本を読む女。改訂版

関西弁でだらだらと本の感想書いてます。
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 島本理生ベスト3@My Best Books! | main | たらいまわし企画第19回 Ver.A「2005年に読んだベスト本」 >>
# 「猫にかまけて」町田康
猫にかまけて
猫にかまけて
  • 発売元: 講談社
  • 価格: ¥ 1,680
  • 発売日: 2004/11/16
  • 売上ランキング: 4,937
  • おすすめ度 4.84


町田康氏が飼ってる猫にひたすらかまけておる愉快なエッセイ集である。
文体がつい移ってしまう、いつもの町田節で綴られる日常。
ご本人と敦子夫人が撮影した猫写真も満載。
アマゾンで画像を見ると帯にでかでかとかわいい写真が・・・
図書館本だと帯がついてないから、まっしろな装丁なんですけどね。
ちょっと残念。

余談ですが、町田夫妻は柳美里の私小説「命」4部作にも頻繁に登場したため
敦子夫人も初対面とは思えず(いや、そもそも会ったことないけど)懐かしい感じがしました。
この本でも伺えますが、とても優しい、ステキな女性です。いいなあ、町田さん。
ま、それはともかくこのエッセイ。猫好きなら号泣間違いなしかも。
私も日々、犬にかまけておって、猫好きと激論を闘わせて・・・はいなくて
どちらも好きなんだけど、この本が犬をテーマにしてたら号泣は確実だったなあ。
猫、でも最後はほろほろときてしまいました。あーこういうのだめだあああ。
町田家のココアは20年生きてる、って書いてた時点で「うわ、長生きすぎ」って
思ってたんですけど・・・

号泣なんですけど冒頭はとっても愉快です。個性あふれる2匹
(本当は二人って書きたいけどバカだと思われるから書けない。by町田康)
ココアとゲンゾーと暮らす日常。ゲンゾーがかなり面白いんですよ。
ドアにぶら下がって「さるーん」をやったりとか、姿を想像すると
もう爆笑。それに右往左往する町田氏もかわいらしくって、
高飛車な女性であるココアのふてぶてしさもいいし、
また写真がどれもこれもなんだかふてぶてしい顔ばかりで、かなり微笑ましい。

でも、死にかけてた子猫のヘッケを拾ったあたりから、
町田夫妻は本当に猫にかまけ始める。病弱なヘッケから目が離せない二人、
必死で看病し、猫にかまいっぱなしになる、でも仕事はしないといけない、
仕事に行ってしまった自分が人でなしみたいに思える、
ずっと傍にいてやりたかった、そんな町田氏の思いに私の涙腺も緩んだ。

2年ほど前に死んでしまった犬を思い出す。齢18歳、ふらふらだった。
もう何も食べなくなっていつ死んでもおかしくなかったけど、
私は涙をこらえながら仕事に行った。ある日家に帰ったら、もう動かなく
なっていた。母が、「ちょっと何か食べれたから」って「にんにくエキスの
錠剤を飲ませたら、それから眠るように死んだ」と言ったときには
正直キレるのを通り越して笑うしかなかったが、
(死ぬ間際のしんどい時ににんにく飲ませるなんて!)
でも穏やかに、母に見守られながら亡くなったらしい。せめてもの救いだ。
でも翌日、勝手に忌引をとって役所に行ったら器物破損扱いされたのにはキレたな。
ちゃんと霊園で手厚く葬ってやればよかった、と信心深くもないのに思ったわ。

と、長年犬にかまけている私には痛いほどわかる、猫との生活、
猫を「一匹」と呼びたくない気持ち。家族同然だもんね。
だから、犬猫と暮らしている人が読んだら、痛いほど共感できる、
そんな生活が綴られてます。

エッセイでも町田氏は自虐ネタ炸裂で、ココアに「こんなくだらない文章
書いてないで私と遊んだらどうなの?」と言われる、とか、そんな言葉が普通に
出てくる。町田康の小説に出てくる主人公達と似通った思考回路が
そこでは書き連ねられていて、何故かわからないけどご本人はこういう方らしい。
と思うに至った。あれだけの作品書いててココアにそんなことを言われる
ゆえんはないのであるが、その自虐精神には妙に好感を持ってしまうなあ。
私も自虐癖があるけど、でもそれって洒落にならない自虐だから、
なんか違うんだけどね(30も過ぎた女が「あたし負け犬やし」とか
「最近傷が治らない」とか「太っても痩せない」とか。全部笑えないよね・・)

| comments(3) | trackbacks(3) | 22:17 | category: 作家別・ま行(町田康) |
コメント
ざれこさんの文章を読みながらじーんときました。素敵です。
犬にかまけている姿を思わず想像して、心なしか瞼が熱く思えてきたほど。
どうして挫折本になっちゃったのかなァ…あぁどうしてどうして。
もう、コレは再び挑戦するしかないような気がします。
| ましろ | 2005/12/07 4:31 PM |

ましろさんも猫にかまけておられるのに、挫折しちゃいましたか。
でも町田さんの文章は相性がはっきり分かれるみたいですもんね。私は合うんですけど。
是非、また挑戦してみて下さいね。
私もこの本で昔を思い出してちょい泣けました。今でも思い出すと泣きそうになります。
動物飼ってると、覚悟しないと仕方ないですんですけどね・・
| ざれこ | 2005/12/08 9:42 AM |

これを読むまで町田さんが苦手でした。読めませんでした。この本でいきなり愛してしまいました。すごい本でした…。これ読まなかったら『告白』なんてぜったい読まなかったです。
| chiekoa | 2005/12/08 6:47 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.zare.boo.jp/trackback/387366
トラックバック
猫にかまけて [町田康]
猫にかまけて町田 康講談社 2004-11-16 むちゃくちゃ笑って、笑って笑って笑って、そして泣きました。 町田さんとその飼いネコたちの暮らしをつづったエッセイです。私はネコを飼ったことはありませんし、むしろイヌ好きの方なのですが、読んだらネコを飼いたくな
| + ChiekoaLibrary + | 2005/12/08 6:45 PM |
猫にかまけて★★
猫は、この世で最も美しい“いきもの”だと思う。 私は猫好きだ。相当の猫好きだと思...
| ホン嫌いな書斎 | 2006/06/18 4:14 PM |
わたしも猫にかまけてる。。。
猫にかまけて 『猫にかまけて』 町田康 もともと猫は嫌いだったマチダさん。 でも、一緒に暮らすとやっぱ猫に 魅せられるんですよねw ヘッケくんも元野良猫ちゃん。 今家には6にゃんいるのですが(多すぎっ!!!w)、 そのうちの5にゃん
| 紙と文字 〜本の虫の三歩前〜 | 2007/08/16 5:01 AM |
NOW READING
ざれこの今読んでる本
Selected Entry
Categories
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Profile
Search this site
Sponsored Links