本を読む女。改訂版

関西弁でだらだらと本の感想書いてます。
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
<< 「シャングリ・ラ」池上永一 | main | 「悪魔のパス 天使のゴール」村上龍 >>
# 「きょうの猫村さん」ほしよりこ
きょうの猫村さん
きょうの猫村さん
  • 発売元: マガジンハウス
  • 価格: ¥ 1,200
  • 発売日: 2005/07/14
  • 売上ランキング: 118
  • おすすめ度 4.69


職場の人が貸してくれて、即読んで、翌日返して、
「2巻はまだ買わないんですか?」と詰め寄ったら、
「あんた私をせかすのん」とすごまれたので、ちょっと我慢中。
つうか、てめえで買おうかな。

猫村さんは猫だけど家事が上手。飼われていた家の優しいぼっちゃんが大好きで、
ぼっちゃんのお役に立ちたいと家事を覚えたのだ。でもぼっちゃんは海外へ、
猫村さんは住む場所がなくなり、村田家政婦紹介所におしかけ面接に行き、採用される。
そこで住んで家政婦仲間と楽しく暮らす猫村さん、そして初仕事が訪れて・・
もうすんごいツボだった。かわいすぎるわ。猫村さん。
猫が家政婦してても喋ってても誰もつっこまないこの世界もステキやし。
猫村さんも「猫扱いしないでよ」とか思ってるし。
ストーリーも猫版「家政婦は見た!」で、曰くありげな邸宅で働きつつ、
つい家族のことにちょっかいだしてしまう、そんな猫村さんの奮闘記、なんだけど、
恐ろしく日常。「今日は大仏刑事の最終回だわ。みなきゃ」とか、
「仲居探偵ぼたんさんみたいに私もがんばるのよ」とか、テレビばっかりみてるし。
そのテレビの粗筋がかなり詳しく説明されたりして、淡々としたおばちゃんの日常やんか。
でもそれがまたよかったりするんだよねえ。

鉛筆書き?みたいな手書きイラストに手書き文字が、パソコンばっかり見ている
私たちの目に優しくて、もうそれだけで癒される感じ。
猫村さんの表情もすごくかわいいし、線が少なくても人間たちもとても表情豊かで、
すごく豊かな気分になります。
ちょっとおせっかいだけど、人の温かさを大切にしている猫村さん。
ぼっちゃんとの再会を夢見て、がんばる猫村さん。
彼女にとても励まされました。ステキな本。こりゃ、買いだな。
日々眺めて癒されましょうか。うん。

続き楽しみだなあ。犬神家(笑える。猫と犬かよ)の秘密とは・・・?

| comments(2) | trackbacks(1) | 23:35 | category: 漫画 |
コメント
こん**は。
手書きの文字とイラストに癒やされるって、解るなぁ。
「猫村さん」ももちろんのことながら、私の最近のオススメは、ヨシタケシンスケさん。
ものすごく脱力系のイラスト&ヒトコトで、和ませてくれます。
てなわけで今回はTBではなく、ヨシタケシンスケさんの本について書いた記事のURLを張らせていただきました。
| こばけん | 2006/06/21 2:27 AM |

こばけんさん
ヨシタケシンスケさん・・、すごいはまりそうです。これは・・・!買ってみようかなあ。そうなるとシュールな癒し系漫画ばかり集まってしまいそうで怖いのですが。
実はこれも気になっていて・・・。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4840113319/
| ざれこ | 2006/06/22 12:26 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.zare.boo.jp/trackback/531980
トラックバック
『きょうの猫村さん1、2』 ネコの家政婦!?
著者:ほしよりこ  書名:きょうの猫村さん1、2 発行:マガジンハウス 癒し度:★★★★☆ ブームになっているインターネット漫画。最近出たその2もベストセラー。 <猫村さんは、ネコなのになぜか家政婦。前の飼い主で海外に行った「ぼっちゃん」に会うこと
| 粗製♪濫読 | 2006/07/21 1:15 AM |
NOW READING
ざれこの今読んでる本
Categories
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Profile
Search this site
Sponsored Links