本を読む女。改訂版

関西弁でだらだらと本の感想書いてます。
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「チョコレートコスモス」恩田陸 | main | 「最後のウィネベーゴ」コニー・ウイリス/大森望訳 >>
# 「図書館危機」有川浩
図書館危機
図書館危機
  • 発売元: メディアワークス
  • 価格: ¥ 1,680
  • 発売日: 2007/02
  • 売上ランキング: 1116
  • おすすめ度 4.0


待ってました、3作目。またもや一日で読みきりました。
図書館シリーズはわりと分厚いですが、2,3日かけてゆっくり、
なんて気に全然なりませんねえ。一気に読まないと気がすまない。
登場人物たちがテンション高いからかなー。

と、読みきったのはだいぶ前なんですけどね。
ちょっとばたばたっとして感想が書けずにいたら、記憶はだいぶ彼方に
行ってしまっています。一気に読んだ分一気に消える・・・。
ストーリーを既に少し忘れかけていますが、頑張って書こうっと。
今回はまた短編集でした。短い掌編数編に、中篇が一つといった感じ。
王子様の正体がわかってしまってぎゃーーーーーとなっている郁が
その混乱の中で巻き込まれるのは痴漢騒動。おとり捜査で女らしくなり、
堂上に照れた無愛想なコメントをされて舞い上がったりするのはお約束。
王子様騒動が案外引っ張られずに終わってしまって、ちょっと物足りない。
もっとがんがん混乱してとんでもないことになるかと思ったのになー。
ま、いいけどね。にやり。

次にやってきた事件は演技派若手俳優の出生に関わる事件。
玄田隊長の腐れ縁の折口記者がインタビューした彼の生い立ち、
家が「床屋」であることが検閲にひっかかるので、文字を差し替えたら
俳優が怒った。そして話がどんどん大きくなっていって・・・。

「床屋」って今の世の中でも差別用語なんだって知ってましたか。
「八百屋」も「魚屋」もらしいんですけど、なんで差別なのか、
私はいまだにわからない。近所の八百屋さんに小さい頃「はじめてのおつかい」を
したし、近所の魚屋さんは活きのいいカレイを持ってきてくれました。
小さい頃は床屋で髪を切っていたし。え、何がどう差別?
これ読んで、郁たち同様憤ってしまった。

なんつうか、差別をなくそうと騒いでいる人たちがむしろ差別を作っていないか、
日本ってそうじゃないか、なんかそんな気がしてしまいます。
今まで就いてた職が「実は差別用語で」って言われた時、どれだけ今までの
人生が否定されるかってことですよ。しかも「差別用語」だから「使うな」と
言うわけでしょう?自分の職業をそう呼べない。なんなんだろ。差別って。

と、この回ではすごく考え込んでしまいました。聾唖者のくだりでも思いましたけど、
軽くポップに、重い問題をさらっと読ませて考えさせる、この著者のスタンス、
好きというか、すごいなと思います。

ま、でも最後に堂上と郁はそれをネタにいちゃいちゃと・・・。
つうかお前らもう好きにしろ、みたいな。
1作目で堂上に惚れてしまった私ですが、2作目でちょっと熱が醒めて、
今回また再燃。郁と堂上がいちゃいちゃするたんびに、自分のことのように
胸がときめくのです。はああ。病気でしょうか。奴は郁といちゃいちゃしてるのに。
あんたたちコインランドリーで何やってんだよ、とか思いつつ、
ああこんな恋愛っていいなあ、と素で思ってしまうのです。
戻って来い私の青春。・・・いや、こんな時代はなかったんだけどね。
こう、やたら大事にされるというシチュエーションね。猿みたいに凶暴な女が
何故か大事にされるというね。私は大事にされないキャラなので、羨ましいのです。

まあでもここまでいっちゃうとほんま好きにしろの域に達してて、
遠巻きに眺めるレベルにいってるんだけど、気になるのは柴崎と手塚ね。
ほんまこのシリーズ月9だよなあ、と思うのは、脇役もちゃんとこうやって
恋愛モードに入ってくことね。月9の登場人物は全員恋愛しちゃってるからね。
福山とかが出てたら特にね。矢田亜希子とかいるとなおいいね。あ、これ余談ね。
その定義をちゃんと守って、柴崎と手塚も動き出したわけだけど、
彼らからは目が離せないですね。二人とも変にひねくれてるからねー。
いやあ、どう転ぶかねえ。場合によっちゃ、4作目最終巻では
私は手塚にメロメロかもしれんわ。それは楽しみかも・・・。

でも、ここまで読んできていいなあって思うのは、郁も手塚も柴崎も、
特にこの3人の同期で思うんだけど、お互いがお互いに、だんだん、
いい影響を与えてきてるなあってこと。郁は柴崎や手塚の考えを受けて
どんどん落ち着いてきてるし、柴崎も手塚も、郁の一本気なところにやられて、
なんかより人間味ある方に変わっていってる。
誰かが誰かにいい影響を与え合って、お互いに成長していってる彼らの姿が、
すごく羨ましくも感じるのでした。
恋愛だけじゃなくて、そういう部分でも、青春っていいなあと思います。

と、月9モードで読んでいたら、図書館と良化委員会の本格的な闘いが始まります。
後半の戦闘モードの動機や、彼らが守るものがどれだけ大切なものか、
表現の自由を守るという図書隊の精神には感銘を受けたし、手に汗握って読みました。
この作品のSF的設定には疑問もあったけど、だんだんと全く気にならなくなったのは、
彼ら図書隊の姿勢は常に正しいし、それが現代の我々に確実に訴えてくるもの
だからだと思います。うまくいえないけど。例えば床屋の話だったり。
何か、方向性が間違ってるんじゃないかな、今の日本、みたいな話だったり。
本当に守られるべき自由は本当に守られてるのか、
本当に是正すべき差別は本当に是正されてるのか。
当たり前なことをたちかえって考えるのに、この設定は必要だ。今ではそう思います。

さて、ちょっと真面目に締めましたが、次回が最終巻だそうです。
今までは「ま、3、4回目くらいで締めるのが引き際としていいよね」くらいに
思ってたんだけど、いざ次で最後となると、なんかすごいさびしいですね。
ずーっとこのドタバタ月9恋愛劇につきあわされてもかまわないような、
むしろ本望なような気さえしてきました。堂上にもうすぐ会えなくなる・・・。
でも、終わりを楽しみに待とうと思います。あまり引っ張るのもね、よくないよね。

しかし、「ガラスの仮面」は、むしろ終わらないから名作であって、
だからこそ私は速水真澄に夢中なのではなかろうか。みたいな。
それは違う話ですか?
| comments(4) | trackbacks(13) | 02:11 | category: 作家別・あ行(有川浩) |
コメント
この感想をもニヤニヤしながら読んでいる私ですが…(笑)。そう、ほんと、「あたりまえのこと」をあらためてこんなふうに考えさせてくれる、有川さんに脱帽です。だってこの胸キュンの中でですよ?!ありえない…。すばらしいなぁと思います。

…なお、オチに速水真澄が出てきたところで爆笑しました。ありがとうございました(笑)。
| chiekoa | 2007/03/15 11:20 AM |

こんにちは★
郁の成長めざましい作品でしたね。
たくさん泣いて、怒って、笑って、たくましくしなやかな女性になってほしいですねっ。
そのころにはきっと堂上ともお似合いに…(*≧m≦*)
カミツレのエピソードはこころをわしづかみにされたような衝撃を受けました。
いよいよ最終巻ですね〜。
皆のこころに希望が灯るような結末を期待したいです。
| Rutile | 2007/03/15 2:20 PM |

ざれこ 様

有川浩さんの作品は、表情が抑えきれないので通勤途中で読みにくいのが最大の難点です。
結局我慢できずに口元をハンドタオルで隠しながら一気読みしたのですが…
お約束どおり電車も乗り過ごしました。

あとがきで次回最終巻ということにも驚きましたが、新井素子の“星へ行く船”シリーズを好きだと熱く語っていたことに共感してしまいました。
笹本祐一の“妖精作戦”シリーズも読まなくては思ってます。

早く続きは読みたいけれど、終わってしまうのは悲しい…

ここまで思わずにやけさせていただいた作品です。
乙女と笑われてもいい。ハッピーエンドを期待しています。
| kazumi | 2007/03/15 9:32 PM |

http://fornsk8.blogspot.com非常によい場所
| Discount Tires | 2007/09/12 7:16 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.zare.boo.jp/trackback/653813
トラックバック
【億万長者になるための黄金の投資術】 初心者の私も毎日5万円稼げた!成功率97.2%の投資術「サヤ取り」で、あなたも億万長者に!
  主婦も、サラリーマンも、大学生も、株で副収入! 【億万長者になるための黄金の投資術】 初心者の私も毎日5万円稼げた!成功率97.2%の投資術「サヤ取り」で、あなたも億万長者に!   ...
| Gold Digger | 2007/03/15 4:20 AM |
出会いまた出会い
livedoor Blog - タグ: 結婚 livedoor Blogにあるタグ: 結婚 記念日ディナー princess_buThu, 15 Mar 2007 08:12:21 0900 http://blog.livedoor.jp/princess_bu/archives/50871708.html ...
| 出会いまた出会い | 2007/03/15 10:42 AM |
図書館危機 [有川浩]
図書館危機有川 浩 メディアワークス 2007-02 王子様、ついに発覚!山猿ヒロイン大混乱! 玄田のもとには揉め事相談、出るか伝家の宝刀・反則殺法! そしてそして、山猿ヒロイン故郷へ帰る?!そこで郁を待ち受けていたものは?! 図書館シリーズ第三弾、またまた
| + ChiekoaLibrary + | 2007/03/15 11:16 AM |
『図書館危機』有川浩
シェアブログ1152に投稿 うふふふ。もはや得意技なのか。 先日堂上&郁が夢に出てきました!! 残念ながら彼らのカラミではなかったのですが、 私は郁とふたりで夜景を見にいったんですよ〜。 (郁に夜景…ってなんかガ
| 道草読書のススメ | 2007/03/15 2:18 PM |
有川浩  図書館危機
図書館危機 有川 浩 図書館シリーズ3作目。読み終えての感想は一言、すごかった・・・ 前2作に比べて戦闘シーンも比ではなかったし、女子寮でのいじめも格段に上がってたし、親子喧嘩も全てにおいてパワーアップしているような感じがしました。もちろんベタ甘
| マロンカフェ 〜のんびり読書〜 | 2007/03/15 4:29 PM |
「図書館危機」を読む
「図書館危機」有川浩/著(メディアワークス刊)図書館危機なにはともあれ、玄田隊長!!今回は、コレにつきます。(-.-)中盤から後半にかけては、隊長のかっこよさはハンパないね。いや、ホント。心臓に悪いわ〜〜〜。折口さんに、あんまし心配かけんようにね。(^_^;)
| 怪鳥の【ちょ〜『鈍速』飛行日誌】 | 2007/03/15 11:42 PM |
「図書館危機」 有川浩
図書館危機posted with 簡単リンクくん at 2007. 3.13有川 浩著 / 徒花 スクモイラストメディアワークス (2007.3)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2007/03/17 1:14 AM |
図書館危機  有川浩
横隔膜が痛い? 甘いよ小牧。こちとら腸が捻れて顎が外れそうだよ。 今一番私を涙させるのが辻村さんだとすれば一番笑かしてくれるのは、そう、有川さんです。というわけで読みました図書館シリーズ第3弾『図書館危機』戦争、内乱の次は危機、クライシスですよ皆
| 今更なんですがの本の話 | 2007/03/31 8:38 PM |
「図書館危機」(有川浩著)
 今回は 「図書館危機」 有川 浩著 です。この本は図書館シリーズの第3作目ですね。
| たりぃの読書三昧な日々 | 2007/03/31 10:45 PM |
図書館危機 有川浩
イラストは徒花スクモ。書き下ろし。 有川浩『図書館戦争』シリーズ最新刊!!図書館は誰がために―王子様、ついに発覚!山猿ヒロイン大混乱!玄田のもとには揉め事相談、出るか伝家の宝刀・反則殺法!―そしてそして、山猿ヒロ
| 粋な提案 | 2007/06/14 3:57 PM |
(書評)図書館危機
著者:有川浩 図書館危機価格:¥ 1,680(税込)発売日:2007-02 憧れ
| たこの感想文 | 2007/07/06 10:45 AM |
図書館危機/有川浩
読書期間:2007/7/25〜2007/7/28 王子様、ついに発覚! 山猿ヒロイン大混乱! 玄田のもとには揉め事相談、出るか伝家の宝刀・反則殺法! そして、山猿ヒロイン故郷へ帰る!? 終始喧嘩腰で「図書館戦争」シリーズ第3弾、またまた推参!
| hibidoku〜日々、読書〜 | 2007/08/04 1:03 PM |
【図書館危機】 有川浩 著
「…手塚、うるさいから笠原さんどっか持ってって」 「持ってって」、表現ピッタリのお笑いシリーズ第3作スタート [:拍手:] 昇任試験では、手塚の弱点を見たり、オリジナリティ豊かな郁、やっぱりキレのある柴崎、みごと個性が絡み合っていく。 図書館は誰がた
| じゅずじの旦那 | 2007/09/11 11:07 PM |
NOW READING
ざれこの今読んでる本
Selected Entry
Categories
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Profile
Search this site
Sponsored Links