本を読む女。改訂版

関西弁でだらだらと本の感想書いてます。
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「星月夜の夢がたり」光原百合 | main | 荻原浩ベスト3(My Best Books!) >>
# 「ぼんくら」宮部みゆき
オンライン書店ビーケーワン:ぼんくら 上 オンライン書店ビーケーワン:ぼんくら 下

「日暮らし」が図書館からもうすぐ届くため、そろそろ読むかな、と
積読から取り出して読んでみた「ぼんくら」。宮部作品は久しぶりに読む。
うへえ、やっぱり面白い。予想以上の手応え。やっぱええわ〜
井戸から鉄瓶が出たため鉄瓶長屋と呼ばれる深川の長屋が舞台。
差配人の久兵衛、煮しめ屋のお徳が取り仕切り、平穏だった長屋は、
ある夜に起こった殺人事件で差配人が失踪、次にやってきた若い差配人の佐吉が
やってきてから、なにやら雲行きがおかしくなってきて・・?
出入りの役人である井筒平四郎が細かな事件を解決してはいくんだけど、
どんどん人が、減っていくのだ。めんどくさがりの平四郎も、
なんだか気になってきた。さて。

「あらまあ上下巻なのに短編集とはどういう料簡だい」と最初は啖呵もきりたくなった。
お徳や、平四郎が解決する「日常の謎」と言うべき謎が並ぶ短編集、に
最初は思えたのだ。なんだよ、2冊にする意味あるのかよ。と思ってたら、
いきなり「長い影」という篇が始まる。そこで私はまたもやあらまあ、と
驚かざるを得なくなる。・・・今までのはプロローグに過ぎないらしい。
今までの小さないきさつが「長い影」という長編に絡んでくる。
・・・どうやら長編小説らしい。
このからくりが解けてから、俄然面白くなっちまって、
必死に読んでしまった。こういう連作長編?って、あまり見ないし、
宮部氏はいつも新たな構想を練っては、私達を驚かせてくれる。
またその短編の絡み具合が絶妙なのだよ。

そして、探偵役?とも言える同心の平四郎のキャラが際立っている。
怠け者でめんどうくさがり。自分が父の跡を継ぐのが面倒だからって
父の隠し子を探し始めてその探索の腕前を買われちまって、
仕方なく同心をやってるような、そんな筋金入りだ。
でもそうやって面倒だからと少し距離を置いて物事を眺めている、
だからこそ見えることもあるんじゃないかな。その視線は常に町に優しい。
鼻毛ばっかり抜いてるけど、怒るときは怒るし、やるときはやるのだ。

で、平四郎の甥っこが出てくる。弓之助。こいつは超美形の子どもで
「幅を正確に測る」という特技を持っている。
「叔父上さまの眉毛と眉毛の間はちょうど五分ございますね」とのっけから
平四郎をぽかんとさせる。この強烈なキャラがただの甥っ子?と
思っていたら探偵までやりはじめる。なかなか鋭い。
幅を計っていったら世の仕組みも測れる、のであろうか。
やっぱり探偵役のキャラって時代ものだろうが現代ものだろうが、
推理小説を読み進める重要なポイントだと思うけど、楽にクリア。

名脇役たちもたまらないですね。「うへえ」と驚いてばかりいて
弓之助に嫉妬する中間の小平次やら、昔の話を何でも覚えてしまう「おでこ」やら、
もちろん長屋の人たち、佐吉やらお徳やらの人柄や性格も描きこまれていて、
全員をいとしく思える(もちろん悪人もいるが)。
それぞれの思惑や想いが絡み合う人間模様が、複雑に描かれていて、
奥の深いドラマを作っているなあ、と思う。
だってたどり着いた結論は、たいして大掛かりなトリックもなく、
たいしたことないことだったけど、それでもこれだけ読ませるってのは、
皆の思いを描ききった結果だろう。じわりじわりと読ませます。

結論にたどり着いて平四郎は怒ります。滅多に怒らない彼が。

なんていうか、人の人生は短いようで長くって、
小さいころから思い込んできたこと、それを糧に生きてきたこと、
そんな想い、は最初から自分で選択できるわけでもなく、物心ついたらそこにある。
環境とか、自分の境遇とか、そういう、どうしようもないこと。
それがささやかな悪意から作られていたとしたら。
自分が信じていることは、なんだろうか。

人間が、ほんの少しの悪意とか、いや、良かれと思ってやったこととかででも、
赤の他人の人生を決定付けることが、確かにあって。
それはもう、その人に根付いてしまったら、取り返しがつかない。
人と人とがかかわるってことはそれだけの覚悟が必要であって、
そんなことでめまぐるしく人生は移ろっていく。
そんなことを、一瞬、胸が締め付けられるくらいに哀しく感じた。

そんなかかわりを見せ付けられても、それでも、
人と人が関わるって奇跡みたいにすごい、温かいことでもあるってことが、
最終章のお徳を見ていると、すごく感じて、嬉しくなる。
ラストの短編「幽霊」ではなんだか胸が熱くなりました。
ここでお徳を主人公に据える、いいですこの心意気。

ということでなんだかとても気に入ってしまい、
手元にまだ「日暮らし」がないのがもの寂しいくらいでした。
早く読みたいなあ。また井筒平四郎と弓之助に会いたい。
| comments(4) | trackbacks(8) | 01:13 | category: 作家別・ま行(宮部みゆき) |
コメント
こんばんは。
TBさせていただきました。
「日暮し」早く読めるといいですね♪
こちらもまた、おもしろいですよ!
「日暮し」の感想、楽しみにしています。
弓乃助くんが大活躍ですよ(笑)
| ゆう | 2005/08/30 9:19 PM |

ありがとうございます。
「日暮らし」は図書館で予約していて、上巻はもう届くようなんですが
下巻はあと数人待ち。上巻を読むのをぎりぎりまで待たないといけなさそうで、
タイミングが難しいです(笑)セットで届けばいいのに・・
楽しみにしてます。弓之助の活躍。
| ざれこ | 2005/09/01 1:50 AM |

こんばんは。
はい、これは長編でしたね。
平四郎のキャラ、そしてお徳さんの人情が好きでした。
でも僕は、宮部みゆきの時代物は短編の方が好みかな。
| the salaryman | 2008/01/27 11:07 PM |

the salarymanさん
短編にみせかけて長編でしたねー。そうですか、短編の方が好きですか。私も短編も好きですけど、案外大長編の「孤宿の人」なんかも気に入っていたりします。今「あかんべえ」を積んでいるので、早く読みたいなあと思ってます。
| ざれこ | 2008/01/29 11:30 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.zare.boo.jp/trackback/289157
トラックバック
『ぼんくら(上・下)』 宮部みゆき (講談社文庫)《再読》
ぼんくら 上(講談社文庫)宮部みゆき〔著〕出版社 講談社発売日 2004.04価格  ¥ 620(¥ 590)ISBN  4062747510bk1で詳しく見る ぼんくら 下(講談社文庫)宮部みゆき〔著〕出版社 講談社発売日 2004.04価格  ¥ 620(¥ 590)ISBN  4062747529bk1で
| 活字中毒日記! | 2005/08/25 12:00 AM |
ぼんくら(上・下) 宮部みゆき
江戸・深川の鉄瓶長屋を舞台に繰り広げられた長編時代ミステリー。 長屋の一軒で殺人事件が発生し、穏やかに暮らしていた人々の間に戦慄が走る。 その後、様々な理由をつけて長屋を出て行くものが後を絶たない。 その謎に同心・井筒平四郎が挑む。 登場人物が個性豊
| かみさまの贈りもの〜読書日記〜 | 2005/08/30 9:17 PM |
ぼんくら(上) [宮部みゆき]
ぼんくら 上宮部 みゆき〔著〕 amazonでレビューをみる オンライン書店BK1でレビューをみる 「殺し屋が来て、兄さんを殺してしまったんです」 江戸・深川の鉄瓶長屋で八百屋の太助が殺された。その後、評判の良かった差配人が姿を消し、三つの家族も次々
| 玉葱の本棚 | 2005/10/09 2:29 PM |
ぼんくら(下) [宮部みゆき]
ぼんくら 下宮部 みゆき〔著〕 amazonでレビューをみる オンライン書店BK1でレビューをみる 「俺、ここでいったい何をやっているんだろう」。江戸・深川の鉄瓶長屋を舞台に店子が次々と姿を消すと、差配人の佐吉は蒼白な顔をした。親思いの娘・お露、煮売
| 玉葱の本棚 | 2005/10/11 12:08 AM |
ぼんくら [宮部みゆき]
ぼんくら宮部 みゆき 講談社 2000-04 舞台は江戸・深川の長屋。通称・鉄瓶長屋というその長屋で煮売り屋を営むお徳と親しくしている同心の井筒平四郎。ある日長屋で店子が殺されるという殺人事件が発生。そしてそれに続く差配人の失踪に、店子たちに次々と降りかかる
| + ChiekoaLibrary + | 2006/07/26 1:40 PM |
ぼんくら
宮部 みゆき ぼんくら〈上〉 宮部 みゆき ぼんくら〈下〉 「ぼんくら」          宮部みゆき・著 講談社・出版/講談社文庫 『鉄瓶長屋に秘められた謎』  本書は、本所深川の鉄瓶長屋と呼ばれる長屋を舞台にした 宮部みゆきさんの連
| 個人的読書 | 2006/10/11 11:42 PM |
『ぼんくら』 (上・下)   宮部みゆき
これぞ「宮部みゆきワールド」の眞骨頂であらう!
| 仙丈亭日乘 | 2007/06/14 5:23 PM |
ぼんくら(上)(下)/宮部みゆき
久々に宮部みゆきの時代物を読みました。これは長編ミステリーです。ちょっとまぬけでも要所では厳しい、平四郎のキャラに好感が持てました。後半は盛り上がりましたが、前半はややもたつき気味。もう少し簡潔でもよかったかな。
| サラリーマンの読書エッセイ | 2008/01/27 10:54 PM |
NOW READING
ざれこの今読んでる本
Selected Entry
Categories
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Profile
Search this site
Sponsored Links