本を読む女。改訂版

関西弁でだらだらと本の感想書いてます。
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「この本が、世界に存在することに」角田光代 | main | 年末ですね。読者大賞blogからのお知らせです(至急) >>
# 「予知夢」東野圭吾
予知夢
予知夢
  • 発売元: 文藝春秋
  • 価格: ¥ 490
  • 発売日: 2003/08
  • 売上ランキング: 32,438
  • おすすめ度 3.67


「容疑者Xの献身」このミステリーがすごい!で堂々の1位でしたね。
おめでとうございます。(いや、作者は読まないだろここ。ファンの皆様。)
その本の図書館での予約順位がまわってきたので、そろそろ、と思い
これを手に取りました。関連は薄いみたいですけど、
湯川学シリーズには違いないし。
正直言うと、読んだその日は大事な友達の結婚式の日で。
電車で1時間近い行程、何か本を読まないと時間はつぶれないんだけど、
多分結婚式でテンション上がっちゃってて本には集中できない。
純文学では文章を味わう余裕がない、エンタメがいい、それも軽くて
できたら短編で、あまり考えずに読めるけどちゃんと面白くて集中できる本、
こんなくそ難しいリクエストにきっちりこたえてくれたのがこの本でした。
同じシチュエーションに陥ったらこれ選ぶといいよ(ないか、そんなこと)

「探偵ガリレオ」から続く、天才物理学者湯川学が、友人の刑事草薙が持ち込む
一見非科学的な、不可解な事件を科学的に解明していく、そんなシリーズです。
今回も、タイトルどおり予知夢だったりポルターガイストだったり、
幼い頃からの予言だったり、そんな一見説明のつかない事件たちに湯川と草薙が挑む。

最初は不満も多かったんですよ。特に最初の2編。
湯川学が物理学者である意味があるのか?と思ってしまったんだな。
物理の知識がなくても解けるじゃないですか、普通の推理でさ。
こんなの草薙が一人で頑張って解けばいいんですよ。
それか湯川は「まあ、君のお手並み拝見といくかな」的スタンスで、
ヒントだけ言ってあとはひっこんでおけばいいのです。

これが最後まで続いたらいい加減キレるなあ、と思いながら進んでいったら、
3編目からやっと湯川学の存在意義が。
つまり物理的(科学的?)知識が、必要になってくるわけです。
ほっとしましたよ。なんだか。
物理的知識がこれでもかと語られたらわけわからなくて推理もできないけど、
でもそれがなかったらなかったで物足りない、という、我儘言いっぱなしの私ですが、
仕方ないよねそんなシリーズなんだから。

各編とも、推理のどんでん返しはちゃんとあって、ひねってあるし
ほんまよくできてると思う。ほう、と感心したりして面白く読める。
なんだか二時間ドラマっぽい。つうか、今時ホンモノの殺人って、
わかりやすい動機がある方が少ない。不倫のもつれだとか保険金だとか、
そんなんで複雑に絡む人間ドラマが、どうも二時間ドラマっぽいんだよなあ。
登場人物全員に深みがないし、悲惨な人生だったりしてもその重みが
感じられない。だからこそまあ、軽く読めちゃうわけで。面白いんだけどさ。

全部そんな風な気がしてそれが不満だな、とちょっと思ってたら
ラストの短編「予知る」のオチで度肝抜かれました。
これってさあ、これって推理の前提そのものが覆ってるやん?
いいのかよ、みたいな。全部の短編がもしかしてホンモノの・・・とか
一瞬思っちゃうくらいでした。いやーすごいです東野さん。
多分違いますけどね。すいません読んだ人しかわからん感想で。

しかし話を戻しますけど、人間に深みがないって話。
主役の湯川学も例外じゃない。この作品では人としての深みが感じられず、残念。
どんな人かいまいちよくわからない。ただのお茶目さん、というイメージ
しかないんですよね。いいキャラとは思うけど、なんだか惜しい。

東野氏本人もこのミスのインタビューで言ってました。
湯川に人間的深みを持たせたくて書いたのが「容疑者Xの献身」だったと。
あー早く図書館から回ってこないかなあー。(買えよ)
すごく楽しみです。
| comments(4) | trackbacks(10) | 22:47 | category: 作家別・は行(東野圭吾) |
コメント
私も「容疑者Xの献身」9月から待ってます。
湯川さんに人間的深みを持たせてるんですね。楽しみだぁ。
| なな | 2005/12/24 12:14 AM |

ななさん
うちはあと9人で回ってきます。在庫10冊以上あったはずだから、もうすぐです。ふふふ。
湯川の苦悩が楽しみだ・・(おい)
お互い楽しみましょう。
| ざれこ | 2005/12/25 2:21 AM |

なるほど、似たような感想を持つものですね…。ちょっとさらっと読めすぎちゃう気がするんですよね、そういう狙いで書いてるシリーズなのかもしれないですけど。ちょっと軽めのところでトリックを楽しむというか…。
| chiekoa | 2006/03/06 11:24 AM |

chiekoaさん
ですよね。トリック先行な感じですよね。この短さじゃややこしいトリックの説明だけで終わってしまうかも(笑)
これを思うと容疑者Xは急に湯川が奥深い感じでしたね。単に長編だからか?違うか。
| ざれこ | 2006/03/07 1:27 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.zare.boo.jp/trackback/403770
トラックバック
『予知夢』 東野圭吾 文春文庫(再読)
予知夢 「探偵ガリレオ」に続く5編の短編連作。 予知夢・幽霊・ポルターガイストなど、狐につままれたような事件も、物理学者の湯川の目線から見れば、それは摩訶不思議な現象ではない…。 前回「探偵ガリレオ」よりインパクトは弱い。やはり場面を見せる為
| みかんのReading Diary♪ | 2005/12/23 10:59 PM |
「予知夢」東野圭吾
予知夢東野 圭吾 草薙刑事と湯川教授が一見、「超常現象」と思えるような事件を解決する、連作ミステリー第二弾。「容疑者Xの献身」を図書館で予約して、私の手元に来るまでにシリーズ物を読んじゃおう!という作戦です。「容疑者X…」まだ順番がまわってきません。「
| ナナメモ | 2005/12/24 12:15 AM |
○「予知夢」 東野圭吾 文春文庫 490円 2003/8
 草薙刑事と天才物理学者湯川が登場するシリーズの二作目。前作『探偵ガリレオ』が肌に合わなかった評者だが、本書『予知夢』はお手軽な読み物としては中々の良作。評者の好みではないのだが、簡略な事件+不可思議な謎+事件の真相+小粋な雰囲気の作りのエンディング
| 「本のことども」by聖月 | 2005/12/24 7:30 AM |
東野圭吾のことども
  ○ 『天空の蜂』 ◎◎ 『名探偵の掟』   × 『探偵ガリレオ』   △ 『秘密』 既読書評なしm(__)m ◎◎ 『白夜行』   ○ 『嘘をもうひとつだけ』 既読書評なしm(__)m   ○ 『予知夢』   △ 『片想い』 既読書評なし   ○ 『超・殺人事件』
| 「本のことども」by聖月 | 2005/12/24 7:31 AM |
予知夢
湯川学シリーズの2作目、         「予知夢」読み終わったところです。最終話に「予知る」のような作品を持ってくるところがさすが東野圭吾ですねー、上手いさーて次は何を読もうかな
| Life Uncommon | 2006/01/10 11:03 PM |
予知夢 [東野圭吾]
予知夢東野 圭吾 文藝春秋 2003-08 着々とガリレオシリーズを読み進めております、わたくし。なぜかというとやっと『容疑者Xの献身』の図書館予約待ちの順番が回ってきそうだからです!長かった…。図書館に入荷してから結構すぐ予約したのに、ほとんど半年待たされま
| + ChiekoaLibrary + | 2006/03/06 11:22 AM |
予知夢 / 東野圭吾
探偵ガリレオシリーズ第二弾!
| ごく平凡なアマガエル ケロリーヌの雨日記 | 2007/01/15 11:37 AM |
予知夢 東野圭吾
予知夢 ■やぎっちょ書評 加賀刑事をひとまず脇に置いて、湯川博士モノ。湯川シリーズが3冊とは知らず、しかも2冊「探偵ガリレオ」と「容疑者Xの献身」は読了していました。ここは一気に読破ということでこの本を先に読んでしまいました。 とはいえ。 実は湯川シ
| "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! | 2007/04/09 6:41 PM |
「予知夢」東野圭吾
予知夢 (文春文庫)東野 圭吾 (2003/08)文藝春秋 この商品の詳細を見る 現代のオカルトとしか思えない事件が起こると、警視庁捜査一課の草薙刑事は、大学時代からの友人である物理学者の...
| しんちゃんの買い物帳 | 2007/12/17 12:46 PM |
東野圭吾『予知夢』
予知夢文藝春秋このアイテムの詳細を見る 今回は、東野圭吾『予知夢』を紹介します。本書のキーワードは、オカルトとミステリである。各章の概略を紹介します。 第一章:夢想る 幽体離脱を題材にしたミステリ。キーワードはモリサキレミであろう。殺された坂木は、モ
| itchy1976の日記 | 2009/02/07 4:11 PM |
NOW READING
ざれこの今読んでる本
Selected Entry
Categories
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Profile
Search this site
Sponsored Links