本を読む女。改訂版

関西弁でだらだらと本の感想書いてます。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 日常の謎 | main | 「赤い月」なかにし礼 >>
# 「出口のない海」横山秀夫
出口のない海 (講談社文庫)
出口のない海 (講談社文庫)
  • 発売元: 講談社
  • 価格: ¥ 620
  • 発売日: 2006/07/12
  • 売上ランキング: 9739
  • おすすめ度 4.0


これ読む前に荻原浩氏の「僕たちの戦争」を読んでいて、
「出口のない海」でも同じようなテーマを扱っていると聞いていて、
いつか読み比べてやろうと思っていたのだが、案外早く図書館で見つかった。

同じようなテーマ=人間魚雷、回天。
魚雷に人間が搭乗して、敵艦にぶちあたっていく。特攻隊の海バージョン。
これに搭乗した、元甲子園ピッチャーの並木の物語。

横山秀夫が歴史物、って意外な感じがした。
日航機墜落は描いてたけど、戦争ものだからなあ。でも緻密かつ客観的な
描写が展開されて読み応えあるんだろうな、と思っていたら、
なんだろう、微妙な違和感が。
最初から、並木が最後どうなるかはわかってしまっている。
いきなりキャッチャーの回想から物語が始まるからだ。

並木がどんな想いで回天に搭乗したのか、そういう点に思いを寄せながら、
当時の部分を読むことになる、が、

なんつうか、そこは大学野球部の面々の青春の日々。
軍事訓練のせいで肘をやられ、甲子園時代の速球が投げられなくなった並木は、
じゃあ魔球を作ってやろうと思い立つ。そしてキャッチャーを相手に
魔球を放り続けるが、球は普通に飛ぶばかりだ。
そして幼なじみの女の子、美奈子との恋が淡く描かれる。

戦争戦争してないのね。危機感が足りないというか、まあそれは大学生だから
召集をしばらく免除されてたからなんだが、なんていうか、
横山氏らしい客観的描写とは無縁の、そこは彼らの世界だった。
日本は勝つと無条件に信じているような。自分たちだけ兵役を免除され、
同年代の学生じゃない者は次々戦争に出て行く、その焦り、なんかを等身大に描いている。

違和感はあったがだんだん解けた。そりゃそうなのだ、
当時の人達は自分たちの世界で生きてたんであって、国がどうなってるとか、
戦況が悪化してることとか知りようがない。洗脳されているから自分の意志で、
戦争に赴こうと躍起になってしまうのだ。
彼らの目線で、きっと描いたのだろう。

そして学徒出陣が決まる。魔球はまだ出来てないが、並木も出征する。
最後に、常連だった喫茶店のマスターが集めてくれた寄せ集めチームと
試合をするシーンがよかった。
マスターは「プレイボール」って敵性語を堂々と叫ぶのだ。

出征して、そして回天への搭乗が決まる。
回天への搭乗=死、それははっきりしており、並木はいつかわからない死を
宣告されたのだ。
戦わなければならない、でも死にたくない。
学徒出陣のため知識もあり、また軍国主義に頭から洗脳された世代でもなかった彼は、
朗らかに死んでいこうとする後輩にとまどい、苦しみ続ける。

そして、誰にみせるでもないのに、魔球の投球はやめない。
犬のカイテンの小屋の周りで夜中に延々と練習し続けるのだ。

これは戦争だが、己との戦争である。
彼がたどり着いた境地はそこだった。
死ぬまでに何をなしえるのか。誰も見ていなくても、たった一人でも
魔球を完成させ、己が己に納得して死んでいく。
そんな彼は美しかった。死期を宣告されたからこそたどり着けた、美しさ。

でも回天なんて乗りたくないのだ。誰だって。だって死ぬほどの効果があるとも思えない。
ぶつかる敵艦だってどんどんしょぼくなってて、「せめて空母にぶつかりたい」とか
思ってるけど、結局補給船だったりして、死ぬこと自体に意味があるとは思えない。
それでもそんな中で、死ななければならない人々がいた。
今だったらおかしいのはわかる、でも当時はそうしなければならなくて、
しかも失敗でもして生きて帰ってしまったら、周りから白い目で見られる、
そして自分で自分が許せなくなる。死ねなかった自分が。
生きていくことが許されない、そんな時代、そこに生きていた人々の姿、
死ねなかった自分を責める人達、に私は泣いた。
どうして生きていたらダメなんやろ。

「俺は回天を後に伝えるために死ぬ」並木はそう言って、
自分の魔球を一人で見て、そして去っていった。

あーもう、泣いた泣いた。
あくまで主観的な、等身大な目線で、回天に搭乗した若い人達の生き様を
淡々と、でも熱く描いた横山氏の筆致に泣かされました。
淡々とした中から伝わってくる何かに揺さぶられました。

横山氏は私を泣かせるのが上手ですな。
オヤジくさいだのさんざん言いましたが泣けるんだよねえ・・くう・・
今回、そのオヤジ臭さはだいぶ少ないような気がしました。
淡々としてたからなあ。でも最後の野球のシーンなんかは本領発揮って
ところでしょうか。熱くて泣けた。

| comments(4) | trackbacks(11) | 15:25 | category: 作家別・や行(横山秀夫) |
コメント
このケースは光沢屈折が強くて、ピカピカ☆☆☆☆☆!
ラインストーンの輝きを楽しめます。☆☆☆☆☆☆
iPhoneケース: www.iphonecasesales.com
iphoneカバー: www.iphonecasesales.com
iPhoneケース: www.iphonecasesales.com
iphone5ケース: www.iphonecasesales.com
iphone4ケース: www.iphonecasesales.com
iphone4Sケース: www.iphonecasesales.com
iphone4S ケース: www.iphonecasesales.com/iphone4Scase.html
iphone4Sケース通販: www.iphonecasesales.com/iphone4Scase.html
| iphoneカバー | 2013/01/07 12:40 PM |


タオバオ 代行:jpdaikou.rigouwang.com
taobao代行:jpdaikou.rigouwang.com
タオバオ:jpdaikou.rigouwang.com
taobao:jpdaikou.rigouwang.com
中国 代行:jpdaikou.rigouwang.com
中国オークション:jpdaikou.rigouwang.com
中国 仕入れ:jpdaikou.rigouwang.com
淘宝網:jpdaikou.rigouwang.com

タオバオ 代行:jpdaikou.rigouwang.com
taobao代行:jpdaikou.rigouwang.com
タオバオ:jpdaikou.rigouwang.com
taobao:jpdaikou.rigouwang.com
中国 代行:jpdaikou.rigouwang.com
中国オークション:jpdaikou.rigouwang.com
中国 仕入れ:jpdaikou.rigouwang.com
淘宝網:jpdaikou.rigouwang.com
| 淘宝網 | 2013/01/07 12:44 PM |

日本人向けのタオバオ代行業者、値段が安くて、サービスがいい
信用いち」は弊店の理念で、ご安心でご購入ください。
★一信用 第1 サービスが行き届く!
価格合理 商品最新 商品が到着するのは迅速で、安全!
当店を信じるのは最も理想的な選択だ!
下記の連絡先までお問い合わせください。
taobao代行:www.86daikou.com
タオバオ 代行:www.86daikou.com
中国 代行:www.86daikou.com
taobao:www.86daikou.com
タオバオ:www.86daikou.com
中国オークション:www.86daikou.com
中国 仕入れ:www.86daikou.com
淘宝網:www.86daikou.com
| 中国 代行 | 2013/01/07 12:45 PM |

品質が良くてサービスもいいし 更に適切な値段 きっと君に満足できる。ご安心利用ください
タオバオ 代行:jpdaikou.rigouwang.com
taobao代行:jpdaikou.rigouwang.com
タオバオ:jpdaikou.rigouwang.com
taobao:jpdaikou.rigouwang.com
中国 代行:jpdaikou.rigouwang.com
淘宝網:jpdaikou.rigouwang.com
中国 仕入れ:jpdaikou.rigouwang.com
中国オークション:jpdaikou.rigouwang.com
| タオバオ | 2013/03/15 2:50 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.zare.boo.jp/trackback/334262
トラックバック
『出口のない海』 横山秀夫 講談社
出口のない海 今回は戦争モノと、新たなジャンルに挑戦…ではなく、著者が1996年にノベルズとして出した旧著を全面改稿したもの。 終戦真近、万が一にも生き残る可能性もない人間魚雷に乗ることになる主人公。何の為に死ぬのか…理由付けをしたい。そしてまだ夢
| みかんのReading Diary♪ | 2005/10/07 3:46 PM |
◎◎「出口のない海」 横山秀夫 講談社 1785円 2004/8
 横山秀夫の作品を読んで初めて涙した。主人公は大学野球の投手。甲子園で活躍した選手であったのだが、肘をこわし、再起をかけて、未だかつて誰も投げたことのないような魔球を投げることを夢見、そしてそれに挑む。そんな彼が、なぜ特攻魚雷「回天」に乗り込んで散っ
| 「本のことども」by聖月 | 2005/10/07 6:54 PM |
横山秀夫のことども
  ◎ 『陰の季節』 既読書評なしm(__)m   ◎ 『動機』   ○ 『半落ち』 ◎◎ 『顔−FACE−』   ◎ 『深追い』 ◎◎ 『第三の時効』   ○ 『真相』   ○ 『クライマーズ・ハイ』 ◎◎ 『影踏み』   ◎ 『看守眼』 ◎◎ 『臨場』 ◎◎
| 「本のことども」by聖月 | 2005/10/07 6:56 PM |
「出口のない海」横山秀夫
タイトル:出口のない海 著者  :横山秀夫 出版社 :講談社 読書期間:2004/11/29 - 2004/11/30 お勧め度:★★★★ [ Amazon | bk1 ]+++++ 甲子園の優勝投手、並木浩二は、大学入学後、腕の故障を克服すべく、"魔球"の完成にすべてをかけていた
| AOCHAN-Blog | 2005/10/07 9:14 PM |
出口のない海(横山秀夫)
甲子園の優勝投手である並木浩二は、大学に入ってからヒジの故障で苦しんでいた。あ...
| のほ本♪ | 2005/10/08 5:00 PM |
『出口のない海』 横山秀夫 (講談社)
出口のない海横山秀夫著出版社 講談社発売日 2004.08価格  ¥ 1,785(¥ 1,700)ISBN  4062124793人間魚雷「回天」。海の特攻兵器。脱出装置なし…。甲子園の優勝投手は、なぜ、自ら「人間兵器」となることを選んだのか? 96年マガジン・ノベルス・ドキュメン
| 活字中毒日記! | 2006/01/18 1:54 AM |
(書評)出口のない海
著者:横山秀夫 「回天」。発射と共に搭乗者の死を意味する人間魚雷。第2次大戦末期
| たこの感想文 | 2006/07/29 8:55 AM |
読書日記 『出口のない海』
出口のない海 横山 秀夫  人間魚雷「回天」。そんな兵器があるということは知らなかった。簡単に言うと、人間が魚雷の中に入り込み、操縦することで目標とした敵艦を撃破するための兵器である。むろん、操縦する者は助かることはなく、海の神風特攻隊とでも言え
| やすのぼやき | 2006/08/14 10:29 PM |
出口のない海 横山秀夫
出口のない海 前回「クライマーズ・ハイ」を読んで、非常に良かったので今回も期待して購入。戦争物ということで読む方も心して読まなければ! 回天という人間が乗り込む魚雷のことは、これまで余り知らず、かなりショッキングな話でした。戦争が奪った数多くのも
| 不惑への道(The Road to 40)  | 2006/10/02 10:51 PM |
「出口のない海」 横山秀夫
お薦め度:☆☆☆☆ / 2006年8月15日読了 
| 仙丈亭日乘 | 2007/06/14 5:34 PM |
『出口のない海』 横山秀夫
「横山秀夫」の戦争小説『出口のない海』を読みました。 [出口のない海] 『戦史の証言者たち』、『大本営が震えた日』に続き太平洋戦争関連の作品です。 -----story------------- 最終兵器「回天」が意味すること。 戦争とは、青春とは――。 人間魚雷「回天」。 発
| じゅうのblog | 2015/08/18 9:40 PM |
NOW READING
ざれこの今読んでる本
Selected Entry
Categories
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Profile
Search this site
Sponsored Links