笑んでます〜。
| かっこー | 2007/09/01 10:30 AM |

主催者さま、お疲れ様です。
ひさびさのブログの更新がてら、たら企画に参加させていただきました(笑)。
すんません。変化球ばかりで(汗)。
でも、鳥頭を絞ってあれこれ思い出してると案外と出てくるもんですね。驚いてます。

それにしてもざれこさんが紹介されてる本という本、
未読と積読ばかりで、お恥ずかしい。
『ラッシュライフ』に『家守綺譚』だって、
犬が登場していたかどうかさえ忘れているし(汗)。再読せねば!
『夜中に犬に起こった奇妙な事件』、良かったですね。
ミステリだと思わず、ニュートアルで読んだ方がいいかも。
| 七生子 | 2007/09/01 2:12 PM |

こんにちは、回答が出来たので挨拶にあがりました。
『家守綺譚』のゴロー!
そうそう、彼はなんでも知っているんですよね。
でも、きっと、動物って、人間(特に都市の人間)が失ってしまった感覚を持っていて、人間なんかよりもずっと自然の理を分かっているのだろうと思うのです。
| 菊花 | 2007/09/01 11:47 PM |

主催者さま、ご苦労様です☆

脇役の犬たち。
ざれこさんのラインナップ、とっても犬好きの方らしくて、しぶいなと思いました!
「ベルカ」のように、犬が主題だったり、主人公だったりする作品は思いつくのですが、
脇役として犬が出てくるものは、犬好きの方でないと、そのシーンをよくおぼえてないものかもしれませんね。

犬好きの作者なら、きっと犬好き同志にはわかるメッセージが自然と含まれてるにちがいないのに、
それがわからなくて、読み飛ばしてしまってる気がします。

私も、犬のほうが猫に比べて、難しいお題のように感じましたが、
犬がバイプレーヤーとして作品を支えることが多いせいなのかなあと思ったりしました★
| overQ | 2007/09/02 7:48 AM |

主催者様、お疲れ様です。
たら本初心者です。宜しくお願い致します。

戌・犬で思いつくものは古典的なものばかりでした。もう20年以上も前に読んだ物ばかり浮かびまして、それよりは浅い漫画作品を多く取り上げてみました。「犬神」というジャンルも本来は柳田國男系で掘り下げるべきなのでしょうが今回は、一般的に漫画で登場させて見ました。
| 黒猫院 | 2007/09/02 9:20 PM |

皆様ご参加ありがとうございました。さすが皆様渋いセレクトで、回りながらうなっておりますわ。

四季さん
そうそう、シベリアンハスキーに見えますよね。「犬吉」の犬。不思議だ。この文庫、あとがきならぬ「あとえ」(黒鉄ヒロシ)がついていてそれがまたかわいいのでした。

犬、難しかったですか?私はいつでもどこでも犬には注目しているので全然OKだったんですが。すいませんです。

かっこーさん
あらら動物嫌いなんですかー。でも浮かぶもんなんですね。そんなところから!と思いましたよ。ほくそえんでくださいませ(笑)

七生子さん
犬好きは脇役の犬にもせっせと反応しますから、すいませんマニアックで。「レディ・ジョーカー」登場の「犬っころ」もあげようかと思ったけどさすがにやめましたが(笑)
案外、主役じゃなくても犬って登場してるもんですよねー。やっぱり人と一緒にいる時間が長いからでしょうか。

菊花さん
うちの犬も散歩中に絶対通らない道があったり、とつぜんあらぬ方をじいっと見ていたりしますから、何か見えてるのかなー、と思っています。母は「霊?」とびびっていますが。(笑)
そう、私らが失ったものを彼らは普通に持ってるのだろうな、と思うと羨ましくもあり。

overQさん
私は道で犬をみかけても絶対見逃さないで声かけたりする人間なので、本にも出てきたら見逃しませんねえ。で、その目でみたらけっこう犬って出てきますよ、いろんな作品で。人によって読み方違うもんですよね、犬だけをとっても。面白いです。

黒猫院さん
はじめまして。よろしくお願いします。
確かに渋いラインナップでしたね。漫画「犬神」は是非読んでみたいと思いました。

| ざれこ | 2007/09/02 9:55 PM |

うんうんうなりながら書かせていただきました〜。
そして次回の紹介もありがとうございました。今からあれにしようかこれにしようかと考えています〜。
わからないことがあったらメールしちゃうかも…。
| りつこ | 2007/09/02 10:42 PM |

りつこさん
うなりながらのご参加ありがとうございましたー。気になる本ばかりでしたわ。早速図書館に探しに行くぞー。
次回もお引き受けありがとうございました。私ごときで役に立つかわかりませんが、いつでもメッセ下さいませ。
| ざれこ | 2007/09/02 11:15 PM |

ざれこさん、はじめまして。
はじめてTB企画に参加しました(^^)
私自身、犬を飼っていたことがあるので、犬本の企画はとても楽しかったです。
ざれこさんの紹介していた本はまだ読んだことがなかったので、
この機会にぜひ!読んでみたいと思います。
| さやの | 2007/09/08 3:14 PM |

さやのさん
はじめまして。参加ありがとうございます。楽しんでいただけたようで何よりです。
犬、かわいいですよね。飼ってると余計ですよねー。
ご紹介した本で、合う本があれば良いのですが。
| ざれこ | 2007/09/12 12:49 AM |

はじめまして。本を読む人々。経由で知って、遅ればせながら参加させていただきました。
| lady owl | 2007/09/13 12:33 AM |

はじめまして。天藍と申します。
今になってお邪魔してます;ご主催お疲れ様です。

「犬の本」…犬、大好きなんですけど、難しいです…。
犬表紙本、ほんとにチョビですね!(笑)
「ベルカ―」は気になっていたのでぜひ読んでみたいです。
本に出てくる犬って、柴系わんこが多い気がするのですが気のせいでしょうか(^ ^;
| 天藍 | 2007/09/15 3:24 PM |

lady owlさん
遅くなってごめんなさい、ご参加ありがとうございましたー。

天藍さん
はじめまして。遅くなってごめんなさい。
「ベルカ、・・・」、圧倒されます。面白いですよ。犬だらけです。
そうですよね、本に出てくるのって、日本の作家のは柴犬が多い気がします。「家守綺譚」のゴローも、どんな犬か書いてないのに勝手に柴犬と決め付けてる私です(笑)
| ざれこ | 2007/09/20 9:33 PM |

ざれこさん
1年前の記事へのコメント、失礼いたします。はじめまして。
現在「たら本DB」のメディアマーカーへの移行を行っております。このたびこのお題 第37回「犬にかまけて」で紹介された本の登録が終わりました。一助となりましたら幸いです。
| tarabook | 2008/12/04 11:59 PM |

tarabookさま
拝見いたしました!お手間だったでしょうに、見やすく整理されていてとても参考になります。本当にありがとうございます。

| ざれこ | 2008/12/05 12:04 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.zare.boo.jp/trackback/706272
トラックバック
たらいまわし本のTB企画第37回「犬にかまけて」
珍しく、TB企画ものに参加してみようかと思います。たんに、本を読む気にならず(^^;かといって、日記を書く意欲もわかず。でも、なんか書きたい(笑)。ということで参加してみようという気になった次第。基本的に、読書日記のつもりでいたんですけど、すでに読んで
| 本棚 | 2007/08/31 11:50 AM |
たらいまわし企画・第37回「犬にかまけて」
今回のたらいまわしの主催は、本を読む女。改訂版のざれこさんです。お題は、「犬にかまけて」。 町田康は猫にかまけておりますが、私は犬にかまけております。産まれた時...
| Ciel Bleu | 2007/09/01 6:32 AM |
たらい回し本のTB企画37回・「犬にかまけて」
久々のたらい回し企画。ほんと〜に久しぶりに参加させてもらいます。今回の主催者は本を読む女。改訂版のざれこさんです。 第37回の今回のお題はずばり「犬」。 町田康は猫にかまけておりますが、私は犬にかまけております。 産まれた時から犬が家にいて当然の生
| darjeeling and book | 2007/09/01 10:06 AM |
たらいまわし-本のTB企画 第37回「犬にかまけて」
ものすご〜く久しぶりにたら企画に参加します。 今回の主催者さまは本を読む女。改訂版のざれこさんです。 第37回のお題は「犬」。「犬にかまけて」です。 町田康は猫にかまけておりますが、私は犬にかまけております。 産まれた時から犬が家にいて当然の生活送
| どこまで行ったらお茶の時間 | 2007/09/01 1:48 PM |
たら本37 「犬にかまけて」
たら本37は、「本を読む女。改訂版」のざれこさん主催。 お題は、「犬にかまけて...
| AZ::Blog はんなりと、あずき色☆ | 2007/09/01 9:24 PM |
たらいまわし・本のTB企画 第37回「犬にかまけて」
たらいまわしでお題が決められ、本を紹介していく「たらいまわし・本のTB企画」略して「たら本」。 今回のお題は、「本を読む女。改訂版」のざれこさんからの出題です。 <参考> ★記念すべき第1回「たら本」は、overQさんの「AZ::Blog はんなりあずき色のウェ
| 時々、読書感想文。 | 2007/09/01 11:39 PM |
第37回たら本企画
今回は「本を読む女 改訂版」のざれこ様主催です。 さて、長くなりましたが、第37回の今回のお題はずばり「犬」。 町田康は猫にかまけておりますが、私は犬にかまけております。 産まれた時から犬が家にいて当然の生活送ってました。犬は私の人生になくては
| 紀行という名の随筆と見聞 | 2007/09/02 9:09 PM |
[その他]たらいまわし本のTB企画第37回「犬にかまけて」
たらいまわし本のトラックバック企画、略してたら本 今回も参加させていただきます。そして次回のたら本主催者はなななんと私だー!!ざれこさんからご指名いただき、「えええ?私なんかがいいんですか?」と言いながら、すでにその時点で「どういう企画にしようか」「
| りつこの読書メモ | 2007/09/02 10:40 PM |
たら本37回「犬にかまけて」
 本のたらいまわし企画、略して「たら本」  今回の主催は、「本を読む女。改訂版」のざれこさんです。 町田康は猫にかまけておりますが、私は犬にかまけております。 産まれた時から犬が家にいて当然の生活送ってました。犬は私の人生になくてはならない存在
| 読書記録 | 2007/09/07 3:43 PM |
たらいまわし本 第37回「犬にかまけて」
 いつも立ち寄っている、いろんなブログで何度も目にしてきました‘たらいまわし本’  楽しそうとは思いつつ、テーマを見て思いつく本がなかなかない・・・。あ、でも、今回は書けるかな、ということで初参加です!  今回のお題はざれこさん(本を読む女。改訂版
| 〜Books Journey〜 | 2007/09/08 4:09 PM |
たらいまわし本のTB企画第37回「犬にかまけて」
TB企画ものに参加してみます(たらいまわし本についてはこちらを参照ください)。今回のお題は「本を読む女。改訂版」のざれこさんの「犬にかまけて」。 主役、名脇役問わず、ステキな犬たち、そして犬とともに生活していく人達が描かれた作品、私自身がとっても読み
| 憂いの篩 ー小説教室の日々 | 2007/09/13 12:28 AM |
NOW READING
ざれこの今読んでる本
Categories
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Profile
Search this site
Sponsored Links