本を読む女。改訂版

関西弁でだらだらと本の感想書いてます。
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
<< 「第三の時効」横山秀夫 | main | 「狐闇」北森鴻 >>
# 「陽気なギャングが地球を回す」耕野裕子/伊坂幸太郎
陽気なギャングが地球を回す
陽気なギャングが地球を回す
  • 発売元: 講談社
  • 価格: ¥ 540
  • 発売日: 2006/04/27


大好きな作家伊坂幸太郎の作品の漫画化、だが、それだけの理由ではわざわざ買わない。
耕野裕子が描いてるから買った。耕野裕子さん復活、かなり嬉しい。
しかし、この「陽気なギャングが地球を回す」は、大好きな伊坂幸太郎作、
大好きな耕野裕子がコミック化、映画は大好きな佐藤浩市が出ている。
私の中ではかなりツボな作品になりつつあるぞ。
映画音楽も村田陽一参加でビッグバンドらしいし。とにかくツボやわ。
ストーリーは小説読んだ方ならご存じかと思うので、耕野裕子について思い入れを語ろうかな。
耕野裕子、最近はあまり描いてなかったと思うんだけど、もう10年以上前になるかなあ、
本屋でふと見つけた「百万の嘘の涯(はて)」っていう漫画のタイトルがすごい気になって、
知らない漫画家だな、と思いつつ買ってみたんだけど、これが当たりで。
嘘ばかりついてる歪んだ性格の男性と、その人とつきあおうとする女性の話だったと思うんだけど、
なんか、今まで読んだこと無かったような、なんとも言えないほろ苦さで、絵柄もけして
上手じゃないんだけど太い線でオシャレな絵で、その短編に私はすっかりしてやられ、
せっせと数冊入手しました。
その中でも「あの頃に逢いたい」(全3巻)が一番良かった。血のつながりのない兄妹が、
お互い好きなのに兄妹のしがらみから逃れられずに苦しむ、もどかしい恋愛モノで、
これが切なくって切なくって。当時何度も読んでは何度も泣いた。最近読んでもまだ泣けた。
そういう、苦くて切ない空気を出すのがとてもうまい漫画家さん。
今でも、好きな漫画家と言われたらまず挙げるなあ。
ま、正直言って、あまり知られてない漫画家さんなので、自分で発掘した人、っていう
妙な自負があるのも確かなんだけど。

「あの頃に逢いたい」は、今出回ってないようなので、
復刊ドットコムで投票はじめました。よかったらご協力をお願いします。

今回は原作がある話、伊坂作品に忠実に、しかもうまいこと短くまとめてて、見事。
雑誌連載だったんだと思うんだけど、次号へ続く!っていうあたりにうまく謎を残して
「ま、まさか響野が裏切ったか?」とか思わせたり、そのあたりもうまいのです。
ほくそえんでしまいました。ふふ。

全体からも、そこはかとなく耕野さんらしい空気が出ていて、私は嬉しくなりました。
自閉症の息子への視点とか、成瀬が前の奥さんと喋ってるところとか、すごい優しい空気が
出ていて、あーやっぱりいいなあ。と。絵も洗練されてかっこよくなったし、
またオリジナルで、いい漫画描いて欲しいな。と思います。
(って、どこかで連載とかで描いてたらごめんなさい。)

それにしても、成瀬は二枚目風でしたが、響野はほとんどまじめな顔で描かれてなくって、
ちょっと哀しかったです。だって佐藤浩市がやるはずですからね。
映画でも、大沢たかおに全部持ってかれるんだろうな、と危惧してますけど、
三枚目に徹した佐藤浩市も新境地やし、いいねん。うん。
それに、雪子さんとか30代後半の筈ですけど、漫画だと20代で
青春やってるみたいに読めて、ちょっと面白いかな。

さて、次は映画。楽しみやなー。

| comments(2) | trackbacks(1) | 01:56 | category: 漫画 |
コメント
コメント&TBありがとうございました!
復刊ドットコムも、この後投票してきますね^^
どうやら耕野さんの「CLEAR」も、先月文庫になって出ていたようなんです。
私はもうコミックスは皆手放してしまって読み返せないでいたので、この流れで買ってしまいそうです、というか、買います、間違いなく。(笑)

>さて、次は映画。楽しみやなー。

確かに!(^ー^* )
| TRK | 2006/05/15 9:00 PM |

TRKさん
「CLEAR」文庫化ですか。そうなんだ。コミック、手放してしまってるので、買おうっと。情報ありがとうございました。このコミックがきっかけで、耕野さんの漫画がいっぱい復刊されたらいいですね。
映画楽しみなんですけど、近くの映画館でどうやらやってないようで、都合がつくかな・・・。早く見たいんですけど。これだから田舎は・・・。
| ざれこ | 2006/05/18 10:49 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.zare.boo.jp/trackback/509437
トラックバック
〔comics〕陽気なギャングが地球を回す / 耕野裕子 伊坂幸太郎
陽気なギャングが地球を回す耕野 裕子 伊坂 幸太郎 映画「陽気なギャングが地球を回す」のメディアミックスの一環としてコミカライズされたもの。 僕の小説が原作だから、という
| GOKURAKU Days | 2006/05/15 9:01 PM |
NOW READING
ざれこの今読んでる本
Categories
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Profile
Search this site
Sponsored Links