本を読む女。改訂版

関西弁でだらだらと本の感想書いてます。
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「イン・ザ・プール」 | main | 第133回芥川賞、直木賞メッタ斬り! >>
# 「フライ、ダディ、フライ」
公式サイト

平日の夜、一人でふらっと映画に行くのは楽しい。
ふらっと映画をみて、帰りにちょっとウインドウショッピングをして、
デザートつきのパスタを食べて、コーヒーを飲みながら
お気に入りの文庫をひらいたり、映画のシーンを思い出したり。贅沢だ。
ましてや、観た映画がすがすがしい映画だったらなおさら。

すごくいい気分で家路につくことができた。
原作を読み期待が膨らみ、さらに映画の脚本が金城一紀本人だというので
これは期待を裏切らないはず、しかも岡田准一と堤真一、文句なし。
さらにチケットをローソンで買ったら絵本までついてくる。いいことづくしだ。

そして映画は期待を裏切らず。あーすがすがしい。

(ストーリーは原作の感想にかいつまんでますからそれを参照してください。すんません。)

原作の根本に流れるものを損なうことなく、脚本はシンプルに仕上げられている。
そういやもともと映画化ありきで原作は書かれたみたいだから、
当然といえば当然なんだけど、本でしか表現できないもの、映画でこそ
表現できるもの、そういう分け方がしっかりされている気がして、気持ちいい。

原作にはないシーン、家で一人ぼっちで犬と遊ぶ朴舜臣の姿をみせたり、
朴が怪我をした原因が違うことだったりしていたけど、そういう些細なことで
彼の孤独や弱さが浮き彫りにされて、そしておっさんとの友情も際立ってくる。
孤独な高校生とおっさんとの友情物語、そういうシンプルでストレートな
メッセージが伝わってきて、すがすがしい。

私は何度も泣きそうになってしまった。でもあざとさが全然ない、
泣かせに入ってないのに泣ける、シンプルなのに深い。そして温かい。

印象に残るシーンがいくつもあって、映像的にもみせる映画だった。
岡田准一がいい。たたずまいだけで絵になる彼、彼が「鷹の舞」を
踊っていて、それまでのモノクロシーンがカラーになって空に色がつく、
そのシーンはずっと頭から離れない。美しい。
たたずまいだけで美しいけど、はじめは冷たい舜臣の目がどんどん優しくなって、
どんどん年相応の高校生になっていく様子がわかって、ああ心を開いたんだな、と、わかる。
なんか油断してましたけど(?)すごい役者かもしれないなあ、って思いました。
岡田准一すごいかも。かっこいいだけじゃないかも。
堤真一はいわずもがな、です。弱いおっさんが強くなったのが目だけでわかる。
稀有な俳優さんですね。この二人がどーんと演技してくれるので、
それだけでも十分な見ごたえ。

でも脇にしっかりいい人たち使ってたので、にやりにやりでした。
バスがねえ。鈴木さんがトレーニングで普段乗っていたバスを追いかける、
いつもの乗客が手に汗握ってそれを見守る、すばらしいシーン、
バスの中がまた、味のある個性派俳優で占められ、彼ら一人一人に
人生を感じるわけで、そして鈴木さんの走りに彼らが元気になるのがわかる。
おっさん達が元気になるすごい映画なんですよ。これは。

そして映画ではシンプルにまとめられてましたが、ザ・ゾンビーズのメンバーもいい。
南方をやっていた松尾敏伸(「きょうのできごと」のかわちくんだよな)が
居住まいがよくって、でもカリスマ性があってぴったりでした。いい存在感。

あくまで俳優の持ち味と脚本の面白さを生かしたシンプルな映画、
でも泣いたり笑ったり私の感情の起伏はあがったり下がったり、
そして終わったあと温かくさわやかな気分で、家路につくのです。
すべてのおっさんたちへ、そして私みたいな弱い人たちへ、届けたい映画。

※トラックバック等ありがとうございます。
ただ、映画のブログを別に作ってしまいましたので、
今後もしこの記事にトラックバックを、と思う方がおられましたら、
お手数ですが以下のリンクに飛んでいただいて、トラックバックいただけたら
大変嬉しいです。
この記事はたくさんトラックバックいただいてますので、このまま残しておきます。

映画を観る女。「フライ、ダディ、フライ」
| comments(5) | trackbacks(26) | 00:43 | category: 本以外のこと |
コメント
こんにちは、ブログいつも楽しく拝見しております。
フライ、ダディ、フライのこちらのエントリーを見てから
居ても立っても居られず観にいってしまいまして(笑)
(追記の方は見てなかったのですが)
TBさせて頂きました!
追記のほうは映画観た後に読んだのですが
泣かされましたよね。
「泣いてください」っていう押しつけがましさが
全くない感動ってなかなか貴重なので良かったです。
役者さんたちも素晴らしくて、観に行って良かったという映画でした。
前々から観たいな、と思っては居たのですが
後押しして下さって感謝です!
これからも頑張って下さいー。
| みや | 2005/07/21 12:49 AM |

こんばんは。いてもたってもいられなくさせてしまいましたか。
映画気に入ってもらってよかったです。と自分で作ってもないけど
ほっとしました(笑)。
いい映画でした。岡田准一を追いかける決意をしました(・・・・)
いや、おっかけじゃなくて出てる映画を観ようかな、程度ですが。だってカッコいいし。

最近ゾンビーズ第三弾「SPEED」も購入、金城一紀にも染まってる私でした。

| ざれこ | 2005/07/21 1:19 AM |

こんにちは、TBありがとうございました。
こちらもさせてもらいますね。
私監督の「油断大敵」が大好きでして、
実はおお泣きに泣きました。
中年の描き方がほんと上手い人です。

その一方で若者への視線が暖かい。
ゾンビーズというんですか。
彼らの活躍する映画をもう一本見てみたい気がしました。
| KUMA0504 | 2005/07/21 10:49 AM |

こんばんは、私もTBさせていただきました。
自分家でもすでに長々と語ってしまいましたが、ざれこさんも岡田くんの舜臣がツボにはまられたようなのが伝わってきました…同じです(笑)
シンプルだけどいい映画でしたね^^
DVDが出たらまた観たいと思います〜
| banri | 2005/07/21 11:37 PM |

ざれこさん、こんにちは。
TBは本の方にさせていただいたんですけど
映画の感想もあったので思わずこちらにコメント。
この記事を拝見してひと言。
私も観たい!!
なんと「鷹の舞」まであったんですね。うわー、観たい。
それにすごく上手く映画化されてるみたいですね。
小説=映画とは思っていないので、映画でこそ!みたいな
表現がいっぱいあるとほくほくしてしまいます。
うわー、観たいなあ。いつまでやってるかしら。

「SPEED」もすっごく楽しみなんですよね。
あ、でも私も勿体無くてなかなか読めないかもです。(笑)
| 四季 | 2005/08/09 4:33 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.zare.boo.jp/trackback/242589
トラックバック
『フライ,ダディ,フライ』
  「大切なものを守りたいんだろ、おっさん」■監督 成島 出■原作・脚本 金城一紀■キャスト 堤 真一、岡田准一、松尾敏伸、須藤元気、星井七瀬、愛華みれ、塩見三省、田口浩正、徳井 優、温水洋一、モロ師岡 絵に描いたような円満な家庭で幸せな生活を送って
| 京の昼寝〜♪ | 2005/07/13 12:52 AM |
フライ,ダディ,フライ
金曜日が飲み会でちょいと遅くなったため、今日は少し寝不足です   さて、本日1本目は「フライ,ダディ,フライ」です。 楽しみにしていた一作。   あっという間の2時間ちょっとでした。期待通り メチャメチャ面白かったです 見事に僕のストライクゾー
| ★☆★ Cinema Diary ★☆★ | 2005/07/13 12:56 AM |
期待を裏切らない面白い作品◆『フライ,ダディ,フライ』
6月21日(火)試写会(TOHOシネマズ木曽川)にて どうでもいいことかもしれないが、私は岡田准一のファンだ。 どのくらいのファンであるかというと、6〜7年くらい前に、自宅PCの壁紙は岡田准一だったのに、だからと言って「V6の(名古屋)レインボーホールのチ
| 桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」 | 2005/07/13 2:31 AM |
フライ、ダディ、フライを観て来ました!
#5 (2005.7月から起算) 「大切なものを守りたいんだろ、おっさん」 2005年7月9日 東映系全国ロードショー公開 2005年/日本 配給:東映 岡田准一の熱望!堤真一の熱演! そして、 Mr.Childrenの共鳴! 最高の出
| ★☆★風景写真blog★☆★Happy infectio... | 2005/07/13 9:48 PM |
「フライ,ダディ,フライ」
‘飛べ、おっさん、飛べやぁ〜’堤真一扮する真面目なサラリーマンのおっさんの底力を見せ付けてくれる元気の出る映画。 大事な一人娘を傷付けられて、その相手をいつか必ず!とぶちのめしてやりたくて、トレーニングに励むというそんな努力の日々。。。 ぶっきらぼ
| 雑板屋 | 2005/07/14 2:23 AM |
FLY,DADDY,FLY フライ、ダディ、フライ
 おっさんが高校生から人生を学んだっていいかもしれない・・・頑張れ、おっさん!  今まで見た岡田准一の映画の中では一番ハマっているのではないでしょうか。彼が演ずるスンシンはケンカが強くてクールな奴ではあるけど、人間の暖かさを理解し、相手の立場になるこ
| ネタバレ映画館 | 2005/07/15 6:36 PM |
フライ、ダディ、フライ。
『フライ、ダディ、フライ』という映画を観てきました。 もしあなたに一人娘がいて、その子が誰かに顔をぼこぼこに殴られて怪我をさせられたら、あなたはどうしますか? 当然最初は憤るでしょうけれど、最後はあれは悪い夢だったのだとか、交通事故みたいなものだった
| この世界の憂鬱と気紛れ | 2005/07/17 9:21 AM |
スンシンの視点で観た場合◆『フライ,ダディ,フライ』 (2回目)
7月10日(日)TOHOシネマズ木曽川にて 2回目なので、ネタバレで書きます。 未鑑賞の方は、こちらをどうぞ。 ↓ 期待を裏切らない面白い作品◆『フライ,ダディ,フライ』 いつも拝読させて頂いている『まつさんの映画伝道師』のまつさんは、この映画を「復讐劇
| 桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」 | 2005/07/17 12:09 PM |
「フライ,ダディ,フライ」スンシン(岡田准一)の言葉にドキリ
「フライ,ダディ,フライ」■あらすじ■娘にケガを負わせた高校生の高校に中年サラリーマンの鈴木(堤真一)が乗り込み、落ちこぼれの高校生、朴舜臣(スンシン・岡田准一)が彼を鍛える話。どうしても石原をやっつけたい、鈴木(堤真一)は、スンシン(岡田准一)に、喧
| おしゃれ手紙 | 2005/07/18 2:31 PM |
フライ,ダディ,フライ
加藤 義一 『フライ,ダディ,フライ』VISUAL BOOK ~スンシンの哲学~ ? 「フライ,ダディ,フライ」 金城一紀のゾンビーズ・シリーズを読破し、 原作の持つ爽快感を求め、いざ劇場へ。 期待通りの作品で満足です。   連休最終日にシネコンにて鑑賞。 「
| わたしの見た(モノ) | 2005/07/18 11:42 PM |
おっさん、見ろ!「フライ,ダディ,フライ」
終わって周りを見ると、岡田君目当ての若い女の子ばっかり。でもこの作品は男の子こそ観てほしい作品。しかも、中年男性は観てほしい。おっさん、見ろ!「フライ,ダディ,フライ」監督:成島出出演:岡田准一(スンシン)    堤真一  (鈴木一)    松尾敏伸
| 再出発日記 | 2005/07/19 4:15 AM |
FLY,DADDY,FLY
相変わらず邦画ばっかり観てますが、邦画ばっかり観たいものがあるんだからしょうがない。と、言うわけで公開前から楽しみにしてた「FLY,DADDY,FLY」を観てきました!岡田くんと堤さんと来れば楽しみにしてもしょうがない。 と言うわけで感想ですが、すごい面白かったで
| Hana*shigure | 2005/07/21 12:32 AM |
フライ,ダディ,フライ
若手で今、こんなセクシーで演技も出来る役者はいないんじゃないか (と私は思っている)岡田准一と、ドラマ「恋におちたら」を見て かな〜りファンになってしまった堤真一の初タッグ(だよね?) 鈴木一(堤)の最愛の一人娘・遥(星井七瀬)が不良に怪我を負わさ
| 新×3 もろもろ日記 | 2005/07/21 10:47 AM |
【映画】FLY,DADDY,FLY
 昨日ちょろっと時間が空いたので観に行ってきました〜。さすが原作者が脚本だけあって、大事なとこはバシッと押さえてましたね。「何で自分がこんな目に」とか「勝つのは簡単だ、問題はその後だ」のところとかちゃんと。女ッ気がなくてサミシイからと愛の物語になった
| 日々是好日 | 2005/07/21 11:15 PM |
『フライ,ダディ,フライ』 今この瞬間が岡田准一の時代
『FLY,DADDY,FLY』今、一番輝いてる男は誰か?「そんなの知ってるよ。岡田准一だよ」男の私でさえ、こう断言しちゃ
| コウの鑑賞人blog | 2005/07/22 5:51 PM |
FLY,DADDY,FLY フライ,ダディ,フライ(映画館)
大切なものをとりもどす、最高の夏休み! 実はまったく観る予定じゃなったこの作品。チラシの雰囲気からみてシュールなコメディだと思って興味がわかなかった。 でも今月号のCUTに載っている岡田くんがすんごくかっこよくて、彼目当てで観に行っちゃいました(笑) 劇場の
| ひるめし。 | 2005/07/24 1:44 PM |
フライ・ダディ・フライ
先日、ニュース23を見ていたら、筑紫哲也がこの映画を「面白い!」と薦めていて、実はあまり見る気がしてなかったんだけど、その時から急に見たくなってきて、いきなり行ってきた。 なんかね〜、背筋がスッと伸びるような、爽快感のある映画だったね〜。 まず、この映画
| toe@cinematiclife | 2005/07/25 7:18 PM |
フライ、ダディ、フライ
? 今日は1日!映画館はだいたいサービスデー!! ということで、「フライ、ダディ、フライ 」を観に行って来ました! 本は読んだことなかったので、ストーリーは全く・・予備知識なし! でも、岡田くんと堤真一が好きなので、 俳優で選んでしまいました・・・
| J'adore | 2005/08/01 10:30 PM |
「フライ,ダディ,フライ」
8/5でほとんどの映画館が上映を終了すると知ったのが先月末のことでした。 やっぱりDVD待ちだな、と諦めかけていたのですが、ひょんなことから社員さんと見に行くことになりました。 今朝の仕事中にこの映画の話になって、今日はレディースデイだし見...
| *milk and honey* | 2005/08/03 11:58 PM |
フライ,ダディ,フライ/怪我の功名 
(ネタバレ注意!!)傷を負わせた権力者と傷をつけられた一市民との戦いの物語。本作のテーマは、「自己確認のプロセス」である。  人は、自己を確認するとき、必ず他者を必要とする。自分は他者にとってどんな存在であるのか 、他者との差異化を必然的に行う。自分
| マダム・クニコの映画解体新書 | 2005/08/08 11:52 PM |
◆映画・フライ,ダディ,フライ〜FLY,DADDY,FLY
【ストーリー】高校生・朴スンシン(岡田准一)がおっさん鈴木一(堤真一)とであったのは、夏休みの前日終業式の日だった。おっさんは 自分の娘(なっちゃん)を傷つけた石原(須藤元気)がいる高校に包丁を持って乗り込んだ・・・・ハズだった校門前「石原を出せぇ」の声も
| 映画大好き☆ | 2005/11/17 10:43 PM |
フライ,ダディ,フライ 今年の238本目
フライ,ダディ,フライ な、な、なんなの?この映画は?! う〜ん、、、いぁ、、、おもしろくて、結構スカ!っとして、さらに感動までして、、、いいんだケドね、、、別に、映画なんだから、、、でも、ヘンな設定、、、 最初、モノクロで進むプロローグは、すっごく重
| 猫姫じゃ | 2005/12/14 3:01 PM |
フライ・ダディ・フライ−(映画:今年56本目)−
監督:成島出 出演:岡田准一、堤真一、松尾敏伸、須藤元気、星井七瀬、愛華みれ、塩見三省 評価:84点(100点満点) 公式サイト (ネタバレあります) 岡田准一って、カッコええなあ。 モンゴル相撲の勝者が踊る「鷹の舞」。あんなのを1人
| デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと) | 2006/04/23 3:56 PM |
映画 vol.12 『フライ、ダディ、フライ』*試写会
『フライ、ダディ、フライ 』(2005年公開)*試写会 出 演:岡田准一 堤真一  主題歌:Mr.children 「ランニングハイ」四次元 Four 収録 (05.06.30)『フライ、ダディ、フライ』の試写会へ行ってきました。 おみやげにパンフ
| Cold in Summer | 2006/05/16 9:57 AM |
映画『フライ,ダディ,フライ』
格闘技ファンならお馴染みの須藤元気が高校総体ボクシングチャンピオンの敵役で登場する。暴力は感心しないが、ロッキーしてプライドもしちゃう・・ 平凡なサラリーマンの鈴木一(堤真一)、妻の鈴木夕子(愛華みれ)に娘の鈴木遥(星井七瀬)、ある日娘がカラオケで
| 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 | 2006/09/06 1:42 AM |
good!:『FLY,DADDY,FLY』
この作品はDVDを見る前に流れる映画紹介で、ある程度 あらすじを知っていました。 『結構面白そうだな~』って言うのが第一印象。 過度に期待しすぎても良くないけど... 結構楽しみにしていました。&#63893; 結論は『good』というところでしょうか。&#
| この映画見ないとイ~ヤ~ダ~!! | 2006/09/06 4:24 AM |
NOW READING
ざれこの今読んでる本
Categories
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Profile
Search this site
Sponsored Links