本を読む女。改訂版

関西弁でだらだらと本の感想書いてます。
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「痙攣的」鳥飼否宇 | main | 「バスジャック」三崎亜記 >>
# 「初恋」中原みすず
初恋
初恋
  • 発売元: リトルモア
  • 価格: ¥ 1,680
  • 発売日: 2002/02
  • 売上ランキング: 68,773
  • おすすめ度 4


宮崎あおい主演で映画化される話を聞き、とたんに興味を持った。
どうやら、3億円事件の犯人が、実は女子高生だった?という話らしいのだ。
3億円事件。ルパンとかの大泥棒が好きな私が未だにロマンを感じる、時効事件。
3億円事件、詳細はこちらに詳しいです。

こりゃ読むでしょ。早速図書館で探す。
しかし「初恋」というタイトル。本屋ではどんな帯がつけられてるのか知らないけど、
図書館で見つけても、3億円事件の話とは到底思わないよね。
昭和40年代。父に死なれ、母は男を作って兄とともに出て行き、叔父母のもとで育てられ、
孤独に生きてきた高校生のみすず。ある時ふと入ったジャズバーで、大学に行かずに
たむろしている集団と仲良くなる。カリスマ的人気の亮、マイペースの岸、
彼らに囲まれて初めて仲間を知ったみすずに、岸がある話をもちかける。
バイクを運転して、3億円を取ってきて欲しい・・・。「おまえだけが頼りだ」
そんな言葉を誰からもかけてもらえなかったみすずは、懸命にバイク運転を習い、
そして決行の日。それからの岸と亮とみすずとの物語。

これが本当に単なる「初恋」の話でしかないのにまず驚いた。
3億円事件は話の枝葉に過ぎない。好きな男に頼まれたことを嬉しくてやってしまう、
そんな、誰にでも覚えがありそうな、そんな心情でやってしまうだけ、なんです。
孤独な心をもったみすずが、誰かに頼りにされ、一人ではないことを知って
狂喜しつつ3億円強奪をやる。みすずは金に興味すらないんですね。
取り分がどうこうとか一切ないの。金の行方にすらほとんど興味を示さない。
まあ、「モンタージュ写真が全然違う。面白い」みたいなことは思っていて、
それはにやりとしたけど。

事件に興味を示すとしたら、岸がその金を受け取って自らの企みを成功させられたのか、
岸が満足したのか、ただ、それだけのことを気にする。
かといって、岸の思惑は聞きもしない。踏み込まない。
全く本人には金も事件もどうでもいいことで、ただ、好きな誰かに頼りにされて、
その誰かと一緒に同じ時を過ごして、その誰かの願いが叶えばいい。
ある意味びっくりするくらいの純愛小説、とも言える。

文章は淡々としすぎていて、書き込みが浅いなあ、って部分も多くて、
少し少女マンガを読んでいる気分になりました。テーマのわりに軽く読めてしまいます。
3億円盗んだのに、その後の岸との会話は、まさに少女マンガ。
お互い好きなのに言葉が足りなくて誤解がふくらむ、もどかしい、まあある意味典型的な会話。
そのギャップには驚く。あくまで恋愛に終始しているのはこの本の魅力だが、
その描写は浅い気がしてしまった。
人物造形も浅いのかな、岸や、彼ら仲間に対してあまり魅力が感じられなかった。
みすずの孤独だけは胸にしみたんだけど。

ラスト、驚きの事実が次々と明らかになり、純愛小説と油断していた私は
ちょっとびっくりしました。岸が何故みすずに近づいたのか、そこらへんは伏線しっかり
張ってるので予想はついたんだけど、他のところが・・。ちょっとミステリ仕立て?
でもそれも全部ちゃんと伏線はってんだよなあ。忘れてただけで。
事実を知って、そしてラストに向かっていくうちに、ぎゅっと切なくなりました。
どうしてこんなラストを用意したんでしょうか。後に寂しさが残るラストです。
でも、全くもって孤独だったみすずが、その一時期の輝かしい時代に助けられ、
今の孤独を生き抜いていく。そんな時代が、誰にでもある。
寂しいながらも、ほんの少し前を向ける、そういうラストだった気もします。

著者は中原みすず氏で、主人公も中原みすず。
それでまるで回想手記のように描かれてます。もう時効が成立した事件だけど、
私は思い出している・・みたいな。
なんかむずむずします。本当にこの人がやって、この人が手記を書いたんじゃないかと。
真実はもしやこれなんじゃないかと。だって、犯人はいまだ捕まってないんだから、
その可能性が否定できないのです。むずむずします。
こういっちゃなんですけど、無名作家だからこそこの効果が生まれるんだろうな。
だって、例えば林真理子が「林真理子」を主役にこの本書いたって、
こんなむずむず感はないですよ、絶対。

でも、映画が楽しみです。映像的でもあるし、主演が宮崎あおい、なんですよね。
この人の映画は「害虫」しか観たことないんですが、ブレイクした「NANA」のイメージとは違い、
すごく孤独な、哀しいたたずまいの演技をしてたんですよね。
彼女が中原みすずを演じれば、本を離れた実体として、みすずが息づいてくるような気がしてます。

装丁は浅野忠信。図らずも映画俳優。美術にも才能発揮ですね。ステキな装丁です。
| comments(14) | trackbacks(12) | 16:02 | category: 作家別・な行(その他の作家) |
コメント
はじめまして・・・
中原みすずで検索していたら、ここにたどりつきました。「初恋」完全にノックアウトされました。感動しました。朝日新聞のコラムで早川義夫さんの書評をみて求めたのですが、小説と銘うってありますが、早川さんも書かれているとおり「多分本当の話だろう」に、同感です。犯行時の主人公のあのスリリングな、切ない心情は犯人の少女しか書けないと思いました。60年代の時代背景の描写がジャズと共に沸騰してせまってくるタッチもいいですね。この作者にほれ込んで他の著書も探したがみつかりません。書かれてないのだろうか。とにかく一気に読みました。あの有名な「府中三億円事件」の真相は少女の初恋だったんですね。府中事件関連の本は何冊か読みましたが、はじめて納得し感動しました。みすずの一途で純な心にもほろりとさせられました。ジャズ喫茶にたむろする、若かりし日の中上健次氏も仲間だったとか(文中では、たけし)ジャズ喫茶のアルバイトボーイには、学生時代の北野たけしさん(雑誌の対談で、ご本人がおっしゃつていました)死刑囚の永山則夫・・60年代という時代に、あらためて憧れさせらた「初恋」でした。中原氏のプロフィールもない事から、僕は実話であると信じています。いや、信じたいのかな。映画化も楽しみです。
| 青木 | 2006/03/03 4:01 PM |

青木さん
コメントありがとうございます。
中上健次氏が仲間だったんですか?なんか青木さんのコメント読んでると本当のことっぽいですね〜。少なくともそういうジャズ喫茶はあったんでしょうね。
中原みすず氏は他は全く書かれていないみたいですし、ネットで調べても何も出てきませんよね。なんかますますホンモノっぽいですよね。青木さん同様、私も信じたくなってきました。映画化楽しみですね。
| ざれこ | 2006/03/04 8:56 PM |

こんばんわ
初恋の公式HPみつけました。
あおいさんの、ハスキーな声を聞いたら、ますますホンモノを実感しました。
二番目のtrailerのところクリックしたら元ちとせちゃんの歌も流れます♪
かな〜りいい感じです。
http://www.hatsu-koi.jp/
| 青木 | 2006/03/05 1:09 AM |

こんばんは。読み終えましたー。いい本にめぐり合えて感激です。
私はみすずの孤独よりも、詳細は書かれていない岸の孤独のほうに打たれました。屈折の仕方、そして非常に60年代的なエンディングに。
みすずは寄り添いやすい孤独の形をしているけれど、岸の方は、ざれこさんの言うように書込みが浅いせいかあるいはあえて語らないのか、不明部分が多いところにまた惹かれます。
私は乱読なので読んだ本のことはすぐに忘れるんですけど、この本は特別な一冊になりそうです。
| chloe | 2006/03/26 2:19 AM |

青木さん
公式サイトありがとうございます。印象的な写真を使ってますねえ。映画にますます興味わきました。

chloeさん
そうですねえ。岸の屈折っぷりはもっと深く読みたかった部分でしたね。人間として興味あります(暗いのか?私)
| ざれこ | 2006/03/28 9:55 AM |

ざれこさんのブログみて本借りました。
手元に来るまでに2ヶ月近くかかったわけですが、借りてよかった。
ざれこさんは映画もきっとみるんでしょうね。「映画を観る女。」でのレビュー楽しみにしています。
| なな | 2006/04/22 11:52 PM |

ななさん
ああ、ここがきっかけでしたか。それは嬉しいですね。
映画観ますよー。時間があったら劇場で、なくてもDVDで。宮崎あおいさんがやるってことで、ますます楽しみです。
| ざれこ | 2006/04/23 3:25 AM |

はじめまして。
meguと申します。
昨日「初恋」見てきました。
見たあとにじんわりと そしてぎゅっと 胸を締め付けられるような切ないものを感じて
色んなことを考えた1日でした。
私にはあの事件の裏に何かが隠されているとしか思えないのですが、単なるフィクションとは
考えづらいですね。
映画では読み取れなかった伏線もあると思うので 今日にでも原作を手にしたいと思います。
 
 megu
| megu | 2006/06/18 12:51 PM |

meguさん
はじめまして。映画、観られましたか。私も是非みたいと思ってるんですが、近所でやってなくて時間がとれなさそうで。是非DVDで観ようと思います。宮崎あおいさんの演技が楽しみです。
この本についてはフィクションとは断言できない、なんか不思議な力を感じますね。原作も手にとってみてくださいね。
| ざれこ | 2006/06/19 1:45 AM |

こんばんは。
初めてカキコします。
実は昨日会社を休んでこの映画を見てしまったのです。
ネットでの評判はかなり悪くて、僕もほとんど期待しないで見ていたのですが、、。
ところが驚くべきことに、映像には僕の高校生時代の、悩むわが姿がそこにあったのです。
当事僕は大阪にいたので、新宿のあのうらびれた感じは想像すら出来ませんが、それでもジャズ喫茶に入り浸っていた、あのときの、一瞬で人生を分かってしまった(当事はそう思っていたのでした)、あの感覚はまさに映画のそれでした。
原作も読もうと思っているのですが、かなり軽いと聞いているので、少々躊躇しています。(でも、結局は読むことになろうかと思いますが、、)
云十年経っているのにほんと久しぶりに十代のまともだったときを思い出しました。
僕はあれから30年以上になりますが、全く成長していません。
むしろ後退している気もします。
そのため映画だけは人より多く見ることにしているんですが、、。
では、また。失礼します。
追伸
たくさん本をお読みですよね。
今は、ほんと読めなくなりました。
たまにミステリーぐらいしか。
ほんと、後退しています。お恥ずかしい。
| ヌートリアE | 2006/06/21 9:23 PM |

ヌートリアEさん
映画はまだ私は観ていないうえ、ジャズ喫茶にどっぷり浸かった過去もないので(野外でジャズやってましたね、どちらかといえば・・苦笑)私に映画の雰囲気がどこまで伝わるのか未知数です。でも楽しみにしています。
ある時代の人たちにすごく支持されそうな雰囲気ですよね。それが原作からも伝わってきました。原作は、そうですね、恋愛が前面に出てくるので少し軽いかもしれませんが、良かったですよ。
では、濫読ですが良かったらまたお越しくださいね。コメントありがとうございました。
| ざれこ | 2006/06/22 12:49 AM |

「初恋」観ました。感動ものです。映画館で買ったパンフに
気になることが書いてありました。その感想は、ななさんところに書いてますので、同じことを書き込んでいいのか悪いのか、ネットをはじめたばかりなので、挨拶だけにしておきます。まだまだ「初恋」を上映してるところは、たくさんあるんですね。僕は「初恋」の公式HPで知って、三回も観ました。
| とと | 2006/08/18 11:47 PM |

ととさん
はじめまして。ななさんところのコメント読みました。中原みすずさんがどんな人なのか、ますますなぞめいてくるコメントですね。中上健次氏はやっぱり「タケシ」なんでしょうか。
映画、3回も見られたのですね、いいですねえ。うちの近所はもう終わってしまって、私はDVD待ちです。宮崎あおいさん、楽しみです。
| ざれこ | 2006/08/22 12:29 AM |

http://www.hermesbirkin-handbags.us.com/ hermes birkin
http://www.salomonspeedcross3.us.com/ salomon speedcross 3
http://www.pandorajewelryscharms.us.com/ pandora
http://www.fitflopsshoes.us.com/ fitflop shoes
http://www.fitflops-sale.us.com/ fitflop shoes
http://www.jordans11shoes.us.com/ jordan retro 12
http://www.curry4-shoes.us.com/ under armour curry 3
http://www.adidasyeezy-350.us.com/ yeezy boost 350 v2
http://www.pumafentyrihannashoes.us.com/ puma shoes for men
http://www.adidasnmdrunnerr1.us.com/ yeezy boost 350
http://www.katespadepurses.us.com/ kate spade wallet
http://www.louboutinredbottoms.us.com/ red bottom shoes
http://www.pandora-jewelrysale.us.com/ pandora rings
http://www.kyrie-4.us.com/ kyrie irving shoes
http://www.adidas-ultraboost.us.com/ yeezy boost 350
http://www.lebron15-shoes.us.com/ nike lebron
http://www.longchampbag.us.com/ longchamp bag
http://www.nikeairmax-90.us.com/ air max
http://www.airmax90shoes.us.com/ nike vapormax
http://www.birkenstocksandalssale.us.com/ birkenstock outlet
http://www.jordan11spacejams.us.com/ jordan 11
http://www.nikeairvapormaxflyknit.us.com/ nike vapormax
http://www.kd10-shoes.us.com/ kd 10
http://www.pandorajewelryrings.us.com/ pandora charms
http://www.yeezyboost350shoes.us.com/ yeezy sneakers
ドリフトliuyuzhen
| fitflop sale | 2018/03/06 7:45 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.zare.boo.jp/trackback/453958
トラックバック
初恋 中原みすず
初恋 中原 みすず 最近の本選びの傾向、見る人が見ればどなたに影響を受けているかすぐお分かりだと思いますが、大変おもしろい本との出会いのきっかけをつくっていただき、ありがたい限りです、本を読む女。改訂版。 府中の3億円事件、犯人は私かもしれない
| 読書三昧。 | 2006/03/26 2:01 AM |
「初恋」中原みすず
初恋 中原 みすず 昭和40年代前半。学生運動も過激に盛り上がる時代。主人公の中原みすずは16歳の時、学校帰りに新宿のジャズ喫茶Bに通うようになる。Bの奥に陣取る不良学生たち。亮、岸、テツ、タケシ、ユカ…そして2年が過ぎたある日、岸からある計画
| ナナメモ | 2006/04/22 11:49 PM |
「初恋」宮崎あおいが様々な表情を見せる
「初恋」★★★★オススメ 宮崎あおい、小出恵介主演 塙幸成監督、2006年 時代は変化し続けている、 振り返って「あの頃」を思い出す時、 個人の記憶と大衆の記憶には たぶんズレがあるだろう。 映画の舞台となった1966年から70年の頃、 その頃を象徴
| soramove | 2006/06/12 8:00 AM |
[本]中原みすず「初恋」
初恋 中原 みすず / リトルモア宮?あおいさん主演で映画化される原作本、という情報だけで、 他には何の前知識もなく手に取った1冊。 映画は6月10日に封切りされたばかりで、わたしはまだ未見です。 題材は、1968年12月に起き、結局犯人は捕まらず時効となった
| Four Seasons | 2006/06/12 8:56 PM |
〜初恋〜の謎。教えてください。
 こんばんは。  今日は高校時代の友人であるなおちゃんと映画に行ってきました。  宮崎あおいちゃん主演の「初恋」見ました。    私達の世代の人間は 「三億円事件」なんてどんな事件だったから知らないけど    本当にこんな事件が起こったんだと思
| なにげにブログ〜めざせ上流OL〜 | 2006/06/18 12:37 PM |
日本映画『初恋』〜府中三億円強奪事件の謎に迫る〜
実は本日わけあって、休日である。(だから朝5時から起きてW杯日本VSブラジル戦を観ていたわけだが、、、[涙/])先日映画「ダ・ヴィンチ・コード」を観に言った時に、気になる映画のポスター、そうそれはちょ...
| noBlog SINSEIの自己中で行こう! | 2006/06/24 1:59 AM |
初恋 中原みすず
初恋 ■やぎっちょコメント つい3日前に本のゆっくり読める穴場カフェを発見してしまいました。そこは3階なんだけど、マンションの内装を改造した感じで、いわゆる「ベランダ」(テラスではない)に一席だけのスペースがあるのです。そこで一気に読み終えました。 そ
| "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! | 2006/06/28 5:43 PM |
初恋 [中原みすず]
初恋中原 みすず リトルモア 2002-02 私は「三億円事件」の実行犯だと思う。 ―秘密の扉がいま静かに開かれる。 えーと、作者が中原みすずさんで、この本の中の「私」も中原みすずさんですけど、これ、フィクションですよね?(本気で混乱しているわたくし)。
| + ChiekoaLibrary + | 2006/08/09 5:56 PM |
読書の秋
秋ですね(・_・)エッ......? て、やはり食い気か色気てことではなく読書
| ポノちゃんのブログ | 2006/10/18 9:09 AM |
「初恋」中原みすず
雷雨の朝、白いオートバイ、18歳の少女―「三億円事件」の秘密の扉がいま静かに開かれる。映画を観て、原作を読みたくなりやっと読みました。映画では上手く伝わって来なかった岸の気持ちや二人の関係がしっかりと伝わって来たので切ない感じが映画よりあったような気
| コレ、いいかも☆ | 2006/11/22 11:59 AM |
初恋 / 中原みすず(著)
これは、去年宮崎あおい主演で映画化された「初恋」の原作本です。この夏にCSで放送されたのを観ていたく感動した僕は、迷わず原作を読んでみることにしました。 読み終わってしばらく、僕はめまいのような感覚を覚えましたよ…。 僕、確信しました。宮崎あおいさん
| DOWNTOWN DIARY | 2007/09/08 8:55 PM |
白い霧・『初恋』(1)
 1968年12月、東京・府中で、白バイ警官に変装した男によって東芝社員のボーナスを載せた現金輸送車から約三億円が盗み出される事件が起きました。その警官(犯人)は「あなたの銀行の巣鴨支店長宅が爆破され、この輸送車にもダイナマイトが仕掛けられています」と言っ
| 私の中の見えない炎 | 2008/11/26 6:31 PM |
NOW READING
ざれこの今読んでる本
Selected Entry
Categories
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Profile
Search this site
Sponsored Links