本を読む女。改訂版

関西弁でだらだらと本の感想書いてます。
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「聖母(マドンナ)の深き淵」柴田よしき | main | 「停電の夜に」ジュンパ・ラヒリ/小川高義訳 >>
# 「月神(ダイアナ)の浅き夢」柴田よしき
月神(ダイアナ)の浅き夢
月神(ダイアナ)の浅き夢
  • 発売元: 角川書店
  • 価格: ¥ 880
  • 発売日: 2000/05
  • 売上ランキング: 49086
  • おすすめ度 4.5


RIKOシリーズ第三弾。RIKOシリーズの中では一番面白い作品でした。
少々長くても読んできた甲斐があったなあ。

緑子も子どもが3歳になり、夫明彦と同居し、安定した生活を迎えるにつれ、
どうして刑事を続けているのかわからなくなっている。
私生活まで脅かす山内の影・・・。守るものができて臆病になっていく緑子。
そんな中、連続刑事殺人事件が発生。若くて美男子の刑事ばかりが狙われ、
彼らは手足と性器を切られ首を吊られて発見される。その異常犯罪に
緑子の元同僚の高須は怯えきって、緑子も不安を募らせる。
そして、捜査が進むうち、事件の背後に春日組、そして山内の影がちらつくように・・・

ここからちょっとネタバレかもしれませんが。どうしても。
今回の事件は山内の物語と思って読みました。山内は頻繁に登場しますが、
前作ほど残酷なヤクザではなくて、彼の過去やら秘めた一面やらを知ってる読者の目で読むと、
彼の孤独や寂しさが浮き上がってくるような気がして、心ふさぐ思いでした。
彼が、自分が見つけた同士となる人に何をどう語っていたのか、そんなことを思うと。
でもラストシーンはすごく良くて、むしろ清々しいような彼を見てると、こちらも温かくなって。
ハッピーなわけでは全然ないんだけど、一時でも素の時間を過ごせた彼は
幸せだったかもしれない。
くうっ、もう完全に私は山内にノックアウト(死語)です。やられました・・・。

刑事惨殺事件は、過去の冤罪事件も絡み、例によって複雑な展開を見せていく。
でも、このくらいの複雑さならついて行けるし面白く読める。
まあけっこう先は読めるし「あれ、まだ気づいてへんのん?」と言いたくなるような
まどろっこしい展開であるけれど、錯綜する事実を地味な捜査によって一つ一つ潰して
真相に近づいていく様子に、刑事ものを読んでるなあという醍醐味を味わえました。
緑子のことを初めて「優秀な刑事かもしれない」と思いました。それってどうよ・・・。

過去の冤罪事件は、緑子の夫、安藤警視も絡んでいる事件なんですが・・・、
相変わらず影薄いなあ、旦那。興味深い人物ではあるんだけど、どういう人なのか、
いまいちよくわからないのです。シリーズ全編通してそうなのよね。大事な人やのに。
安藤警部は「聖なる黒夜」でも麻生のライバルとして出てきてましたが、
その時の方が印象が濃かった気がします。あの時はむっちゃ脇役やったのに。謎・・・

まあそれだけ麻生と山内を描きこんでるわけですよ。誰のシリーズかやっぱりわからんぞ。
このシリーズの2,3作目が出てから、「聖なる黒夜」が出版されるのは、2作目からだと
6年くらい後になるんだけど、2作目を書いているときから、番外編となる「聖なる黒夜」の
プロットはしっかりできあがってたみたいで、その影が色濃く2作目と3作目には落ちてます。
作家ってすごいなあ、計算し尽くされた仕事してるなあ、と感心しきりでした。

しかしなあ、緑子、彼に手をつけたのは私は許せんぞー。
淫乱なのは勝手だしモテてモテてしょうがないから笑いも止まらないだろうけど、
(もちろんこちらは面白くないけど、)でも彼には・・・・。嗚呼。
ま、予想の範囲内でしたけどね。でもきっとあれがあったから、山内は最終的には
緑子に優しいんだろうと思うしね。
って、読んでない人にはさっぱりでしょうが、ごめんなさい。熱くなってしまって・・・。

さて、これも読んだことやし、麻生がらみでは、
あと「所轄刑事麻生龍太郎」を残すだけとなりました。
こちらは山内と出会う前の麻生龍太郎のようですが、RIKOシリーズにもちらっと出てくる
及川刑事との過去が明らかになるんでしょうかね。気になる。
| comments(2) | trackbacks(1) | 14:51 | category: 作家別・さ行(柴田よしき) |
コメント
このシリーズは緑子は要らんよねー。これは暴言かな。
同じく山内様に、ラブしまくりでした!
| しんちゃん | 2007/04/12 9:38 AM |

しんちゃん
私も緑子はいいよ、と思ってしまった派です(笑)
山内、男でも惚れるんですねー
| ざれこ | 2007/04/14 12:38 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.zare.boo.jp/trackback/663113
トラックバック
「月神の浅き夢」柴田よしき
月神(ダイアナ)の浅き夢柴田 よしき (2000/05)角川書店 この商品の詳細を見る 若い男性刑事だけを狙った連続猟奇殺人事件が発生。 手足、性器を切り取られ木にぶらさげられた男の肉体。誰が殺したのか? 次のターゲット
| しんちゃんの買い物帳 | 2007/04/12 9:31 AM |
NOW READING
ざれこの今読んでる本
Categories
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Profile
Search this site
Sponsored Links