本を読む女。改訂版

関西弁でだらだらと本の感想書いてます。
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「沖で待つ」絲山秋子 | main | 「おやすみ、こわい夢を見ないように」角田光代 >>
# 「トリツカレ男」いしいしんじ
トリツカレ男
トリツカレ男
  • 発売元: 新潮社
  • 価格: ¥ 380
  • 発売日: 2006/03
  • 売上ランキング: 60768


今月まだ6日なんですが、もう7冊も本を読みました。
どうしたんだろう、私。いつもここまでハイペースじゃないのに。
もう、本にトリツカレてるとしか思えません。

ま、私はずっとずっと本だけにトリツカレてるからいいんだけど、
(大学時代は音楽にトリツカレてた。今はたまにプレステに。まあそれはともかく)
ここに出てくるトリツカレ男、ジュゼッペは大変だ。
次々といろんなものにトリツカレては、他のことがなーんにも見えなくなってしまう。
オペラに三段跳び、ナッツ投げにサングラス集め、昆虫標本集め、探偵、
どれもこれもプロ級になってしまうんだけど、でもまたすぐ次のことに
興味が出てしまう。
街中、こんないかれた愛すべき彼のことを知っていて、次は何に取り付かれたんだい?
なんていっていたら。

次にジュゼッペがトリツカレたのは、とても可愛い女のこ、ペチカだった。
ジュゼッペは自分の特技を総動員して、ペチカと仲良くなって、
彼女の笑顔のくすみをとってあげたい、と日々願うのだが・・・?
きゃーもうなんて可愛い話なんでしょう。
いしいしんじさんだから一瞬にして深いところに放り込まれるかと思ったら、
とっても優しいステキなステキなトリツカレ男のお話でした。
うわー好きだー。とにかくこれはとても好きだ。もうとても幸せでした。

といっても、哀しいところもあるんです。それはもう、ぎゅっとなるほど哀しいんです。
ペチカは、ある人が忘れられないんです。現れない人を待っている。
それを知ったトリツカレ男は、もう当然のように、ペチカを喜ばせようと、
それこそ命をかけて、奔走するんです。

自分が好きで好きでたまらない人が、誰か他の人を思っていたとして、
その他の人を好きな想いまでも、温かく包み込んで、好きでいることができるでしょうか?
トリツカレ男のジュゼッペには、あたりまえのようにそれが出来たのです。
その、必死なトリツカレ男の姿に、私はぎゅっと締め付けられたのでした。

でもね、大丈夫。とてもステキなお話なんです。
これがもうびっくりするくらいスペシャルにステキなお話なんです。
長い長い氷河期の氷もどんどんぐんぐん溶かしていっちゃうくらい、
とろけそうに温かいステキなお話なのです。

あーもうダメだ。このままいくと全部語っちまう。どこがどうステキだったか
事細かに全部語ってしまう前に(いや、もう既にだいぶ手遅れ・・・)筆を置きます。
380円の薄い本ですから、絶対に絶対に買いです。絶対に。
| comments(12) | trackbacks(13) | 23:40 | category: 作家別・あ行(いしいしんじ) |
コメント
すごく気になっていてでもなんか手が出なかった一冊なんですけど、ざれこさんの感想を読んでたら”買い”モードになりました。
本屋行ってきます♪

それにしてもペース早いですねぇ。私はざれこさんが3日で読んだダ・ヴィンチコード、中巻まで10日以上かかってやっと読み終わるところです。もうちょっとペースアップしたいもの。
それでは。
| huku2_99 | 2006/06/07 12:20 AM |

うわー単行本は380円なんですか?
それな絶対に買いですね!
ジュゼッペ最高!この言葉に尽きる本です。
| なな | 2006/06/07 11:10 AM |

この作品も「雪屋のロッスさん」同様
とっても良かったです。
ジュゼッペの献身さに脱帽でしたね。
| す〜さん | 2006/06/08 12:03 AM |

huku2_99さん
この本は短いからすぐに読めますよ。で、幸せです。
「ダ・ヴィンチ・コード」は私は一気に読まないと膨大な知識を覚えてられなかったんですよ(笑)大変。

ななさん
こんないい本が380円なんて、本ってステキだなあって思います。ほんまジュゼッペは最高だ〜

す〜さんさん
とてもよかったですよね。ジュゼッペみたいにはなかなかなれないなあ、って思います。
| ざれこ | 2006/06/08 1:04 AM |

ざれこさん、こんにちは。

素敵なざれこさんの感想を読んでいたら、
『トリツカレ男』のエピソードの数々がフラッシュバック。
思い出してはじーーーんと胸を熱くしておりまする。

いしいさん、素敵な作家さんですよね。
いしい作品を日本語で読める幸せ、しかもリアルタイムで読める幸せを噛み締めてますわ。
7月に文庫で新刊が出るらしいですね。
| 七生子 | 2006/06/08 11:52 AM |

単行本も文庫も買いましたよ…。
だって!ジュゼッペが!!!

何度思い出しても、最高に好きです。
| chiekoa | 2006/06/08 12:17 PM |

なんと言ってもこの本、この内容で380円というのがすごい。
知り合いにも「読んでみ」と薦めやすくて、すでに3冊ぐらいは売り上げに貢献してます。
この本を薦めるときは、何となく優しい目をしているような気もします。
多分思い過ごしですが。

さて、こちらからもTBさせていただきました。
変なレビューで申し訳ないですが。
| rocket | 2006/06/08 6:20 PM |

トリツカレるって素敵ですね!
ロッスさんと同じく好きな作品です♪
| リサ | 2006/06/08 9:38 PM |

本にトリツカレてるざれこさん、コンバンハ。
すっかりブログ更新をさぼっているわたしです…
此処へ書き込めばトリツカレるかしら、
などとひそやかな野望を抱きつつ、
この作品に惚れていることを伝えに来ました。
| ましろ | 2006/06/09 8:44 PM |

七生子さん
7月に新刊ですかあ。しかも文庫ですか。素晴らしい。是非買います。
最初は難しいな、と思ったいしいさんでしたが、今やすっかり虜です。やっぱり、難しくて深いんですけど、いいのです。
日本語ですけど、世界に通用しそうな世界観ですよね。

chiekoaさん
うわ、どっちも買いましたか。もうあとは文庫10冊くらい買って配り歩くってのはどうですか(笑)
この文庫の値段なら配れるなあ、なんて思ってしまいます。広めたい・・・

rocketさん
わはは、「薦めるときにはなんとなく優しい目をしているような気も」って、わかりますわかります(笑)
私も薦めまくろうっと。なんかのプレゼントの時には配ってやろう。安上がりだが自分の株は絶対上がりますよね。(姑息)

リサさん
ロッスさんも好きですー。どっちも好きですー。今年はこの2冊の発見が一番ヒットかもしれないです。まだ半年たってないけど・・

ましろさん
最近はあまり読まれてないんですか?私はもう、すごいペースですよ、今月。ちょっと心配になってきてます。ゆっくり読もう・・・
この作品、惚れますよねー。
| ざれこ | 2006/06/11 12:05 PM |

始めましてこんにちは☆
私は友達に薦められて偶然読みました。
感動屋の私はミスドで読みながら感涙を我慢していました。
「おかわりはいかがですか?」を声が出せずジェスチャーのみで断った位です。
本当、あったかくていいおハナシ!!
| フジタマ | 2007/02/07 9:40 AM |

はじめまして!
こんな昔の記事にコメントしてしまってもいいんだろうか…
と思いつつ、失礼します【汗】
ついさっき、「トリツカレ男」を読み終わりました!!
初めていしいさんの作品読んだんですけど、とっても面白かったです!
これを機会に他の作品も読んで見ようと思いますっ(●'v`●)

ただ1つ気になってることがありまして…(・ω・;)

文庫本の最終章「特別サービス」の中で語っている秘密の人って誰なんでしょうか!?
私は51ページの時点ではハツカネズミ君のことだと思ってましたが、どうやら違うみたいですね…。

ざれこさんは誰だか分かりましたか??(≧д≦)

いきなりの長文失礼しましたっっ
これからも更新楽しみにしております!
| ねづ | 2007/10/05 10:52 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.zare.boo.jp/trackback/523708
トラックバック
トリツカレ男*いしいしんじ
☆☆☆・・ 町の人々に<トリツカレ男>と呼ばれている ジュゼッペのお話。 ともかく 次から次へといろいろなものにトリツカレてゆくのだ。 オペラだったり、サングラス集め
| +++ こんな一冊 +++ | 2006/06/07 6:58 AM |
◎「トリツカレ男」 いしいしんじ ビリケン出版 1365円 2001/10
3年くらい前の書評かな?  昔、ある雑誌の企画で"ハートウォーミングな本"の特集というのをやっていた。心温まる本の特集である。評者にとっては、ちょっと興味をひかれない企画であった。本を読んで心温まるなんて、若い女性のための企画、薩摩隼人たる評者が相
| 「本のことども」by聖月 | 2006/06/07 9:54 AM |
トリツカレ男      〜いしい しんじ〜
トリツカレ男「ジュゼッペ」はいろんなものに取り付かれている。 今日はたまたま観たオペラに取り付かれ 何を言うにもメロディーをつけて話す。 それに飽きたら今度は三段跳び。
| My Favorite Things | 2006/06/08 12:02 AM |
いしいしんじ『トリツカレ男』
トリツカレ男いしい しんじ 新潮社 2006-03 売り上げランキング : Amazonで詳しく見る by G-Tools いろんなものに、どうしようもなくとりつかれてしまうジョゼッペが、無口な少女に恋をした。ピュアでまぶしいラブストーリー。 文庫落ち記念にさっそく購入。さ
| どこまで行ったらお茶の時間 | 2006/06/08 11:00 AM |
トリツカレ男 [いしいしんじ]
トリツカレ男いしい しんじビリケン出版 2001-10 ひとたび何かにとりつかれると、もう他のことには一切気が向かなくなってしまう「トリツカレ男」ジュゼッペ。オペラに三段跳びに探偵ごっこ。彼がとりつかれたものは数知れず。そんな彼が一人の少女ペチカと出会ったと
| + ChiekoaLibrary + | 2006/06/08 12:16 PM |
トリツカレ男
トリツカレ男/いしいしんじ いしいしんじ、という作家はただ者ではない。 と思ったのは、かの町田康との対談集を読んでからだった。 それまでは、片山恭一とかその辺と十把一絡げ、ぐらいにしか捉えてなかったのだけれど、あの対談集を読んでから、いしいしんじ、
| rocketbooks | 2006/06/08 6:15 PM |
『トリツカレ男』いしいしんじ
トリツカレ男いしい しんじ新潮文庫2006-03by G-Tools いろんなものに、どうしようもなく、とりつかれてしまう男、ジュゼッペが無口な少女に恋をした。哀しくまぶしい、ブレーキなしのラブストーリー。 快晴の青空、かろうじて満開を保っている桜の薄ピンク色。今しか
| ひなたでゆるり | 2006/06/08 9:37 PM |
トリツカレ男
 誰かが誰かをまるごとすべて思うこと。つまりは愛ということ。わたしはそれをあまりにも知らないから、思わず辞書を引いてしまった。“愛”というものについて。そうして、そこには驚愕の言葉が並んでいた。似ているようで異なるもの。つまりは恋ということが。わたし
| まっしろな気持ち | 2006/06/09 8:47 PM |
いしいしんじ【トリツカレ男】
ピンク・レディーの最大のヒット曲『UFO』は、オリコン枚数155万枚、出荷枚数195万枚を記録し、1978年の日本レコード大賞を受賞している。 いま思えば『UFO』って歌詞がすごいと
| ぱんどら日記 | 2006/06/13 1:39 PM |
『トリツカレ男』
トリツカレ男 いしい しんじ著 {/fuki_osusume/} ざれこさんのところで感想読んでるうちに無性に読みたくなり、閉店間際の書店に飛び込む。 ウレシイ新潮文庫380円。 何かにトリツカレて夢中になってしまう男ジュゼッペ。 ある時は三段飛び、ある時はオペラ、サング
| 読書の時間 | 2006/06/16 2:51 AM |
一途な恋の物語
ペルーの旅中に読んだ、ほのぼの物語。 いろんな事に夢中になり、一度それにトリツカレると 誰に後ろ指をさされても、邁進する。 時には「三段跳び」に夢中になり、時には「探偵」に夢中になり 最後は少女に夢中になる…。 不器用だけど、彼を応援したくなる
| きまぐれ日記 | 2006/07/23 12:27 PM |
トリツカレ男 いしいしんじ
トリツカレ男 ■やぎっちょコメント とっても薄い本なんですけどね。この中につまり「恋愛」の「愛」が含まれているわけですよ。主人公のジュゼッペはとってもまっすぐで、でも、オペラとか三段跳びとか、一度凝ったものに取り付かれて朝も晩もそればっかりやっている
| "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! | 2006/07/24 8:43 PM |
トリツカレ男 / いしいしんじ
トリツカレ男 (新潮文庫)(2006/03)いしい しんじ商品詳細を見る ジュゼッペのあだ名は「トリツカレ男」。何かに夢中になると、寝ても覚めてもそればかり。オペラ、三段跳び、サングラ...
| みすじゃん。 | 2007/11/18 12:27 PM |
NOW READING
ざれこの今読んでる本
Categories
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Profile
Search this site
Sponsored Links