本を読む女。改訂版

関西弁でだらだらと本の感想書いてます。
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2006年の新刊本ベスト投票はじめます。 | main | 「ストリート・キッズ」ドン・ウインズロウ/東江一紀訳 >>
# 第136回芥川賞、直木賞
芥川賞は青山七恵さん、
直木賞は該当作なし、に決定しました。

つうか、読みました?直木賞選考委員。
文藝春秋の作品しか読んでないんじゃないの?

とか思う私はひねくれてますでしょうか。

結果を楽しみに待っていましたが、もういいや、飯食おう。
| comments(2) | trackbacks(1) | 20:12 | category: 雑記 |
コメント
芥川賞だけ!
ねぇせっかく皆さんが直木賞を待っているというのに。

林真理子が受賞なしだあと決めたな。なんとなくなんとなく。
| されど我が日々 | 2007/01/16 8:18 PM |

なんかアサヒコムによると池井戸氏と三崎氏が最終的に残って、結局賛否両論で決められなかったとのこと。意外な展開でしたが、じゃあどっちにもやればいいのに(おい)。
林さんは誰を支持したんでしょうかねえ。
| ざれこ | 2007/01/17 1:00 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.zare.boo.jp/trackback/631849
トラックバック
第136回芥川賞・直木賞受賞作と候補作
第136回芥川賞は、 「ニヒリズムに裏打ちされた人生の流転が鮮烈に描写されていた」 「言葉の組み合わせが厳密で抑制されている」などと評価され、 青山七恵さんの「ひとり日和」に決まりました。 青山七恵さんは第130回の綿矢りささん、金原ひとみさんに
| 及川的大人のブログ | 2007/01/17 6:47 PM |
NOW READING
ざれこの今読んでる本
Selected Entry
Categories
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Profile
Search this site
Sponsored Links