本を読む女。改訂版

関西弁でだらだらと本の感想書いてます。
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「オロロ畑でつかまえて」荻原浩 | main | 「13階段」高野和明 >>
# 「13階段」

/ ポニーキャニオン(2003/09/05)
Amazonランキング:7,877位
Amazonおすすめ度:



原作を読んで翌日にこれを観る羽目になりました。
先に原作を読んでいた連れが「作者がこの映画気に入らないって
言ってんだって。あとがきに書いてた。だから観たい」などと言い出し、
だから私もあわてて原作を読み映画に挑んだわけです。
まあけっこう悪趣味な見方ではあります。

いやー原作読んで翌日にみちゃったから余計ですけど、
どうも、ダメですねえ、この映画は。
もう言っちゃいますけどラストが原作と違うのよ。
原作の苦々しさが消えてて、なんだか妙に人情味あふれる、
ハッピーエンドみたいになっちゃってるわけですよ。
まあね、映画だけみてたら「まあありがちな、火サスのスペシャル版程度よね」
くらいの意識でみれたと思うんだけど、原作読んでたらダメですね。
ラストが違うとすべてひっくり返っちゃうの。原作の意図したところが、
全く違うものになっちゃう。だからはっきりいって違うドラマでした。

だから困ったことに原作の荒っぽいミステリ部分だけがあらわになって、
しかも彼らの緻密な捜査部分ははしょられてるもんだから
面白みもなくなって、悪いとこどりになっちゃってる。ただの暗い映画やん・・・

さらに役者の持ち味が全く生かされてないし。
反町くんはイメチェン狙って暗い役やって全くよくなくなって
棒読みだけ目立つし、山崎努ほどの重鎮をここに配する必要はあったのか?
まあ彼がいなかったら本当に観れなかったと思うけどさ、
持ち味は生かされてなかったな。

と、悪いけど原作と比べまくってしまいます。
映画と原作は別モノとはわかっていても・・・・これはどうもダメでしょう。
っていうか原作読んでないと、映画だけみてこれストーリー把握できるのかな?
すごいはしょりっぷりだったので、ちょっと難しいと思う。

しかし、死刑のシーンは印象深かったです。やっぱり大事なシーンなのは
わかってたんですねえ。「たんぽぽが綺麗でした」と言う悟り顔の宮迫には
少し鬼気迫るものも感じました。

あとねえ、小心者の刑務官の役の人がどっかでみたことある、と思ったら
寺島進じゃないか。いやーこれはびっくりした。
全く存在感もアクもなくって、また役者の持ち味生かされてないんだけどさ、
そのアクのなさにびっくりした。別人やんか。すごい化ける俳優だなあ、と
むちゃむちゃ感心したのでした。彼を見れたことは今回の収穫です。
| comments(1) | trackbacks(1) | 20:29 | category: 本以外のこと |
コメント
宮迫さん、巧かったですねー。
「13階段」で、最も記憶に残るシーンになったかも…。

映像化された際には違う作品として捉える、
というのが定説になっています。
それがイヤなら映像化を許可してはいけないのですが、
乱歩賞受賞作に関しては、その選択肢がありませんものね。

原作者が映画製作にも口を挟めるようなシステムならば
少しはましになるのかしらん!?
私は、「亡国のイージス」には期待をかけているのですが…。
| nemuri_neco | 2005/07/24 10:03 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.zare.boo.jp/trackback/256809
トラックバック
映画版「13階段」
文庫版「13階段(ISBN:406274838X)」の解説を書いた宮部みゆきさんは、次のような事を述べています。乱歩賞作家として立つ以前には映画やドラマの製作・脚本の世界で活躍しておられた高野さんは、映画「13階段」の仕上...
| Gotaku*Log | 2005/07/24 9:33 PM |
NOW READING
ざれこの今読んでる本
Selected Entry
Categories
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Profile
Search this site
Sponsored Links