本を読む女。改訂版

関西弁でだらだらと本の感想書いてます。
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「黄昏の百合の骨」恩田陸 | main | 「銀齢の果て」筒井康隆 >>
# 「殺人鬼の放課後」
殺人鬼の放課後―ミステリ・アンソロジー〈2〉
殺人鬼の放課後―ミステリ・アンソロジー〈2〉
  • 発売元: 角川書店
  • 発売日: 2002/01
  • 売上ランキング: 21,953
  • おすすめ度 4


恩田陸「水晶の夜、翡翠の朝」目当てに買った本。
「青に捧げる悪夢」というハードカバーに、これと「血文字パズル」の作品が
まとめられているようですが、微妙に収録作が違うのかな?
乙一の収録作品がどうやら違うようです。

恩田陸目当てで読み、これで三月シリーズを一応読破した形になって、
ちょっと休憩してから他の作品を読みきりましたが、いやあ、
ラストの圧倒的な乙一パワーにやられちまいました。
一気に読んでたら三月シリーズの余韻が消えるところだったかも。危ない危ない。

「水晶の夜、翡翠の朝」
青の丘にある、外界から切り離された学園で、ヨハンは退屈していた。
天使のような顔で冷酷さをもつヨハン、もちろん「麦の海に沈む果実」の
重要人物でもある彼が、学園で出会った小さな事件を描いた短編。
その学園では笑いカワセミがやってくる、という言い伝えが流行り始め、
そして不可解な悪戯が何度も起きていた・・

ダークヒーロー大活躍ですね。ヨハンって、キャラはともかくその出自は
なんだか恩田作品に似つかわしくない感じなんだけど、
これから彼はどうなっていくんだろう。と楽しみにしてしまう一篇でした。
美しい顔で冷酷な少年って、いつの時代でもロマンをかきたてませんか?
私だけですか?
ま、そんなおばさんコメントはともかく、ミステリとしても筋道だって、
見事などんでん返しはさすがです。

「攫われて」小林泰三
小学校のとき、私は友達と一緒に攫われた・・・。恵美はいきなり、男に
告白を始めた。彼は小学生を誘拐して、山小屋に立てこもり、そこで
小学生の女子達と死闘を繰り広げた、のだが・・・・。

途中も充分怖いのです。グロい表現がほんまグロくて、慣れてるつもりの私も
痛い痛い、と思ってしまいました。ああそんなところ切らないでよ・・・
でもラストの1ページで状況がわかったときにはもう、
そんな切ったはったはどうでもいいくらいの恐怖が襲いました。いや、これ、怖いわ。
初めて読む作家でしたが、長編はそりゃもうグロで怖いんでしょうね。むむ。

「還ってきた娘」新津きよみ
塾講師の綾子は、やってきた受講生が、昔慕ってくれてたのに事故死した女生徒と
そっくりなのに驚愕する。彼女は何者なのか?

オチの驚きは一番少なかったし、「いや、その材料じゃちょっとその推理はできまへんな」と
意地悪な番頭みたいに思いましたが、でもなんていうか、人間の業の残酷さとかを
みせられたわりには、後味のいい読後感でした。最後の数行が効いたのでしょう。
それはうまいなと思いました。

「SEVEN ROOMS」乙一
ある日、10歳の僕と姉は灰色の部屋に閉じ込められた。
そこには溝があって汚れた水が流れていて、小さい僕だけがその溝を通れた。
僕は溝をとおって、その部屋の正体を知るのだが・・・

乙一の天才っぷりがこんなところで発揮されてるとは、いやもうびっくり。
あとで調べたらこの短編、「ZOO」にも収録されているようで、
ああ評判いいのに放置していた私が悪かった、と反省しました。
映画「SAW」みたいな、狂った独特の世界で、姉と弟がもがいてもがいて、
自分の死を前にある決意をして、そして、ラストがなんとも言えず苦いのですが、
でも後味は凄く悪いけど凄くいいのです。
この複雑な読後感をどう表現したらいいのか、たったこれだけのページ数で
こんな複雑なものを私に残してくれるなんて想像もしてなくて、
あとの作品すべて霞みました。恩田陸でさえ、です。乙一恐るべし。
この短編と恩田陸だけで読む価値ありです、この本。
| comments(2) | trackbacks(1) | 00:37 | category: アンソロジー(他) |
コメント
こんばんわ。
ちょこちょこお邪魔してます、苗坊です^^
昨日読んだので、TBさせていただきました。
恩田さんの作品が、本当に面白かったです。
この麦の海シリーズは大好きなんですよね。
ヨハンバージョンを読む事ができてよかったです。
| 苗坊 | 2006/05/10 8:44 PM |

苗坊さん
こんばんは。ヨハン、いいですよね。天使の顔して悪党なのがたまりません(笑)このシリーズは私もとても続きが楽しみです。
でも、乙一作品にやられた1冊でした・・・。怖かった・・・そちらの記事にもありましたが、映画「ZOO」の中に入ってるようですね。怖くて見れないです。はは。
| ざれこ | 2006/05/11 1:36 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.zare.boo.jp/trackback/497297
トラックバック
殺人鬼の放課後
殺人鬼の放課後―ミステリ・アンソロジー〈2〉 「水晶の夜、翡翠の朝」恩田陸 湿原の近くに聳え立つ、閉鎖された施設。 ここは、優秀な人材が学ぶ学校。全寮制で、外へはなかなか出ることが出来ない。 ワケありの生徒が多い。 ヨハンもその一人。 億万長者のマフ
| 苗坊の読書日記 | 2006/05/10 8:33 PM |
NOW READING
ざれこの今読んでる本
Selected Entry
Categories
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Profile
Search this site
Sponsored Links