本を読む女。改訂版

関西弁でだらだらと本の感想書いてます。
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「十八の夏」光原百合 | main | 「出口のない海」横山秀夫 >>
# 日常の謎
今日、一人である会社を訪問して、そこの担当者と少し話す機会があった。
二人で会議室に入り、私がちょっとコピーをお願いし、
担当者が出て行ったころ、女性社員さんがコーヒーを運んできて下さった。
彼女はもちろん私の方から先にコーヒーを置くわけだが、
私に渡されたコーヒーはカフェオレ色、つまり最初からミルクが入っていた。
そして砂糖が添えられている。
担当者の方に置かれたコーヒーはブラック。

普通は、お客さんのコーヒーに最初からミルクなんぞ入れない。
好みがわからないからだ。フレッシュを横に添える。

では、なぜ彼女は私のコーヒーにミルクを入れたのか?

________________________

ここまで話した時の彼氏の回答はこうだ。

「お子様やと思ったんちゃうか。ミルク入れな飲まれへんやろ、って。
だって、普通スーツ着て膝小僧にでかい絆創膏貼ってる女、
子ども扱いでもしゃーないやろ」
(事実である。先日派手にこけてしまい、絆創膏(Lサイズ)を貼り続けている。
そんなの10年ぶりくらいにみたわ、と数人に笑われている)

「そ、そんなん関係ないやんか。あれやで、用意した人と持ってきた人が
違ってんよ。きっとその担当の人がミルクが好みやったのに、
用意した人は知ってたけど持ってきた人はそれを知らんと、
私のほうにそれを置いてしまったんよ。その時担当者おらんかったから、
注意もできへんやろ。
あー、でも、あの人、ブラックコーヒー普通に飲んでたなあ・・・」

「お、子ども説有力」

「違うって。あーでもわかった、フレッシュがなかったんや。きっと。
切らしてて、クリープの大瓶を持っていくわけにもいかんから、
「でもあの女、子どもやからミルクないと飲まれへんで」と思って、
だからクリープを・・・だってインスタントコーヒーにクリープやったもん。
あの味は絶対そうや」

「お、子ども説認めたか。
つうか、単に誰かの間違って入れたの使いまわされたんちゃうか」

「うーん・・・つうか、子どもじゃないし・・・」

謎は深まるばかり。皆さん、どう思われますか?

日常にも、注意してみたら謎が満載ですね。
| comments(6) | trackbacks(0) | 02:36 | category: 雑記 |
コメント
うーん。誰か「時計を忘れて…」の護さんのような人に謎を解いてもらいたいですね。
私も「担当者はミルク入りが好き。それを知っていた女性社員はざれこさんにブラック、担当者にミルク入りを用意した。だけど、ついうっかり間違えてざれこさんの所にミルク入りを置いちゃった!一度出したもを引っ込めるわけにはいかないから、そのまま退場。担当者も苦手なブラックコーヒーを大人顔で我慢して飲んだ。」って思いました。
| なな | 2005/10/06 9:37 AM |

お客さんに、話をかき混ぜられたくなかったんじゃあないでしょうか?
| アトマツ★ブラック | 2005/10/06 11:07 AM |

>ななさん
おーやっぱりそうですかねえ。あとであの女子社員さんは怒られてるのかも?担当者がいないときに交換すべきか一瞬迷ったんだけど、「いや、あえて私にミルクを入れたのかも」疑惑もぬぐえず、まあいいかとそのままごくごく飲んじゃったのでした。

>アトマツさん
うわ、つまりは「ええからはよ帰れ」っていう意思表示だったのかも・・・なるほど・・・
京都でほうきを逆さにしておく、「ぶぶづけでも食べていきなはれ」と言う、そんな風なことか・・?・・・あなどれん会社です。
| ざれこ | 2005/10/06 12:09 PM |

なんかそういう風に彼氏さんと謎解きをしあったりたりとかって…ステキ!!!
と、本筋とはまた違うことを書いているわたし…。
| chiekoa | 2005/10/06 5:47 PM |

私もchiekoaさんの意見に賛成。
ざれこさんと彼氏さんは「時計を忘れて…」の翠と護さんって事じゃないですか。
愛があるなぁと思いました。
そして、関西弁あこがれるなぁ。
| なな | 2005/10/06 10:25 PM |

>ちえこあさん、ななさん
そう見えるのか・・?どんな話題でもすぐに私の膝の絆創膏を原因にして笑ってる男に、愛なんぞ・・・!くそー・・・・
(ここ数日かなりむかついてるのです。でもこけたのは自分だからよけい腹がたつ)
| ざれこ | 2005/10/07 9:52 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.zare.boo.jp/trackback/334325
トラックバック
NOW READING
ざれこの今読んでる本
Selected Entry
Categories
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Profile
Search this site
Sponsored Links