本を読む女。改訂版

関西弁でだらだらと本の感想書いてます。
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「トリツカレ男」いしいしんじ | main | 「99%の誘拐」岡嶋二人 >>
# 「おやすみ、こわい夢を見ないように」角田光代
おやすみ、こわい夢を見ないように
おやすみ、こわい夢を見ないように
  • 発売元: 新潮社
  • 価格: ¥ 1,470
  • 発売日: 2006/01/20
  • 売上ランキング: 25118


私はわりとクレーム対応の多い仕事をしている。
というか、関西だから単に文句言いの人が多いだけかもしれないが。
大阪のおっちゃんは、なんかとりあえず怒って電話してきて、最初は支離滅裂やし、
仕事やのにタメ口やしうんざりするけど、我慢して聞いていると本人も怒りが整理できるのか
だんだん落ち着いてきて、何も解決してないのに、「わはは、いうてやったわ」的な、
朗らかなすっきりした声になって、タメ口だからやたら親しげになったりもして、
だから案外後腐れがない。
案外大変なのが女性の方で、こてこてのおばちゃんは男らしい(!)ので後腐れないけど、
インテリな女性が苦情でかけて来たときは、「よくそんな意地悪な言い方できるなあ」と
感心してしまうくらいのイヤミを言われたりする。
私が赤の他人だからかもしれないし、もともとそういう人なのかもしれないが。
あ、女性に限らないか。プライド高くて女の腐ったような男も、芸術的なイヤミを言うもんな。
もともと、誰かの言うことに怒ることはあっても、その怒りを本人の前にぶつけたり
しないタイプの私は、そうやって誰かに的確に怒りをぶつけて、向こうが傷ついたら
もしかしてすっきりするのかなあ、なんて思う。
陰口はもちろん叩くから、それよりましかもしれないし。
でも、相手が明らかにむかつくのをわかって悪意をぶつけることなんかできない。
全部自分に、自己嫌悪として跳ね返ってくるような気がするからだ。

ま、私は仕事内容に誇りもプライドも持ってないから、仕事がらみのクレームは平気だ。
私自身や私の主義に文句つけられてるわけじゃなし。
でも、彼ら彼女らにぶつけられた何かが、澱のように私の中に蓄積されてる気がする。

上澄み。そんな言葉を思いつく。底に何かどろっとした汚いモノが溜まってるけど、
それが溶け出さずに、普段は上の方の澄んだ水だけ感じて、私は過ごしているし、
他人に対してもそう接している。毒舌は吐くけど、多分そんなに嫌われてはない。
でもある時その、底にあるものが噴出してきたら、私はそれを直視できるか?
自分の中にそんな汚い悪意のカタマリがあるのを、直視できるかな。
世の中の何もかも、仕事も家も世間も、自分の過去や自分自身さえ、
全部憎んだりしてしまうかもしれない。

そんなことをつらつら思った、この短編集。
煮詰まった、どろどろになった悪意が、ふと現れて、また溶けていく。
そして底に溜まっていく。そんな短編集。

久々の黒角田。とは黒乙一にちなんで私が勝手に呼んでいるんだが、別にホラーじゃない。
読後感が希望に満ちているかどす黒いかで区別しているんだけど、角田さんも
最近はここまで黒いのは出されてなかったんじゃないだろうか。

各短編とも、設定は違えど、イメージは似通っている。
どうしようもない悪意がそこに存在して、でも日常はただ流れて、よくバスに乗る彼らは
「このバスはどこにいくんだろう」と思う。どこか、違うところに連れてってくれないか、と。
でもバスはいつも通り走る。彼らの人生も、どうしようもない悪意を抱えたまま、
何も変わらずにただ、過ぎていく。
ずっと持っていた悪意が激しく噴出する一瞬を、日常から切り取ったような、そんな短編たち。

ストーリーはあるようでない、彼らは何も変わらない。哀しいくらい何も変わらない。
それがとても怖かった。あれだけの悪意が現れているのに、結局は、日々に戻って、
その悪意はまた底に溜まる。それが恐ろしい。
私も、いつかはこんなどうでもいい仕事を辞めてしまって、家からも出て、
底に溜まっている澱をちょっとは薄めたいなあ、なんて思うわけだけど、
結局今の日々はずーっと、ずーっと同じように過ぎていくかもしれない。
で、ふくらんだ不満や悪意が、脂肪として私の腹に、腕に、蓄積されていく。
一瞬そんな気がして、本気で背筋が凍ってしまった。
そこいらのホラーよりよっぽど怖いわ。毎日ずーっとこうだなんて。
いやだ、私もバスに乗ってどこか遠くへ行きたい。行きたいのだ。

と、何も努力もせずにそんな恐怖だけ感じる私。ここに出てくる人物達と、
なんら変わりやしない。多分、結婚して子ども産んで(って、出来るかどうかわからんけど)
新しい家族が増えてまたしがらみが増えると、子どもはぶくぶく太ってしまって、
自分の子どもなのに「殺してやりたい」なんて思うようになるのかもしれない。
これが自分の将来では絶対ない、とは、私は断言できなかった。

どの短編にも出てくる醜い女が印象的だった。違う人間として描かれているけど、
同じ人間に思える。ラストの短編に理沙という女が出てくるが、彼女の経緯を読んでいると、
今まで出てきた醜い女達全員が、こんな風に生きてきたのかな、と思えた。
そういう意味でなんとなくつながっているし、なんとなく最後の短編で、
ぎゅっとまとまった印象があった。本の構成もとてもうまい。

まあでも、なんていうか、現実を忘れるために本を読んでるのに、
ここまで現実を思い知らしてくれる本って、どうなのよ。なんて思う。
角田さんの本って徹底的に身につまされる時がある。もう、情け容赦なく徹底的に、だ。
いい方に共感できれば前向きになれるんだろうけど、逆だと、ちょっとしんどい。
私はこの人よりましやな、とか思ってほっとする、ってのもむなしいだけやし、ね・・・。

表題作「おやすみ、こわい夢をみないように」が一番良かった。
あんな風に独自の造語で喋ってる姉と弟、いいなあ。私は兄弟がいないから、
よけいうらやましく感じた。そして、これだけが唯一、彼らの世界の何かが
上向いたような、そんな気がしたから。
根拠のない悪意なんかに、もう姉弟は負けないだろう、と思えたから。

ラロリー。私も唱えながら寝ようっと。

でもこれを読んだその日、いやーな夢を見ました。
中学の時に殺してやる、ってくらい嫌いだった男が同じ職場にやってきて、
で、悪口を言ってると、今現在とても嫌いな上司が出てきて、
「悪口を言ってたら自分が駄目になるよ」的なことを朗らかに言うのだ。
そんな奴に正論吐かれたのでやたらかちんときてしまった私、
悪口言われないようにちゃんと生きろよてめえらがよお、と激怒するんだけど、
本人にそれを言えずにうじうじと怒ってる夢。
夢なんだから、がつんと言ってやればいいのに、私。ああ・・
| comments(8) | trackbacks(8) | 11:18 | category: 作家別・か行(角田光代) |
コメント
ざれこさん、コンニチハ。
醜い部分を隠して、穏やかなやわらかなる人を装うことに疲れちゃいましたよ…
なんて吐き出したくなるわたしには、黒角田最高!デシタ。
それからやっぱり、造語でのやり取りって憧れてしまう。
糸電話で「もしもーし」とかも、かなりそそられる。
まだまだおこちゃまですな。わたしは。
| ましろ | 2006/06/11 1:16 PM |

「黒角田」ですか。
私、まだあまり「黒角田」に出会ってないのかもしれません。

造語、素敵でしたよね。
私も一人で「ラロリー」と言ってました。
今日は悪夢を見ませんように。
ラロリー
| なな | 2006/06/12 9:45 PM |

>角田さんの本って徹底的に身につまされる時がある。もう、情け容赦なく徹底的に、だ。

そうそう!そうなんですよっ!(泣)
だから止められないのですよね…。

では…おもむろに。ラロリー。
(真昼間だけど!!)
| chiekoa | 2006/06/13 11:18 AM |

ましろさん
黒角田最高!ですか。私もいい子ちゃんぶって生きてますから(でもいろいろばれてるけど)真っ黒いものにどっぷり浸るのもある意味ストレス解消なのかもしれません。登場人物と一緒になって、木に座布団巻いて蹴った気分になったりして(笑)
糸電話可愛かったですね。私は一人っ子なので、こういう姉弟、憧れです。

ななさん
「空中庭園」もかなり黒かったですよ。初期のころのも黒いし、もともと黒いほうの人なのかも(この表現なんとかしろって感じですね)でもやめらんないです、読むの。
ではでは、ラロリー。

ちえこあさん
私今日の昼間はちょうど電車で出張してて、このコメントいただいた頃はまさに爆睡中でした!(笑)すごい勘ですね。おかげで怖い夢は見なかったです(笑)
| ざれこ | 2006/06/13 11:55 PM |

黒角田(ざれこさん作のこの名称愛用してます♪)は、痛くて苦手なんですが妙にひかれてしまったりします。
ラロリーは、うちではみんな使ってますよ。最初は私と息子の間で使ってたんですが、気づいたらみんな知ってました。秘密の合言葉だったのに・・。
| june | 2006/06/14 10:39 PM |

juneさん
そうですよね、私も黒角田はつい読んでしまいます。しんどいのに。不思議です。マゾかしら私・・・
ラロリーをご家族で。いいですねえいいですねえ。ステキなご家族だ〜。
| ざれこ | 2006/06/16 9:44 AM |

黒角田って表現ナイスですね。角田さんは受賞前結構黒かったのに,最近やわらかくなったなーと思いきやこの作品だったのでヤラれました。
ざれこさんの文章にも身につまされることが多かったです。うちも苦情対応多いんで…自分自身を否定されてるわけじゃないんですけど,何か溜まっていく気がするっていうのには心から同感です。もっと強くて冷たい心を持ちたいです。
| まみみっくす | 2006/06/18 7:06 PM |

まみみっくすさん
そうですよね。久々の黒角田。油断してたので私もやられました。
仕事は、苦情を聞くのが仕事だから仕方ないと思っても、なんかほんま、溜まってきますよね。こんな仕事してたら、世の中悪意だらけだな、と思います。よく人にあれだけぶつけられるよなあ、と。そんなのにこっちがやられたくないですよね、お互い。事務的にやり過ごしましょうねー。
| ざれこ | 2006/06/19 2:00 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.zare.boo.jp/trackback/526612
トラックバック
おやすみ、こわい夢を見ないように
 感情のままに生きることは、容易く思えて難しい。世の中が、時間が、何よりもコチコチに固まったモラルというのものが、邪魔をするのだ。ふと湧き上がる感情は、そういうものに紛れてぼやけて、その存在を曖昧なものへと変えてしまう。角田光代・著『おやすみ、こわい
| まっしろな気持ち | 2006/06/11 1:12 PM |
「おやすみ、こわい夢を見ないように」角田光代
おやすみ、こわい夢を見ないように角田 光代誰もが心の中に持っている他人に対する憎しみ、悪意、それをテーマに描いた7つの短編集です。ある日気付かぬうちに芽生え、心の内でどんどんと膨らんでいく人の「悪意」や「憎悪」。この本は、そんな悪意に囚われてしまった
| ナナメモ | 2006/06/12 9:45 PM |
▲ おやすみ、こわい夢を見ないように 角田光代
おやすみ、こわい夢を見ないように角田 光代 新潮社 2006-01-20by G-Tools , 2006/04/19 憎悪は愛の裏返しってこと? それとももっと気まぐれなもの? 新婚夫婦、高校生カップル、同棲中の恋人たち。あなたの気持ちをざわざわとさせる、衝撃的な7つのドラマ。
| 本を読んだら・・・by ゆうき | 2006/06/12 11:38 PM |
おやすみ、こわい夢を見ないように 角田光代
日常生活の中で芽生える怒りや憎悪といったマイナスの感情をリアルに描いた短編7編。 ふとした事がきっかけで、自分の中だけでは処理できなくなってしまう程に大きく膨らんでしまった怒りや憎しみ。 誰もが抱くであろうその感情を、更に膨らませてしまうのか、消し去
| かみさまの贈りもの〜読書日記〜 | 2006/06/13 9:03 AM |
おやすみ、こわい夢を見ないように [角田光代]
おやすみ、こわい夢を見ないように角田 光代 新潮社 2006-01-20 「このバスはどこへ」「スイート・チリソース」「おやすみ、こわい夢を見ないように」「うつくしい娘」「空をまわる観覧車」「晴れた日に犬を乗せて」「私たちの逃亡」7つの短編が収録された短編集です
| + ChiekoaLibrary + | 2006/06/13 11:14 AM |
「おやすみ、こわい夢を見ないように」角田光代
おやすみ、こわい夢を見ないように 装丁からしてほのぼのとした話だと思っていたんです。でもこの表紙よく見ると、かなり怖かったのです。子供が宙に逆さに浮いてたり、道端に倒れてたり、側には家やら車が流れてるし・・。内容も、やはり怖くて薄ら寒いものでした。
| 本のある生活 | 2006/06/14 10:40 PM |
「おやすみ、こわい夢を見ないように」 角田光代
おやすみ、こわい夢を見ないようにposted with 簡単リンクくん at 2006. 3.18角田 光代著新潮社 (2006.1)通常2-3日以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2006/06/18 7:08 PM |
おやすみ、こわい夢を見ないように<角田光代>−(本:2007年98冊目)−
おやすみ、こわい夢を見ないように 出版社: 新潮社 (2006/1/20) ISBN-10: 4104346020 評価:80点 (ネタバレあります) 長い間、人を恨み続けることって結構大変だと思っていた。 だが、この小説を読むと、人間は誰でも心の奥底にそういう気持ちを知らず知ら
| デコ親父はいつも減量中 | 2007/09/15 5:27 PM |
NOW READING
ざれこの今読んでる本
Categories
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Profile
Search this site
Sponsored Links