本を読む女。改訂版

関西弁でだらだらと本の感想書いてます。
<< March 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「波のうえの魔術師」石田衣良 | main | 「サウスバウンド」奥田英朗 >>
# 「娼年」石田衣良
娼年
娼年
  • 発売元: 集英社
  • 価格: ¥ 420
  • 発売日: 2004/05
  • 売上ランキング: 8,171
  • おすすめ度 3.66


なんか、ホストとかって興味もてないんですよね。
金払って男買ってやさしくしてもらってうれしいもんですかね。
営業スマイルってきっとわかるし、それって虚しくないのかなあ。

っていうかそもそもホストをやるような男の人って全く好みじゃない。
笑顔がさわやかな人とか、愛想のいい人とか、・・ダメなんだよなあ。
昔から変わり者が好きだった。何か一つ一芸に秀でてるとか、
変な奴とか。ホストはなんかそつがなくてまんべんなさすぎる気がする。

という私が読んでみました。「娼年」。体を売る男の話です。
といいつつ、主人公の彼はホストじゃない。ホストみたいな作り物めいた色気、
商売っけのある奉仕、とかじゃない。天性の才能、なんだろうなあ。

人生の目的を持てず生きていた20歳の男が、友人のホストが連れてきた
年増の女御堂静香に誘われる。俺を買うなら買え、と開き直った彼に
彼女が突きつけたのはあるテスト。彼女の目の前で、別の若い女性と、
彼はセックスをさせられ、そして、何故か、合格する。
そして彼は娼夫として歩みだす。

彼は自分は普通だと思ってるけど、とてもニュートラルな視線で
人を見て、その魅力を引き出すことができる、まさに稀有な才能を持ってる、
ことがだんだん読者にはわかってくる。
歪んだ性欲を持つ女性、夫婦で彼を呼んで妻を犯させて楽しむ夫、
真性マゾの同僚。人にはさまざまな性への欲求があり、個性がある。
一歩間違うとこれらの性癖は変態としてののしられたりするが、
彼はその性癖含めたその人を、一人の人間としてしっかり受け入れて、
彼女が喜ぶことをきちんとしてあげることができる。
商売を超えて。人間が人間にしてあげる慈愛に満ちた奉仕として。

小説のテイストは違うのに、「池袋ウエストゲートパーク」に出てくる
マコトを思い出す。彼もニュートラルな視線で世間を見つめ、
ホームレスやら孤独な少年やらの話を受け止めていくのだ。
石田作品に共通するこの、絶対的な平等さ、人は全員が全く違うもので
でもだからこそ全く対等なんだ、といったメッセージを、今回も強く感じた。

私には妙な性癖はないけど(歴代で好きになった男の9割がドラムをたたける、
ってのは変な性癖ではないよね?)、なんだか私も一人の女として
彼に受け止められているような、そんな一抹の満足感があった。

恋愛小説の秀作らしいが(「この文庫がすごい」恋愛小説部門でランクイン)
彼自身の恋の感情に関してはずいぶんあとに突然出てきた感じがして、
私はちょっと戸惑った。なんかとってつけたようで。
でもそれはとても切ない形で成就される。
ああ、体の関係じゃない、こんな恋もあるんだ、と思うと、
これが恋愛小説だったってことが急にしっくりきて、切なくなった。
そう、いろんな恋があるんだ。同じ人がいないように、同じ性欲だって
同じ恋だって、どこにもないんだなあ。

| comments(4) | trackbacks(7) | 00:53 | category: 作家別・あ行(その他の作家) |
コメント
リョウみたいなのって生まれながらの才能なんでしょうね。
誰でも偏見の目なく、平等に見ることができる。
すごいと思います。
おそらく石田さん自身がそういう人なのかなと最近思います。
どんな人にも同じように優しい感じが伝わってくるんですよ。
すっかり石田衣良ファンになってしまいました。
石田さんと話をしてみたいです。
| みわ | 2006/02/02 11:53 PM |

みわさん
そうですねえ。石田さんの作品ってそういう、平等な目線で語られることが多いような気がします。
「池袋・・」もそうですが、この本が確かに一番感じましたねえ。なかなかできそうでできないことだと思うんで、私もすごいと思ってます。
| ざれこ | 2006/02/05 2:24 AM |

はじめまして.
みわさんのブログからたどってきました.
最近「娼年」を読み,仕事を選ぶという観点から読後感を書いてみましたので,よろしかったら覗いてみて下さい.
トラックバックもさせていただきました.
どうぞ,よろしく.

| coollife | 2006/02/22 9:55 PM |

coollifeさん
はじめまして。TBとコメントありがとうございました。
そちらの感想も読ませていただいて、「仕事」って観点から読むとまたこの本も違った味わいが出てきそうだなあと思いました。いい仕事してますもんね、リョウは。
今後ともよろしくお願いします。
| ざれこ | 2006/02/23 2:14 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.zare.boo.jp/trackback/379959
トラックバック
教養、と、酒。
やっぱり今朝の更新はちょっと寂しすぎるので、またまたこんにちは 先日高校時代からの友人と飲んだときに「最近ブログが日記ばかりだよね?」と言われてしまったのですが、仕方
| あひょ! | 2005/11/25 3:06 PM |
「娼年」(石田衣良著)
 今回は 「娼年」 石田 衣良著 です。この本は第126回直木賞の候補作になっていますね。
| たりぃの読書三昧な日々 | 2005/11/29 10:16 PM |
娼年 / 石田衣良
娼年というタイトルの通り、コールガールならぬコールボーイのお話です。ごく普通の20歳の大学生リョウは、年上の魅力的な女性・静香に誘われて男娼として働き始めます。そして戸惑いながらも、様々な女性たちの欲望に対応していく。複数の女性たちと出会うたびに成長し
| 活字中毒 | 2006/02/02 11:54 PM |
石田衣良氏著「娼年」
去年の12月1日のブログ,「池袋ウエストゲートパーク シリーズ番外編 赤・黒」に続き,石田氏作品の読後感です. 20歳の大学生で,バーテンダーのバイトをしているリョウが, 男娼への道を駆け上っていく(駆け下りていく?)お話です. リョウの新しい仕事は女性客相手に
| 書く仕事 | 2006/02/22 9:56 PM |
娼年 石田衣良
娼年 ■やぎっちょコメント なんだか、すごい本です。 石田衣良さん初読本です。 主人公は20歳すぎ。あるとき友達がバイト先のバーに連れてきた中年の女性に、テストされ娼夫の道へ。 文章はもう官能小説の世界でありながら、ただ単に体の関係描写ではなく、それ
| "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! | 2006/07/31 3:53 PM |
本を読もう*。・+(*゚∀゚*)+・。*
最近、図書館によく行きます。 行くたびに6冊ずつ本を借ります。 本屋さんで立ち読みしたのも含めると、この2週間ほどで 25冊は読んでると思う。 本を読むのって、すごく楽しい☆・゚:。*ヾ(´∀`*)人(*´∀`)ノ*。:゚・☆
| π(パイ) 〜無限の可能性〜 | 2008/01/19 11:46 AM |
「娼年」石田衣良
石田衣良が男娼の世界を描いた作品。 それが「娼年」。    【送料無料】娼年価格:1,470円(税込、送料別) 二十歳の大学生、森中領(リョウ)は不毛な生活をしていた。 小学生で母親を亡くし、大学や友人、ガールフレンドにも醒めている。 そんな彼がバイト先で
| りゅうちゃん別館 | 2011/06/08 10:04 AM |
NOW READING
ざれこの今読んでる本
Selected Entry
Categories
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Profile
Search this site
Sponsored Links