本を読む女。改訂版

関西弁でだらだらと本の感想書いてます。
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「出口のない海」横山秀夫 | main | 「魔法使いハウルと火の悪魔」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ >>
# 「赤い月」なかにし礼
オンライン書店ビーケーワン:赤い月 上巻 オンライン書店ビーケーワン:赤い月 下巻

過去記事のアップです。
映画化されたころに原作を買って、DVD発売まで本棚に放置してた本。
DVDを見ようかと思い、先に本からいきました。

作者の母の自伝的小説ということで、期待の高かった作品です。
スケールもかなり大きそうだし。
常盤貴子も「気絶するくらい感動した」らしいし(帯参照)。

戦時中の景気に踊らされ、満州に渡った勇太郎と波子夫妻。
そこで森田酒造店を始め、店は関東軍にひきたてられて大躍進、
満州人を人とも思わぬ贅沢な暮らしをしていたが、
ソ連参戦、そして敗戦により状況は一変。満州人に襲われ逃げ惑う日本人。
そんなとき夫とはぐれてしまった波子は、たった一人で2人の子どもを守りつつ
生き延びようとするのだった・・・

波子はすごく強くて奔放で、すぐ恋愛してしまうしすぐ男を翻弄してしまう。
そして男への嫉妬にかられてしまったり。
はっきり言って浅はかでずるい。生き延びるために強くなるのは立派だが、
あまりにも手段を選ばない気がする。
夫と結婚するときも、長年つきあっていた男をあっさり振ってしまうのは
なんか打算的だし、なんだか私にはついていけなかった。

私はどうも、最後まで彼女に感情移入しづらかった。
ただ、実際の人をモデルにしてるからだろうか、彼女はある意味とても人間らしい。
ずるさも浅はかさも、実際そうなってみたらそうせざるを得ないような、
そういう気にもなってくる。人間、そんなに考えて生きてるわけじゃないし、
何事も美談というわけにはいかないのだから。
そう思うと彼女はとても生きている。

そして、当時の日本人が多分、みんな波子たちのように生きていたんだろう。
戦争だから何をやっても許される。戦時中に受けた教育や報道で踊らされ、
戦争を言い訳にしている部分はなかったか。
そうでも思わないと、戦時中に日本人がやったことはあまりにも酷すぎる。
波子がやったことも、ちょっと酷すぎる。

と、どちらかというと批判的感想になりつつありますが、
なんていうかなあ、私にはこの小説はとても物足りなかった。
期待していた分、ちょっと失望してしまったりした。

題材は凄いと思うのだ。実話だし、波子たちが逃げる様子なんかは
目を背けたくなるほどリアルだし、後にアヘン中毒になって波子の前に現れる
氷室と、面倒を見る波子の描写なんか、見た人でしか書けないすさまじさだ。
なのに人間の感情の描写とかが浅い。表現も月並みな表現ばかり。
平易な文章といえば聞こえはいいが、これだけのすばらしい題材を、
生かしきれていない。すごく物足りなかったし、すごくもったいないと思った。

波子という人間の暗部、氷室という人間の暗部、そして子どもたち、夫の葛藤、
もっともっと綿密に残酷に描かれるべきであった。そういう小説が読みたかった。

著者は母親を善人にこそしなかったけれど、
深く踏み込むことが怖かったんじゃないのかな。なんて思ったりした。
著者が大事に大事に書いた本をこんな風に書きたくなかったが、
本当に残念だと思ったのです。

今作ではほとんど出てこない兄との葛藤を描いた「兄弟」も気になります。
ちょっと読んでみて、なかにし家に詳しくなってみようかな。
それにしても波乱万丈の生き様ですね。本人というか家族というか。
家族ってのは自分に一生ついて回るからなあ。

映画の感想はこちらに。
| comments(0) | trackbacks(1) | 16:51 | category: 作家別・な行(その他の作家) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.zare.boo.jp/trackback/335763
トラックバック
生協の白石さんに「モビルスーツが欲しい」と聞くCM
▼第二十八回▼ ▲今回の名言・格言▲ ロングフェロー 「雨は一人だけに降り注ぐわけではない。」 ●前回のおさらい● ? バツイチIT長者藤田晋と巨乳タレントMEGUMI熱愛発覚。 ? 女優松島菜々子は意外にも面倒見が良く、交際が発覚した女優矢田亜希子と押
| 芸能人@イニシャルトーク解明ブログ | 2005/11/14 9:14 PM |
NOW READING
ざれこの今読んでる本
Selected Entry
Categories
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Profile
Search this site
Sponsored Links