本を読む女。改訂版

関西弁でだらだらと本の感想書いてます。
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
<< 「陋巷に在り」全13巻 酒見賢一 | main | 「夜中に犬に起こった奇妙な事件」マーク・ハッドン/小尾芙佐訳 >>
# 「守護天使」上村佑
守護天使
守護天使
  • 発売元: 宝島社
  • 価格: ¥ 1,365
  • 発売日: 2007/03
  • 売上ランキング: 21707
  • おすすめ度 4.5


須賀啓一、50代、デブ、ハゲ、チビ、三拍子揃ったオヤジ。
妻は鬼嫁で自分より稼ぐ、子どもには無視され、永年勤めた会社を「太ってるから」という
理不尽な理由でクビになり、今は薄給のNPOで働いている。
お小遣いは2日で1500円。全部500円玉でもらえるシステム。煙草買うのにも苦労する。
そんな彼が、電車で見かける清楚な女子高生に恋をした・・・・。

第二回ラブストーリー大賞受賞作。
そもそもが面白い本なんだけど、これがまた「ラブストーリー」大賞なんてものを
とっちゃってるところがまた笑いを誘うというか。
「ラブストーリーなんや、ぷぷっ」ってなってしまうところがまたいいわー。
50歳を過ぎたおっさんが高校生に恋、なんてストーカーやん、きもいわ、変態やわ、
って思うんだけど、そのきもさ変態さがなんともラブリーというか、憎めないのがいいところで。
本人としては大まじめに恋をしているのだ。嫁ともなんとなく結婚しちゃった彼からしたら、
この恋は初恋なのだ。必死なのだ。
たとえ、その女子高生に電車で席を譲られそうになっても、だ・・・。

その女子高生が作ったとされるブログが炎上し、そして何人かが彼女に対して動き出す。
危険を察した彼は、仕事で知り合った引きこもりの少年、腐れ縁のヤクザの友達と、
彼女を助けるために動き出す。さて、彼の思いは彼女に通じるか?

おっさんが本当にきもいのよね・・・。私、チビデブハゲまではまあ人柄を見て許すけど、
歯が抜けてるのはもうさすがに直視できへんわ。情けなさ過ぎて。
でも彼は鬼嫁に殴られて歯を折られて、なんと消しゴムで義歯を作ってしまうのだ。
爆笑。転んでもただでは起きないオヤジ精神、素晴らしい。

これだけ情けないおっさんを描いて、それが悲哀にならずに笑いに転化されていて
全然嫌みじゃない、これってすごいことだなあと思う。著者自身が50代のオヤジらしいが、
同年代を客観的に見る目がちゃんと養われてるからこそ、笑いにも出来てしまうんだろう。
オヤジが直々に書いたとは思えない、オヤジに対する突き放した視線(いい意味で)が、
私には好感度高かった。

物語は、デビュー作と言うこともあり、荒さもあるし、オヤジについてはそれなりに
リアリティがあったものの、ネット犯罪ってこんな感じか?と思ったり、
異常者が典型的な気がしたり、女子高生の印象が薄かったり(これは講評でも書かれていたが)、
と、少しツッコミどころはあったけど、この笑いのセンスだけで私は全て許してしまった。
あー面白かった。
行き当たりばったり風に思えるけど構成が案外しっかりしていて、どーでもいいところに
ちゃんと伏線がはってあって、そこにもだいぶ笑えました。まさか、消しゴム義歯が・・・。

引きこもり少年とともに、オヤジである主人公ですら成長する。いつも受け身で消極的だった
オヤジが、はじめて自分で積極的に動いていく姿に、それがどんな動機であれ清々しいものを
感じたりもした。ストーカーすれすれだけどストーカーじゃないし。
何より、第二の悪役となっていた鬼嫁のキャラが好きだったわー。かっこよすぎ・・・・。

しかし映画化するらしいですね。
主役になるのがこんなにいやな映画ってないだろうね・・・。
変態やらせたら松尾スズキがダントツだと思うけどどうだろう。
| comments(3) | trackbacks(2) | 23:26 | category: 作家別・あ行(その他の作家) |
コメント
ざれこさん、こんにちはー。
映画は船越英二なんてのもありかな。
あの技を想像しただけで笑える。ぷぷっ。
| しんちゃん | 2007/06/29 11:38 AM |

ごめーん!
船越英一郎の間違いっす。
英二は親父さんだった(汗)
| しんちゃん | 2007/06/30 4:38 PM |

しんちゃん
あ、つっこもうと思ってたのに(笑)
船越栄一郎ありかもー。いいかもー。
| ざれこ | 2007/07/02 4:19 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.zare.boo.jp/trackback/688473
トラックバック
「守護天使」上村佑
守護天使上村 佑 (2007/03)宝島社 この商品の詳細を見る ぷぷぷっ(笑)。なんじゃこの本は。 アホほど笑えてしまったー! 須賀啓一は、チビ、デブ、ハゲ、と見た目の冴えない50歳のダメ親父。 しかも鬼嫁から貰う少な
| しんちゃんの買い物帳 | 2007/06/29 11:31 AM |
倉田真由美 結婚
Q漫画家の倉田真由美さんをどう思いますか?自分はだめんずを批判しているのに、今だめんず(と思われる人物)と結婚しているじゃないですか。全く説得力ないと思いませんか?A学ばない女だと思います。「自分が最後の女になればいい」と言ってますが、本気で思っているん
| 芸能ニュース | 2009/11/10 7:34 PM |
NOW READING
ざれこの今読んでる本
Selected Entry
Categories
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Profile
Search this site
Sponsored Links