本を読む女。改訂版

関西弁でだらだらと本の感想書いてます。
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「三人目の幽霊」大倉崇裕 | main | 「死亡推定時刻」朔立木 >>
# 「ガール」奥田英朗
ガール
ガール
  • 発売元: 講談社
  • 価格: ¥ 1,470
  • 発売日: 2006/01/21
  • 売上ランキング: 4703
  • おすすめ度 4.5


「そうよ、きっとみんな焦ってるし、人生の半分はブルーだよ。既婚でも、独身でも、子どもがいてもいなくても」
(略)
由紀子は車両に乗り込んだ。半分はブルー、か。口の中でひとりごとを言う。
女は生きにくいと思った。どんな道を選んでも、ちがう道があったのではと思えてくる。

(「ガール」より引用)

そう、そうなんです、よくぞ言ってくれました。
女はどんな道を選んでも、どこか悔いてるんですよ。別の人生があったかもって。
男にはたくさんのレールは引かれてないでしょう?女には無数のレールが引かれてて、
選んでそっちに乗る人も、仕方なくその線路で我慢する人も、
いろいろいるのです。でも皆、他の行き先をどこかでうらやんでる。
結婚してても、独身でも、子どもがいてもいなくても。
ほんま、女は生きづらい。そうそうそう、とオヤジみたいにうなってしまった。

正直ね。奥田さんっておっさんじゃないですか。はっきり言っちゃいますけど。
おっさんに30代独身女の気持ちがわかってたまるかー、と、
ちょっと喧嘩を売るくらいの気持ちで読み始めたんですよ、この本。
しかし引用を読んだらわかると思うけど、ちゃんとね、女の大変さを
わかってくれてるのです。驚きました。
誰か、非常に優秀なアドバイザーがいるに違いない。羨ましいです、奥田さん。
課長に昇進してしまって、年上の男係長との確執に悩む「ヒロくん」、
マンションを買おうか悩みつつ、秘書課と喧嘩を繰り広げる女を描いた「マンション」、
若くないと思いつつまだガールな自分達から抜けられない女達を描く「ガール」、
息子がいながら営業に復帰した女性の奮闘を描いた「ワーキング・マザー」、
そして年下の新入社員にときめいてしまう女性社員を描く「ひと回り」、の5編。

他にもいろいろ頷くところはあった。例えば合コンについてのくだり。
合コンは別に相手を探しに行ってるわけじゃなくて、同じようにあぶれている仲間を
見つけて安心して、更に「今でも相手を探している自分」に満足できるという
貴重な場なのだ。そんなようなことが書いてあって、わかるわかる、と読む。
まあでも、そんな合コンでせめて刹那的にでも楽しければいいが、全く楽しめない私は
苦行でもあった。私ってこんなに頑張ってる、という満足感はひとしおだけどね・・・。
感じいい人が集まってる合コンでも、「僕、ハムスター飼ってて、かわいいんですよ・・」って
ぼそぼそ喋る男の前に座ってしまうし、無言で並ぶ3名の無趣味男性の前で
女性3名でネタ披露会を繰り広げ「今日は面白かったです!」ってメールをもらったり、
モーニング娘。ファン5人組(30代後半、全員デブメガネ)とした合コンとか
(あとで友達がストーカーまがいの電話攻撃にあってた。リアル女もOKなのね)、
医者というから色めき立って行ったらバイト掛け持ちして貧乏自慢する研修医だったりとか、
・・・まあ、苦行である。

しまった、合コンのことになるとついいろんな怒りがよみがえる。
気を取り直して本の話を。他に頷いたのが、子どもがいる女性についての考察。
子どもがいる女性は、つい子どもがいることを前面に押し出しすぎる。
なんてことが書いてある。子どもがいるから私に気を遣え、的なことを
全身で表現しているお母さん達は確かにいるし、それが鼻につくことも確かにある。
でもね、お母さんはそのくらい図々しくないと、やってけない部分もあると思うんだよね。
まだまだ社会は子育てに対して厳しいと思うねんな。だからそのくらい気を張ってないと、
子どもは育てられないと思う。その気持ちもわからなくはない。
同じ女だし、今は独身でも、いつかはそっちにいけると思っている、宙ぶらりんな立場だから。
でも、母親ヅラされると反感は覚える、時はある。わかる気は、する。

女同士は理解できる、立場が違っても、結局同じ女じゃないか。
そんなメッセージを奥田氏は爽やかに私に伝えてくれた。
子どもがいても独身でも、それぞれ羨ましく妬ましいけれど、それでもわかりあえる、
そんな爽やかな結末は心地よくもあったが、そこはまあ、夢だよな。
立場が違うと女はわかりあえないと思うんだよな。それこそ、男女間よりもっと。
そこには壁がある。はっきりとある。私はそれを実感してる。

先日友達5人で会った。ご飯を食べに行こうってことになって、一人は子持ちだから、
子どもを連れて行かないといけないかもしれず、個室がいい、と言うので、
他の友達がせっせと個室で食べられそうなところを数軒選んでメールをくれていた。
だけど「もっと近くがいい」と友達の選んだところを全部却下して別の店を指定してきた。
ノータッチで読んでただけの私だが、友達はせっかくいろいろ考えて選んでたのになあ、と。
しかも当日子どもは「親に預けた」って連れてこなかったし。
まあ、そんなことは些細すぎることなんだけど、ずっと仲がよかった友達なのに、
子持ちと独身、という、全く違う立場になってから、急に目の前に深い溝ができあがったいた。

5人で会ったうち、友達は一人は独身のまま係長になり、
もう一人の友達は最近急に見合いをはじめ、結婚を前提につきあい始めた。
もう一人は働きながら不妊治療をし、子どもがいる友達とはしばらく会いたくないって
言ってたけど、でも最近妊娠に成功。そして子持ちの専業主婦の友達と、
仕事を真面目にするでもなく結婚するでもなく刹那的に過ごしている私、の5人。
にこやかに話しながらも、それぞれお互いに微妙な壁を作ってやり過ごしている気がする。
独身側はいつかは自分もあちらに行けると思ってるし、結婚した側は独身時代もあったから
私らの気持ちもわかるのだろうが、どこかぐずぐずしている私たちに姉のように接する。
でも時折、「私は旦那の金で服買ってる」とか、自虐的な発言も出たりして、
それにすごく私らに会いたがるようなメールもくれる。子どもとずっと一緒で
ストレスもたまるんだろう。早々にそっちの世界に行ってしまった彼女を羨むような、
気の毒に思うような。でも明らかに立ちはだかる壁。それは気のせいではなく確かにある。
こんな壁、学生の時はなかったのにな。寂しい。女は歳を経ると、友達が減るよな。
で、私も結婚したり子どもができたら、あっち側にいくんだろうか。複雑だ。

それでも皆それぞれの立場で、頑張ってやってる。
子ども育てるのだって大変だし、ずっと自分は一人かもしれない、と恐怖を感じつつ
独身でいるのだって大変だ。お互いがお互いを羨ましいかもしれないけど、
それでも、お互い大変なんだ。それをお互い忘れちゃいけない。

この本は、女性が全員働いていたから、まだ溝が少なかったかもね。
働いている者同士だから、子どもがいようが立場が違おうが、わかりあえる部分はある。
女だから抱える悔しさ、しんどさを皆経験してるから。
女同士だしわかりあおうよ、男の苦労もわかろうよ、そんな風に、肩を押されている気がした。
自分だけがしんどいわけじゃ、ないんだよね。と、元気をもらえる、頑張るOLたちの小説だ。
恋愛がほとんど絡まないのも、好感度高かった。
女はいっつも不倫とか恋愛とかばっかりしてるわけじゃないよー。そんな本、多いよー。

まあでも、ここまでわだかまりがすっきり解けるかといわれると、
やっぱりどうかなーって気もするけど、力技で納得させられる感じ。
いっそこのくらい、世の中のもやもやがすっきり解決してくれれば気分いいよねー、って
心地よくなる、「そんなうまいこといくかい」って批判する気にならない、
気持ちいい物語たちだった。この読後感のよさは奥田さんならではです。

これ、桐野夏生とか角田光代とかが書いてたらもう大変でしたよ。
しばらく立ち直れないくらいどろどろな展開にもってかれるところが、
さっぱりした奥田さんテイストになってるからいいんだよなあ。
どろどろはどろどろでまた読むけどね。こういうのもいい。

まあ、月9に出てきそうなOLたちだったけど。私みたいな田舎の事務員とはほど遠い感じ。
ちょうど今やってる月9の「サプリ」にイメージが近い。
ありえないくらいお洒落なオフィスに、ありえないくらい綺麗なOL。
華やかな職業。ステキな上司(佐藤浩市!)にステキな同僚(瑛太!)
夢だ。ファンタジーだ。・・・実際、1話だけ見てあとは見なかった。ありえん。
・・・しかし、伊東美咲が仕事できるようには到底見えなかったな。
白石美帆もな(←この人は単に嫌いなだけ。)
| comments(8) | trackbacks(13) | 01:36 | category: 作家別・あ行(奥田英朗) |
コメント
合コンのくだりは、私も共感した記憶があります。
そうそう、そういうものなのよ、って。
参加することに意義があるんですよね。
結果を求めて参加してはいけないんです!

あと、月9のくだりにも納得。本当に、そんなイメージの本でした。
「サプリ」ちょこちょこ見てたんですが、
最後の最後まで伊東美咲は仕事のできる女性には見えませんでしたよ。
他の配役はざれこさんのおっしゃるとおりなかなか魅力的だったし、
亀梨くんのほうは、回を重ねるごとに良く(かわいく)なっていて、
おばちゃんのハートをがっちり掴んでくれたし、はまり役だったので、
あのドラマがこけたのは、設定と伊東美咲に無理があったんでしょうね。

・・・なんか、それましたね。すいません、変なコメントで(笑)
| ゆうき | 2006/09/21 1:47 AM |

奥田さん
ほんとうに有能なブレーンがついているんでしょうね。
女性に関する。
それとも、プロフィールが偽者で本当は女性、とか。
そういわれてもちっとも驚きません。

それにしても...ざれこさんのお友だち関係
そのままドラマになりそうですね。
すべてのバリエーションが揃っているみたい!
| ふらっと | 2006/09/21 6:50 AM |

合コンって、ほとんどしたことないんですよね。一度、高校時代の友人にセッテイングしてもらい看護婦さんとしたことがあるのですが、男性メンバー全員が久しぶりに会う高校時代の友人、加えて女性メンバーのひとりもなぜか、高校の同級生。合コンというより、同窓会のノリ・・おかしいなぁ。
この作品は男性が読んでも、主人公に共感して読める作品で、さすが奥田英朗と思いました。
でも、ぼくは奥田英朗には長編を期待するのです。

ところでサプリは最終回だけ少し観ましたが、伊東美咲のどっしりした存在感に比べ、亀梨くんが弱すぎたような印象が・・。やはり、亀梨くんでは若すぎるのでは?瑛太って、だれよ?と家人に聞いてしまいました。世の中には知らないタレントばかり。あ、オヤジだ(苦笑)
| すの | 2006/09/21 8:42 AM |

合コンって、行ったことがないけどそういう感じなんでしょうね。よくわかります(笑)

桐野さんが書くと、立ち直れないような本になっちゃうのも。同感・・・(苦笑)
| ゆう | 2006/09/21 9:22 AM |

あぁ、そうか!
優秀なアドバイザーがいるから、あんな事が書けるのか!
だって女性だったら誰もが無意識に隠してしまうような
心の裏の裏まで書かれているから(汗
| このみ。 | 2006/09/21 1:33 PM |

ざれこさんのレビューにいちいち頷く私。
たしかに桐野さんや角田さんが書いたら
ドロドロして、30代ってどうなのよ?って気持ちになっちゃいそうですね。

「サプリ」私も1話で切ってしまいました。
男性陣はステキだったんですけどねぇ。
伊藤さんのサイボーグっぷりが辛かったです。
| なな | 2006/09/21 10:51 PM |

ゆうきさん
合コンは参加してなんぼですよね。結果を出している友達を一人も見た事がない。それはそれで変な人間関係なんだろうな・・

月9は、ちょうど私の見た回ではまだ亀梨くんはダメダメのバイト君であからさまに空回りしてて、そりゃ瑛太も無視するわ、って感じやったんですけど(笑)、あれから成長したんですね。ふーん。伊東美咲の演技力はちょっと目を覆いたくなりますが、あれだけ綺麗だとそんなことどうでもいいか、なんて思います。嫌いになれない女優さん。中山美穂レベル(笑)、でもこのドラマはなあ。まだ、天然っぽい役の方がましですよね・・・。

コメントはそれてなんぼ、つうか私の感想がそれてるのです(笑)すんません。

ふらっとさん
そう、ちょうど今いろんなバリエーションの友達がいてる感じです。女の30代前半は、ほんま過渡期ですよね。まあこのあと、だいたいの人が子持ち主婦にシフトするんでしょうが、私はその流れに乗れるのかしら。ま、どっちでもいいんですが(笑。そこがダメなゆえん)
奥田さん、今回随分リサーチしたんだと思います。でも、奥田さんが女だったら、伊良部シリーズも女性が書いてるってことに・・・微妙・・・(笑)

すのさん
男性は結婚したとたん「合コンしたい」と騒ぎ出すイメージが(笑。数名知ってます・・)
私も合コンったって、私が男友達を女友達に紹介することが多いので、私だけがほぼ全員の顔を知ってるという事態で、出会いもくそも、みたいな。既にお見合い紹介所のおばちゃんと化してました。なんだかな。

そういや最近奥田さん、長編はかかれてませんね。私も「サウスバウンド」的、重厚で爽やかなの読みたいなあ。

サプリはですね、あれ、ゆうきさんと感想が正反対なんですけど、これもやはり男女差?(笑)伊東美咲は、確かに存在感はありますねえ・・・。

ゆうさん
あ、行かれたことないんですね、合コン。不毛っすよ(笑)
桐野さんが総合職OL書くと「グロテスク」になっちゃいますからね、この差は・・・。(苦笑)

このみ。さん
だと思いますよー。奥田さんが自分で感じ取ってくれてたんだとしたら、ある意味男の鑑ですよね。一生ついていきます、って感じですけど。あ、きてほしくないか。(笑)

ななさん
角田さんの描く30代も「対岸の彼女」とかだし、やっぱり随分違いますね。どちらも好きだけれど、男性視点からの方が新鮮で楽しめたりもしました。
伊東美咲は確かにサイボーグっぽいですねえ(笑)
| ざれこ | 2006/09/22 12:32 AM |

なんでこんなに女性心理がわかるの?奥田さんてばすごい!って思ってたんですけど、優秀なアドバイザーがいるのかもしれないですね〜、うんうん。
私も数回人数あわせで合コンに行った事あるんですけど、同じく苦行みたいでした。(苦笑)今度は絶対行くもんかーー!と思うのに時間がたつと今度こそいいことあるかも?と思って行って後悔して・・・(苦笑)大学時代の知り合いの中に合コンが縁で知り合って結婚した人を1人知ってますがこれは本当に珍しいケースなのかもしれないですね〜
| 板栗香 | 2006/09/22 2:00 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.zare.boo.jp/trackback/578598
トラックバック
■ ガール 奥田英朗
ガール奥田 英朗 講談社 2006-01-21by G-Tools , 2006/04/29 30代の働く女性の心境を描いた短編集。作者が男性なのに、女性に対する夢も理想も妄想も入ってなくて、感じが良かったです。女性の本音をちゃんと描いてくれていて、登場人物の「心の中の声」には
| 本を読んだら・・・by ゆうき | 2006/09/21 1:40 AM |
「ガール」奥田英朗
「ガール」奥田英朗(2006)☆☆☆☆★ ※[913]、国内、現代、小説、女性総合職、30代、キャリアウーマン 毎度のことながら、あらすじありです。未読者は、注意かな? いや、おもしろかったぁ! おもしろいという評判は、幾人かの本読み人仲間のレビューで知って
| 図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜 | 2006/09/21 5:04 AM |
ガール*奥田英朗
☆☆☆☆・ ガール奥田 英朗 (2006/01/21)講談社 この商品の詳細を見る さ、いっちょ真面目に働きますか。 キュートで強い、肚の据わったキャリアガールたちの働きっぷりをご覧あれ。 30代。OL。文句ある? こんなお
| +++ こんな一冊 +++ | 2006/09/21 6:52 AM |
ガール 奥田英朗
30代のOLを主人公に、日常やオフィスでの彼女達の姿をリアルに描く短編五編。 どの編の主人公をとっても、自分が同じ世代にあるためかとても共感でき、思わず自分と重ねながら読んでしまった。 働く女性のいうにいわれぬストレスや人間関係など、実にリアルに描いてあ
| かみさまの贈りもの〜読書日記〜 | 2006/09/21 9:14 AM |
「ガール」奥田英朗
タイトル:ガール 著者  :奥田英朗 出版社 :講談社 読書期間:2006/08/21 - 2006/08/22 お勧め度:★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] さ、いっちょ真面目に働きますか。キュートで強い、肚の据わったキャリアガールたちの働きっぷりをご覧あれ。爽
| AOCHAN-Blog | 2006/09/21 1:07 PM |
「ガール」奥田英朗
&lt;こんなお心あたりのある方に、よく効きます。&gt; ●職場でナメられてる、と感じた ●親に結婚を急かされた ●若い後輩の肌つやに見とれた ●仕事で思わずたんかをきった ●ひとめぼれをした ●子どもの寝顔を見て、頑張ろうと思った きっとみんな焦ってる
| テンポ。 | 2006/09/21 1:34 PM |
『ガール』 30代女性への賛歌
著者:奥田英朗  書名:ガール 発行:講談社 爽快度:★★★★★  働く30代女性を描く短編集。 「ヒロくん」: 不動産会社に勤める聖子に課長の辞令が下りた。部下に年上の男性が入っている…。 「マンション」: 大手生保勤務のゆかり。親友のめぐみがマン
| 粗製♪濫読 | 2006/09/21 5:48 PM |
ガール   〜奥田 英朗〜
奥田英朗最新刊。 30代。OL。文句ある?の帯に 『すいません、文句ありません』といいたくなるような 女性たちのお話し。 30代ではあるけど、女性ではない。 働いてはいるけど、OLではない(アタリマ
| My Favorite Books | 2006/09/21 10:40 PM |
「ガール」奥田英朗
ガール奥田 英朗 30代女性。仕事はきちんとこなし、主張もきっちりとする。女の子でもなくおばさんでもない。そんな5人の女の元気がでる物語。30歳で独身、仕事はできる。結婚という選択を捨てたわけじゃないけど、彼がいる訳じゃない。未来が見えなくて、だけど
| ナナメモ | 2006/09/21 10:48 PM |
奥田英朗 ガール
ガールposted with 簡単リンクくん at 2006. 8.18奥田 英朗著講談社 (2006.1)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る 年上の部下を持つ管理職OLやマンション購入の為、改めて自分の在り方について考える独身OL。いつまでも若々しく
| マロンカフェ 〜のんびり読書〜 | 2006/09/22 1:37 PM |
ガール/奥田英朗
ガールposted with 簡単リンクくん at 2006. 4.10奥田 英朗著講談社 (2006.1)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る 中年サラリーマンの哀愁を描いている『マドンナ』と対照的に30代半ば独身OL
| たまゆらのつぶやき | 2006/09/23 2:43 AM |
奥田英朗『ガール』●○
 2006.1.20初版。初出「小説現代」2003年〜2005年。『マドンナ』の...
| 駄犬堂書店 : Weblog | 2006/10/02 2:09 AM |
『ガール』 奥田 英朗
30代は「ガール」です!! hReview by ☆すぅ☆ , 2006/04/02 ガール 奥田 英朗 講談社 2006-01-21        会社を舞台にした小説が好きだ。特に働く女性の物語が―。 帯に こんなお心あたりのある方に、よく聞きます。 *職場
| 「女流作家」の楽しみ方〜林真理子・瀬尾まいこなどの女性作家のエッセイ・文学書評を中心にご紹介していま | 2006/11/06 11:48 PM |
NOW READING
ざれこの今読んでる本
Selected Entry
Categories
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Profile
Search this site
Sponsored Links