本を読む女。改訂版

関西弁でだらだらと本の感想書いてます。
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
<< 気になる作家(光原百合) | main | 「のだめカンタービレ」二ノ宮 知子 >>
# 「ソルジャーボーイ」川原由美子
ソルジャーボーイ 1
川原 由美子 / 佐々木 守朝日ソノラマ (2003.4)通常2〜3日以内に発送します。


今は文庫で4巻まで出てるみたいですね。
私が持ってるのはコミックス(全7巻)。

これ、いつ買ったマンガだったかなあ。高校の頃はすでに読んでいた気がするから、
かれこれ15年くらい前かなあ。
高校の時にはまって何度も読んで、昨日懐かしくなって読み返してみた。
新人発掘にNYを訪れていたプロダクションの矢崎、
ハーレムで日本語の歌を歌う少年を見つけ、彼こそスター歌手になれる、と思ったら
実は少年は女であった。伝説の歌手、火野鷹子の娘である遊は、
母が果たせなかったインペリアルホールに立つ夢を果たすため、日本に渡り、
男として歌手デビューする決意をする。そこで遊は大スター大谷龍に出会い、
徐々に彼に惹かれていく。龍は一度会った女が忘れられないと遊に語り、
それは女性の姿でいた遊だったが、龍は気づかない・・・

「女なのに男のふり」、で「愛する人は気づいていない」
なんていう展開に当時ははまりまくりでした。やっぱり少し、
そういういらいらする設定、もどかしさは必要というか。
あとは男が記憶喪失になってみたりとか、けっこうツボなんだよなー展開が。

ちょっと設定は古くて、ザ・ベストテンとかやってたころの
歌手たちのドラマ、って感じです。プロダクション同士の勢力争い、
ただ歌が好きで歌いたいだけの歌手たちが、プロダクションの思惑に
翻弄されていく、そのドラマは色濃く描かれている。
ラストもぱあっとしたハッピーエンドじゃなくてちょっと切ないが、
未来への希望がみえるような、すてきなものでした。

当時はせりふを覚えるくらい読みこみましたが、再度読んでも
せりふはすらすら出てくるけど新鮮で、やっぱり面白かった。
いいもん、自分が気に入ってるもんはいつになってもよくって、
で、私も15年前とあまり変わってないよなあ、って思ってみたり。

川原由美子さんはすごく空気感のある、優しい絵を描く人で、大好きです。
ストーリーもファンタジー色が強いものも多く、雰囲気とよく合ってるし
中身も深い。

次は「前略ミルクハウス」を再読してしまいそうで怖いです。
マンガはすごく思い入れのあるものしか家に置いてないんですが、
どれもこれも何度も何度も読んでます。
| comments(4) | trackbacks(0) | 11:58 | category: 漫画 |
コメント
懐かしいですねぇ。
私は確か小学生の頃、連載で追いかけてました。
確か間に休止が入ったあと、尻すぼみになってしまったような・・(うろ覚え)

ファンシーなのにお洒落なビビッとした表紙にクラクラした記憶があります。
もってましたなぁ。。。イメージCDとかまで・・・

もう一度読み直したい!いい漫画でしたよねぇ。しみじみ。
| キリカ | 2005/07/05 5:05 PM |

キリカさん、コメント嬉しいです〜
当時ははまりまくりでした。かっこよかったですよねえ。
私もこのイラストが表紙になったノート持ってました(笑)
大人になってから読んでもやっぱり良かったですよ。機会があれば。
| ざれこ | 2005/07/06 9:37 AM |

こんにちは、「本を読む人々。」ではお世話になっております。
過去記事へのコメント失礼します。

本日、川原由美子先生の漫画で芸能界もので愛する人が記憶喪失になってしまう話があったはず…でも、何だったろう?と気になり、検索でこちらにたどりつきました。
「ソルジャーボーイ」に間違いないと、確認することができてうれしいです。手元になかったもので、なつかしく思い出していたのでした。
| 神薫(PNU) | 2007/04/18 9:46 PM |

神薫(PNU)さん
SNSではお世話になっています。
そうですか、お役に立てましたか。嬉しいです。そういうの忘れるとすごい気になりますよねー。
この作品はずっと手元に置いて何度も読んでます。ベタな展開なのに、いまだに胸キュンなんですよね。(笑)
| ざれこ | 2007/04/19 11:22 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.zare.boo.jp/trackback/228976
トラックバック
NOW READING
ざれこの今読んでる本
Categories
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Profile
Search this site
Sponsored Links