本を読む女。改訂版

関西弁でだらだらと本の感想書いてます。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 12月・1月文庫刊行情報 | main | 「ニート」絲山秋子 >>
# 「輪違屋糸里」浅田次郎
輪違屋糸里 上輪違屋糸里 下

島原の芸妓、輪違屋の糸里は、史実によると、 新選組芹沢鴨の腹心の平間重助の女で、
芹沢鴨暗殺の夜、芹沢一味と酒を飲んでいて、 暗殺の場面にも居合わせたことになっている。
私がざっと調べたところでは、わかっているのはそのくらいのようだ。

私はこの本を読み終えてからこういうことを調べたので、
読むときは何の前知識もなかった。
だから糸里が最初から土方歳三に懸想していても、 ふうんと普通に読んでいたのだ。
もし最初から史実を知っていれば「お、どういうことやねん」と反応でき、
そこから浅田次郎がどうこの物語を紡いでいくか、に 俄然興味がわいただろうと思う。

新選組には魅力的な人が多いが、実際そこで何が起こったか、は
謎に包まれた部分が多いんだと思う。だからこそ様々な解釈で
様々な作家達がいろんなドラマを作る。
ちょっとだけわかっている事実をふくらませてふくらませて、
つないでつないで、ドラマを作り上げていく。
そういう、どこからが事実でどこからがフィクションか、
わからないドラマっていうのは、読む方もぞくぞくする。

この本は芹沢鴨にも新解釈を与えている。
乱暴者で酒乱で悪者、のイメージが染みついている芹沢だが、
この本では男らしく、唯一の本物の武士として描かれる。

そして愛人のお梅も、菱屋の愛人と蔑まれながらも
傾きかけた店を立て直すキップのいい女になっていて、
実は一途な彼女に私は一番魅力を感じた。

女の視点から見た新選組であり、平山五郎の愛人吉栄、
そして糸里、お梅、新選組が居候している八木家奥方おまさ、
前川家奥方お勝、などが交互に語り手になり、
芹沢鴨暗殺にうごめいていく新選組を描いていく。

一つ笑うところが、女の視点を思いすぎたか、
八木家のおまさ、前川家のお勝が二人で話してるところなどは
「大阪のおばちゃん」入ってるのだ。
「わかったことはお互い報告しよう」と言ってたり、
喋ってくれそうな永倉新八をつかまえて「ちょっとどういうこと」と
色々聞き出したり、はてには盗み聞きしたり。
確かに語り手、狂言回しとして重要な二人ではあるが、
ちょっと苦笑。やっぱりおばちゃんは強いわ。

他の女性達は哀しくも強い存在。
男達に翻弄される自分を受け入れつつも、
自分の幸せを貪欲につかもうとする。
それが自分の選んだ道でなくやむを得ず流された道だとしても、
そこで誇り高く生きようとする。
最後に号泣する糸里を思うと、哀しくなった。
でも太夫になり、凛と歩く糸里は美しい。とても。

女性達が重要な役を果たす芹沢鴨暗殺シーンの語り部は
突如沖田総司となる。今まで女性の視点だったのが、
急に刺客の視点。沖田像の解釈も新しく、病で投げやりになってるが
明るく振る舞うひねくれた男、になっていてそれはそれで
興味深かったが、今まで女達が芹沢暗殺にむけて闘っていたのに、
当日の彼女たちの揺れる心理が垣間見えなかったのが残念だった。
もっと描いて欲しかった。

同じ浅田次郎でも「壬生義士伝」のほうが泣きました。
泣いたらいい話ってわけでもないけど。
こちらもしっとりと情緒豊かで、さすが浅田節です。
この本ではかなり悪者になっている土方も
(策略を用いるのはいいが、女を利用したらあかん。二枚目やからってさ。)
でも最後には結局ただの悪人ではなくなっていたあたり、著者の愛情も感じました。
| comments(8) | trackbacks(2) | 17:37 | category: 作家別・あ行(浅田次郎) |
コメント
私はこの本から、新撰組に入った(入隊したわけじゃないです 念のため)ので、これを読んだ時には、これがどんなに大胆かということがわからなかったのです。
知ってみると、糸里をこう使うか!と、目からうろこの発想だといのがわかりました。知って読んでたらもっと、醍醐味があじわえたのにと思います。
ただ私おまささんと、お勝さんにやたら共感して読んでしまいました。お、おばちゃんでしょうか・・。
| june | 2005/12/16 4:12 PM |

おお、入隊ですか(とつっこんでおく)つうか入りたいです。隊士たちの身の回りの世話してさしあげたい・・(おい)。

そうそう、知ってたらもっと楽しかったですよね。でも平間には目がいかないかも、普通は(笑)
おまさとお勝には私も共感はしましたよ(笑)私はおばちゃんですから。もっと聞けー、って感じ。
| ざれこ | 2005/12/19 9:58 AM |

えー!これ新選組の話だったんですか!!!
読まねば〜読まねば〜。

史跡めぐりで全国行脚をするほどには愛してます。
| chiekoa | 2005/12/19 4:02 PM |

chiekoaさん
ぬかりましたね(笑)読んで下さいね。
斬新な解釈で、詳しい人ほど「おおっ」ってなるんじゃないかと思います。
| ざれこ | 2005/12/21 9:37 AM |

年末にふさわしく時代物を…?ということでやっと読みましたですよ!うーん、よかった!ご紹介ありがとうございました!
しかしまた「熱」が再燃しそうなので、責任をとってもらわなければ…(笑)。
| chiekoa | 2006/01/10 3:20 PM |

ちえこあさん
新春時代劇もありましたしね。いいタイミングでしたね。土方くんよかったですね。
私の方は熱が再燃しないと困るんですよねー。大河ドラマ放映時期に新選組本を買いあさって読んでないのいっぱいあるんですよ。
またはまったら私も巻き込んでくださいねー(おい)
| ざれこ | 2006/01/12 12:46 AM |

はじめまして。
突然おじゃましてすみません。
「お涙。。」がしんどくて、浅田次郎作品から遠ざかってましたが、ふとしたきっかけから読みました。でもやはりはまってしまい、一気に読みました。彼の筆ひとつで、登場人物が憎くなったり愛おしくなったり。
来月、TBS系でドラマ化されます。上戸彩が糸里役だそうですが、さて、原作の糸里を演じきる事ができるのかな。脇の配役も、どうからめて見せてくれるのか・・・先に本を読んでおいてよかったと思います。


| おかき | 2007/08/25 11:02 AM |

おかきさん
はじめまして。ドラマ化ですね。上戸彩はまああれですけど、新選組の面々はどなたがやるのでしょうね。観るの怖いような観たいような、です。
これよりは「壬生義士伝」の方が泣けましたが、女の立場での新選組モノは新鮮でした(あ、しゃれじゃないです・・)
| ざれこ | 2007/08/31 12:01 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.zare.boo.jp/trackback/398440
トラックバック
輪違屋糸里 [浅田次郎]
 輪違屋糸里 上輪違屋糸里 下浅田 次郎 文藝春秋 2004-05-27 舞台は幕末の京都。新選組とそれにかかわった周囲の人々を軸に繰り広げられる、浅田版新選組物語。 なんというか…人間の、男と女の、物語でした。 新選組大大大好き人間の私。もちろん基本的な史実
| + ChiekoaLibrary + | 2006/01/10 3:19 PM |
輪違屋糸里
「輪違屋糸里」  著者:浅田次郎  出版:文春文庫 2回目の読了です。 前回は1年位前かな、図書館から借りて読みました。 今回はテレビドラマ化ということで、つい買って見ちゃいました。 私、浅田次郎好きなんです。 パターン化しているものの、泣
| メイのユグドラシル | 2007/09/18 3:06 AM |
NOW READING
ざれこの今読んでる本
Selected Entry
Categories
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Profile
Search this site
Sponsored Links