本を読む女。改訂版

関西弁でだらだらと本の感想書いてます。
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
<< 「球形の季節」恩田陸 | main | 「しゃばけ」畠中恵 >>
# 「ベルカ、吠えないのか?」古川日出男
ベルカ、吠えないのか?
ベルカ、吠えないのか?
  • 発売元: 文藝春秋
  • 価格: ¥ 1,800
  • 発売日: 2005/04/22
  • 売上ランキング: 3,651
  • おすすめ度 4.27


噂のベルカ、やっと読み終えました。図書館で借りては読めずに返し、
それを2回繰り返しさらには図書館で行方不明になり、やっとみつけて
「おお、ベルカ!」と再会を喜び、そしてやっと読みました。
いやあ疲れた。1章読んで呆然、一息ついてまた読む、を繰り返し。
大して分厚い本でもないのに、すごい充実感でした。

太平洋戦争中にキスカ島に取り残された4頭のイヌから物語は始まる。
日本籍の軍用犬であったそのイヌたちはその後アメリカ籍になり、子をなし、
その子、孫、曾孫・・・脈々と続き、世界中を巡り、数奇な運命をたどる
大いなる軍用犬の物語、そして軍用犬の視点から見た、大戦後の世界。

その章と交互に、ロシアマフィアとチェチェンマフィアとの抗争が描かれる。
日本のヤクザの嬢が謎の老人にさらわれ人質にされ、そこで嬢は
たくさんのイヌたちが人間との戦争用に訓練されているのを、見る。
しかし、このイヌたちはどのイヌなんだ?

交互に続いてた二つの世界が一致していく過程はもう、すごい面白い。
ぞわぞわしながら読んだ。ああ、あのイヌやこのイヌが、そうかー、
そうなのかー。みたいな。すごいわ。

イヌの歴史を紐解いていくと、イヌがどれだけ人間のバカさに翻弄されてるか
ばかばかしくなってくるくらい。犬橇で商売をする人たちの本当に
個人的なレベルから、国家のトップの「個人的事情」が起こす戦争も原因となって
キスカ島からつながるイヌたちは世界を巡り、とんでもない目にあって、
それでもイヌたちは生きる。生キル。人肉を食らっても生きる。
人間があまりに愚かなので、人肉を食らったり交尾しまくったりしてても、
純粋に生きているイヌたちが、とても誇り高いイヌたちに思えてくる。

イヌに誰かが話しかける、とても独特の文体で文章は続く。
まるで大いなる存在がどこかから見ているようである。
その大いなる存在は、人間に対してはとても皮肉な目線を向けている。
国のトップのやりとりがむちゃくちゃ茶化され(このヤンキーが、とかねえ)
あほばっかりに思えてきて笑えちゃうんだけど、そのアホたちの
個人的事情で戦争が起こって人が、イヌが、死んでいく。
なにやってんだ人間。
でもその語り口面白い上に、わかりやすいんだよねえ、世界の戦後史が。
私、全然、苦手なんだけど、理解した気になっちゃったわ。
そう、単純なことなんだろうね。ただの喧嘩だよな、戦争なんて。あほらし。

でもどの人間もバカよばわりしてるわけでもない。
怪犬仮面とその部下たち、いい意味で面白い・・・笑えちまった。
なんかねえ、この小説笑っていいの?って戸惑いつつ、笑えるんだよな。
イヌの世界は高貴で誇り高いのに、人間世界はコミカル、
でもマフィア世界を描くときはハードボイルド。
それがすごいバランスを保っている。すごい本。こんなの初めて読むな。

なんか、懸命に感想を書こうとしてるんだけど、もうなんかねえ、
凄いわ、としか書きようがないわ。と書けば書くほど思いますね。
すごいすごいすごいすごい。のめりこむように読む読書、すごい手ごたえ。
イヌたちの数奇な歴史を地球規模、違う、宇宙規模だ、で読んでるっていう凄まじさ。

で、大主教とヤクザの嬢との関わりものめりこんで読むんだけど、
大主教の長い歴史、そして彼らが訓練しているイヌの長い歴史を考えると、
もうね、最後は眩暈がします。
巡り巡ってたどり着く。なんかそれこそ大いなる存在でも感じたくなるよな。
スケールのでかさ、文体の凄さ、何をとっても凄い本。
あーもう私の感想はいいから読んで読んで。
図書館で行方不明になってても探し出して読んで。
「イヌよ、イヌよ、お前たちはどこにいる?」「うぉん」

※ベルカとストレルカってそうだったんだ。知らなかった。
スプートニクに乗ったイヌなら知ってたんだけど。

※無粋かなあと思いましたが、イヌの系譜作ってみました。
ざっとなんで合ってるかどうかもわからないんだけど。
ちなみに世界地図とは連動してません。ひたすら系譜のみです。

それでも、という方、こちらから見てください。
ネタバレになるので読んでない方は見ないほうがいいと思います。

しかし、これ見るとやはり凄いです。つながってるなあ。
そして、系譜作りながらざっと文章を読んでいくと、
すごい疾走感で無駄なく文章が走っていることがわかります。
改めて凄いと思った。いいですよ、再読。

※しかしなあ、これ直木賞とるとびっくりしますよね。
候補になっただけでびっくりしますわ。
さらにびっくりしたのが、豊崎由美氏が「アンアン」の読書特集で
これ薦めてたことかな。
「アンアン」を読む、オシャレな若い女性、「セカチュー」あたりで読書にはまって
「次、何読もう?」って思って、豊崎氏に従ってこれ読むって、・・・どうよ?

※今度はこのミステリーがすごい!の7位もとった。ミステリなの?
エンタメとして評価されたの?まあ、この作品にジャンルわけって意味ないか。

この記事を評価する
| comments(28) | trackbacks(31) | 23:57 | category: 作家別・は行(古川日出男) |
コメント
力作の系図ご苦労様。某chiekoa嬢も系図を作られたそうですが、こういうの作ろうとする人って尊敬です。見習わなきゃ。

| すの | 2005/12/09 8:21 AM |

この系図すごい!美しい!
私もつくったのですが(昼休みに書類の裏に・・)、地名まで入れたらぐちゃぐちゃになりました・・。
| june | 2005/12/09 2:00 PM |

うわぁ〜!すばらしい!
私のなんてきたない広告の裏(しかもエメラルドグリーンの紙)に書きなぐっちゃった上、地名やら行動やらいろんなこと書いちゃったので、もうめちゃくちゃです。

私はこれに直木賞とってほしかったですね〜…。読み終わってそう思いました!
| chiekoa | 2005/12/09 4:32 PM |

すげー。
でも悲しいかな、内容を忘れつつあります・・・。
再読しなくては。
| あおちゃん | 2005/12/10 1:40 AM |

おー。4つ星半つきましたね!
読んでみよう!楽しみです。

豊崎由美氏は古川日出男贔屓ですよ。
GINZAなどのあらゆる雑誌で新刊でるとベタぼめしてます。
| momo | 2005/12/10 9:39 PM |

すのさん
私もとりあえずは読んで、気になるので再読して作ってみました。
本当は世界地図を手元に置いて読みたかったですね。地理は苦手で・・。
わかって読んだらまたスケールの大きさにびびるんでしょうね。

juneさん
そう、場所入れたらむちゃくちゃになって私も挫折です。エクセルじゃ無理だわ・・

chiekoaさん
そちらの感想を読んで、「図書館に返すまえに私も作ってみよう」ってできたものです。作って、改めてすごいなと思うことができました。アイディア感謝です。
直木賞、これが取ったら事件でしたねー。確かに。前回の候補作は斬新だったんだなあ、と改めて思いました。

あおちゃんさん
手元にあるのなら再読しちゃいましょう(おい)
私も買いたいなー文庫落ち、いつだろ。

momoさん
☆はアマゾン評価です。私の評価は星5つです。読んでみてくださーい。
豊崎氏、確かにどこでも薦めてて面白いですよね(笑)
でもおかげでこれ読んだんだし、感謝しないとです。
| ざれこ | 2005/12/11 1:57 AM |

系譜すごいですね。トレビアーン。
名場面がよみがえりました!
レビューも心にずんずんと、ざれこ節が素敵です。
読み終えたときの高ぶりを再び感じました。


| ましろ | 2005/12/20 6:06 PM |

ましろさん
ざれこ節って・・・(笑)いや、嬉しいです。ありがとうございます。
| ざれこ | 2005/12/21 1:34 PM |

読むときの苦労度合いがとっても似ていて、ざれこさんにまず共感したわたしです(笑)。
最初辛いですよね。
でも乗り越えて見えるこの世界!
ぜひいろんな人に読んでもらいたい作品でした。
あ、あとわたしも今さらながら「イヌの系譜」書こうと思います。
| | 2005/12/30 9:18 PM |

読むときの苦労度合いがとっても似ていて、ざれこさんにまず共感したわたしです(笑)。
最初辛いですよね。
でも乗り越えて見えるこの世界!
ぜひいろんな人に読んでもらいたい作品でした。
あ、あとわたしも今さらながら「イヌの系譜」書こうと思います。
| mamimix | 2005/12/30 9:18 PM |

mamimixさん
最初わりとつらいですよね。つうか入手そのものがつらかった。何で(笑)
でも後半はテンション上がりまくりでした。すごい読書させてもらったなあー、はー(汗をぬぐう)って感じです。
系譜を作るなら世界地図も込みでお願いしますよ、ほんま。私できなかったんでー。
| ざれこ | 2005/12/31 3:48 AM |

お初です。TBありがとう。系図面白い。確かにこうして見るとこれだけの犬(そして人)の物語を一つづつが面白くしかも全体としてまとまっているのは凄い力技ですね。ジュピリー、グッドナイト、アイス、アヌビス・・オオh!星になっている愛しいイヌたちよ!
| saheizi-inokori | 2006/01/15 9:02 AM |

saheizi-inokoriさん
系図参考になったみたいで嬉しいです。改めてつなげるとすごさを実感しますよね。
全部のイヌたちがすごいドラマを持ってて、名前見ただけで思い出せるのがまたすごい。私は地下にもぐっちゃったイヌのことを一番覚えてます。
| ざれこ | 2006/01/16 1:37 AM |

こんばんは。こちらのレビューでこの本に興味を持って読みました。
普段自分から手に取るタイプの本とは違っていたので、読んでよかったです。
それにしても系図すごいですね。
| ひろねこ | 2006/01/22 12:38 AM |

ひろねこさん
興味もっていただいたみたいで嬉しいです。豊崎氏じゃないですが、この本はとにかく読んで欲しい本なんですよね。すごいから。気に入っていただけたみたいでよかった。
系図はエクセルで作っただけっすよ、なんか照れます(笑)
| ざれこ | 2006/01/23 1:46 AM |

ざれこさま

 はじめまして。
 TBさせていただきました。

 「ベルカ,吠えないのか」,1日1時間ぐらいのペースだったので読み終えるまでに時間がかかりましたが,おもしろかったです。
 久しぶりに手ごたえのある小説を読んだ達成感(大げさ?)がありました。

 いろいろな「イヌ」が出てきますが,特にスプートニク2号に乗せられた「ライカ犬」のことを改めて考えてしまいました。 

 それと「系譜」,私も皆さんと同じたいへん参考になりました。
 
 
| よっさん。 | 2006/02/07 9:34 PM |

初めまして。
系譜拝見しました。挫折した人が多いと聞きましたが、凄い。人間のストレルカも入れてあるところが良いですね。
| 天竺堂 | 2006/02/14 1:35 PM |

よっさん。さん
はじめまして。コメントありがとうございます。
ライカ犬、特に印象深かったですね。地球のイヌたちが何故かたくさん夜空を見てたのが印象的でした。人間の勝手で宇宙に行かされて、なあ・・。

天竺堂さん
系譜、作るのも楽しかったです。整理できて。ストレルカはそりゃ、もう一族ですからね。はい。
| ざれこ | 2006/02/15 1:14 AM |

はじめまして!
イヌの系譜が、あると言ううわさを聞き、見に来ました。すごい、すごい。
これを見ながら、再読したら、よくわかりそうです。
それにしてもイヌたち、インパクトがありました。人のほうが、負けそうでした。
| | 2006/02/16 3:13 PM |

花さん
噂になってますか、そうですか。いやはや。
再読、いいですよ。なんど読んでも楽しめる本ですよね。
この本では人間よりイヌの方が圧倒的にすごいですよね。実際もそうなのかもしれないなあ。(笑)
| ざれこ | 2006/02/17 11:35 AM |

ざれこさん、こんにちは
遅ればせながら読みましたよ、、。
豊崎さんが褒めるのもわかります。
本書って世界文学系ですよね、、。
(↑使っている自分がよく判っていない)
古川さんて暴走する述術で判りやすいエンタメって
感じではない気もしましたが、、、。
犬の系図作ったのですか、、偉いえらいです。
本を開くだけでいろんな世界へ連れて行ってくれる読書体験としては、やはり話題になって当然の一冊だと思います。
| indi-book | 2006/05/10 10:05 PM |

indi-bookさん
豊崎さん、最近古川さんばかり褒めてます。でも気持ちはわかります。
世界文学系って面白い言い方ですね。世界史の現代史の教科書にこれ使っちゃったら、すごい歴史が学べそうです。
わかりやすいエンタメじゃあないですけど、はまる人ははまりますよね。いい読書体験でした。
| ざれこ | 2006/05/11 1:43 AM |

ざれこさん、はじめまして。
「本のある生活」のjuneさんから、美しい系譜を作っていらっしゃることをお聞きして、拝見させていただくべく、遊びに来てしまいました。
美しいですね〜
そしてとっても分かりやすいです。
コメントを寄せていらっしゃる皆様と同じく、この系譜を片手に再読するとより理解できそうです!
初・古川作品でしたが、他の作品にも興味を惹かれています。

TBさせていただきました。

| エビノート | 2006/07/12 8:14 PM |

エビノートさん
はじめまして、というか何度かそちらにはお邪魔していたのにご挨拶もせずすいません。
系譜がいつのまにかちょっと噂になっておるようで、エクセルで作っただけなのに・・・。と恐縮してます。
これ、すごかったですよね。私もこれでもうすっかり古川氏にやられて、全作品制覇してやる、と決めてます。といいつつ分厚い本が多くてなかなか読めないでいるのですが(へたれ)
これからもよろしくお願いしますね。
| ざれこ | 2006/07/14 12:24 AM |

はじめまして。ざれこさん作の「系譜」が面白くて刺激されたので、「Google Mapsでたどるベルカ・クロニクル地理編」とでもいうものを作ってみました。
地球でのベルカの足跡をたどってみて下さい。
http://bookmark.tea-nifty.com/books/2007/04/post_2bc6.html
| ほんのしおり | 2007/04/15 7:57 PM |

ほんのしおりさん
すごい!地図すごいですね。いかに地球規模な作品かよくわかりました。大変だったでしょう。ありがとうございます。うわー再読したいなー(手元にない。畜生)
| ざれこ | 2007/04/15 10:30 PM |

ざれこさん、はじめまして
感想素敵ですね〜!なんだか再読したくなってきます(体力的に無理だけど・・)TBさせてもらったんですが自分の表現力の無さにがっくりしてます。系譜も素敵です〜
それにしてもホントにすごい1冊でした


| musagoro | 2007/05/14 11:16 AM |

musagoroさん
はじめまして。この本面白かったですよね。再読は確かに体力がいりますよね・・・(笑)でも再読しても面白かったです。
| ざれこ | 2007/05/22 5:08 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.zare.boo.jp/trackback/393736
トラックバック
「ベルカ、吠えないのか?」古川日出男
「ベルカ、吠えないのか?」古川日出男(2005)☆☆☆★★ ※[913]、国内、現代、小説、犬、軍用犬、年代記 二つの犬の系統の話。二つの大きな物語の流れ。 イヌよ、イヌよ、お前たちはどこにいる? 1943年、アリューシャン列島の無人の島に残された日本軍
| 図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜 | 2005/12/09 8:17 AM |
◎◎「ベルカ、吠えないのか?」 古川日出男 文藝春秋 1800円 2005/4
 評者が最初に読んだ古川作品が◎『13』。その後◎◎『アラビアの夜の種族』や ○『サウンドトラック』で再び古川作品を堪能し、すると「JardinSoleil」の四季さんが、文庫化された際に二つの単行本が一つに収蔵された『沈黙/アビシニアン』(←四季さんの感想です
| 「本のことども」by聖月 | 2005/12/09 9:43 AM |
古川日出男のことども
  ◎ 『13』   ◎ 『アビシニアン』 ◎◎ 『アラビアの夜の種族』 ◎◎ 『中国行きのスロウ・ボート RMX』   ○ 『サウンドトラック』 ◎◎ 『ボディ・アンド・ソウル』   ○ 『gift』 ◎◎ 『ベルカ、吠えないのか』   △ 『LOVE
| 「本のことども」by聖月 | 2005/12/09 9:43 AM |
ベルカ、吠えないのか?
ベルカ、吠えないのか? 古川日出男 「20世紀」「戦争の世紀」「軍用犬の世紀」が、4頭の犬から始まる犬の系譜から語られる、まさにクロニクル。おもしろかったです。一体視点がどこにあるのか、時に歴史を高みから俯瞰し、時に犬に寄り添い語りかけるという不思
| 本のある生活 | 2005/12/09 1:55 PM |
ベルカ、吠えないのか? [古川日出男]
ベルカ、吠えないのか?古川 日出男 文藝春秋 2005-04-22 第二次世界大戦末期、日本軍によってキスカ島に残された四頭の軍用犬。人間に、そして時代に翻弄されながらも、子孫を増やし、生き抜いていく犬たち。時にすれ違い、時に交わりながら世界中に散っていく彼らは
| + ChiekoaLibrary + | 2005/12/09 4:30 PM |
「ベルカ、吠えないのか?」古川日出男
タイトル:ベルカ、吠えないのか? 著者  :古川日出男 出版社 :文藝春秋 読書期間:2005/08/10 - 2005/08/16 お勧め度:★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 1943年、日本軍が撤収したキスカ島。無人の島には4頭の軍用犬が残された。捨てられた事実を理
| AOCHAN-Blog | 2005/12/10 1:39 AM |
ベルカ、吠えないのか?
 これは悲劇である。イヌと人間の。また、この世界を生き抜いた証でもある。込み上げる熱い感情の置き場が見つからないまま、多くの試練や数々の生死、繰り返される闘いに目を奪われる、古川日出男・著『ベルカ、吠えないのか?』(文藝春秋)。それは、己との闘いでも
| まっしろな気持ち | 2005/12/20 6:08 PM |
「ベルカ、吠えないのか?」 古川日出男
ベルカ、吠えないのか?posted with 簡単リンクくん at 2005.11.18古川 日出男著文芸春秋 (2005.4)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2005/12/30 2:03 AM |
『ベルカ、吠えないのか?』
 犬は人間の友達かも知れないが、歴史の表舞台に登場することはない(「生類憐みの令」くらい?)。歴史が人間のものだからだ。  出来事を記録することで歴史が生まれる。そこでは、記録する者による取捨選択や誇張、省略などが行われている。歴史は人間が主役のフ
| 天竺堂通信 | 2006/01/05 5:25 PM |
犬は世界を駆け巡る 古川日出男「ベルカ、吠えないのか?」(文藝春秋)
犬の創世記だ。犬紀元ゼロ年は1957年11月3日。人工衛星スプートニク2号に乗せられたライカ犬、ライカが宇宙から地上を見下ろした日だ。ライカは米ソ宇宙開発戦争で功をあせったフルシチョフが地球への回収は想定外、つまり死すべきものとして打ち上げられたのだ
| 梟通信〜ホンの戯言 | 2006/01/14 5:51 PM |
「ベルカ、吠えないのか?」 古川日出男
「ベルカ、吠えないのか?」 古川日出男 20世紀、世界規模の戦争が多発する時代に生まれた軍用犬の血の歴史を描いた大作。まずダイナミックな装丁に惹かれる。 「大主教」と称される謎の老人、そしてヤクザの娘と犬たちが織り成す現代と、それからはるかに時
| 読書三昧。 | 2006/01/17 9:30 AM |
「ベルカ、吠えないのか?」古川日出男
「ベルカ、吠えないのか?」古川日出男(文藝春秋) 愛読blog「本を読む女。改訂版」さんのレビューを読んで興味を持った本です。太平洋戦争の最中、アリューシャン列島の小島に残された4頭の軍用犬。日本軍からアメリカ軍へ、そしてそれぞれ違った運命をたどり、歴史に
| うらひろ | 2006/01/22 12:22 AM |
「ベルカ、吠えないのか?」 古川 日出男
ベルカ、吠えないのか? これはいい。文句なしに面白かった。でもって凄い本だ。 読み終わった後、街ですれ違うイヌを見る眼が変わるよ。絶対。 物語は2つの軸から語られる。 一つは「神の視点」から語られるイヌの年代記(クロニクル)。こちらは、日本軍の
| 白百合姉妹 | 2006/02/01 12:26 AM |
ベルカ、吠えないのか?
ベルカ、吠えないのか?  吉田日出男 文藝春秋 2005年4月 1943年、アリューシャン列島のキスカ島/鳴神島に、日本兵が置き去りにいた4頭の軍用犬。北海道犬の北、ジャーマンシェパードの正男と勝、シェパードのエクスプロージョンの4頭。その子孫たちは
| <花>の本と映画の感想 | 2006/02/05 5:31 PM |
ベルカ,吠えないのか/古川日出男
 古川 日出男著。  神が語る「イヌ」の系譜の壮大な物語。  第二次世界大戦時の
| だるだるノオト | 2006/02/07 9:16 PM |
古川日出男【ベルカ、吠えないのか?】
もっと早く読むべきでした、この本。 世間では大評判であることを知りながら、「早く文庫化されないかな〜」とセコいことを考え、ようやく最近になってハードカバーを買うふんぎりがついた【ベルカ、吠えないのか?】。 おもしろいです。 ベルカは犬なの
| ぱんどら日記 | 2006/02/14 1:33 PM |
ベルカ、吠えないのか? (古川日出男)
古川日出男とは相性が悪そうなので、『アビシニアン』で読むのを止めようと思っていたのですが、やけに評判がいいので、魔がさして本書を手に取ってしまいました。が、結果は案の定でした。 この作家はリアリティのある描写を狙っていないから、わざとやっているので
| 読んだモノの感想をぶっきらぼうに語るBlog | 2006/04/04 6:29 AM |
『ベルカ、吠えないのか?』古川日出男 〜犬のメタファー〜
「これはフィクションだってあなたたちは言うだろう。 おれもそれは認めるだろう。でも、あなたたち、 この世にフォクション以外のなにがあると思っているんだ?」 漆黒の犬の咆哮が、今にも聞こえてきそうである。 装丁と同様に、古川日出男という作者は、あまり
| モグラのあくび | 2006/04/25 12:27 AM |
ベルカ、吠えないのか?
古川 日出男 ベルカ、吠えないのか? 「ベルカ、吠えないのか?」 古川日出男・著 文芸春秋・出版 『軍用犬たちのみた戦後現代史』  古川日出男さんは、「アラビアの夜の種族」というとんでもない作品 を書き、私の中の、"とんでもない本を書く人リ
| 個人的読書 | 2006/05/10 11:05 PM |
フルカワヒデオ(仮名)の物語
読売新聞の「顔」というコーナーに古川日出男が写真つきで登場した。 YOMIURI ONLINE この人の顔を見るのは初めてだ。 髪型もメガネのチョイスも、お洒落な感じがする。 古川日出男は【LOVE】という作品で三島由紀夫賞を受賞したそうだ。
| ぱんどら日記 | 2006/05/20 12:07 PM |
ベルカ、吠えないのか? 〔古川日出男〕
ベルカ、吠えないのか? ≪内容≫ 二十世紀をまるごと描いた、古川日出男による超・世界クロニクル。 四頭のイヌから始まる、「戦争の世紀」。 (BOOKデータベースより)
| まったり読書日記 | 2006/07/12 8:04 PM |
読書感想「ベルカ、吠えないのか?」
読書感想「ベルカ、吠えないのか?」 ベルカ、吠えないのか? 【評価】★★★★
| 三匹の迷える羊たち | 2006/07/18 10:38 AM |
古川日出男【ベルカ、吠えないのか?】
この本、もっと早く読むべきだった。 世間では大評判であることを知りながら、「早く文庫化されないかな〜」とセコいことを考え、ようやく最近になってハードカバーを買うふんぎりがついた【ベルカ、吠えないのか?】
| ぱんどら日記 | 2006/07/31 2:45 PM |
古川 日出男 「ベルカ、吠えないのか」
1943年、日本軍が撤収したキスカ島。無人の島には4頭の軍用犬が残された。捨てられた事実を理解するイヌたち。やがて彼らが島を離れる日がきて-。それは大いなる「イヌによる現代史」の始まりだった! 実は著者の作品を読むの
| bookshelf | 2006/08/04 9:22 PM |
古川日出男さんの朗読ギグ@高円寺20000V!9/24!(マッティア・コレッティ・ジャパン・ツアー)
朗読でありながら音楽的でもある古川日出男さんの朗読が高円寺のライブハウス、200...
| キアズマ | kiasmablog | 2006/09/14 10:20 PM |
「ベルカ、吠えないのか?」古川日出男
ベルカ、吠えないのか? 古川 日出男 1943年、日本軍が撤収したキスカ島。無人の島には4頭の軍用犬が残された。捨てられた事実を理解するイヌたち。やがて彼らが島を離れる日がきて-。それは大いなる「イヌによる現代史」の始まりだった! 動物を飼ったことがない
| Telefishin' | 2006/10/15 12:52 PM |
戌年に読む、ベルカ
ベルカ、吠えないのか?古川 日出男 文藝春秋 2005-04-22売り上げランキング : 72109Amazonで詳しく見る by G-Tools 古川日出男『ベルカ、吠えないのか?』読了。 1943年、キスカ島に残された4匹の軍用犬。 北海道犬の北。 ジャーマン・シェパードの正勇。 ジャーマン
| GREENFIELDS | 2006/11/29 3:22 PM |
古川日出男『ベルカ、吠えないのか?』
古川日出男『ベルカ、吠えないのか?』(文藝春秋、200504) どっちの立場に立って読んだらいいのか迷いました。 数を数えるヒトか、数を数えないイヌか。 系譜をもつヒトか、系譜を持たないイヌか。 で、手ごろな紙がなかったこともあって、 気ままに読みたい気持ち
| uc-road:blog | 2006/12/09 2:12 AM |
古川 日出男 『ベルカ、吠えないのか?』
古川 日出男(著) / 『ベルカ、吠えないのか?』 / 2005-04-22 / 文藝春秋(単行本) / A うぉん。 物語は、教訓を伝えるためにあるのではない。教訓を引き出すためにある。 そんなことばが頭をよぎる。 モノガタリスト古川日出男の真骨頂。 古川日出男は語る。犬の視
| bookmarks=本の栞 | 2007/04/15 7:43 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/05/14 11:06 AM |
久々にガツンときた小説
ベルカ、吠えないのか? (文春文庫 ふ 25-2) 古川 日出男文藝春秋 2008-05-09売り上げランキング : 38313おすすめ平均 力強く美しい、犬達の大叙事詩犬になるには映像がスパークしたAmazonで詳しく見る by G-Tools  凄い凄いぞ。  イヌよ、イヌよ、お前た
| 【和室】 やまとの部屋へようこそ | 2009/05/13 5:13 PM |
NOW READING
ざれこの今読んでる本
Categories
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Profile
Search this site
Sponsored Links