本を読む女。改訂版

関西弁でだらだらと本の感想書いてます。
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< たらいまわし企画 第14回「時の文学!」 | main | 「義経」司馬遼太郎 >>
# 「優しい音楽」瀬尾まいこ
優しい音楽
優しい音楽
posted with 簡単リンクくん at 2005. 6.29
瀬尾 まいこ / 瀬尾 まいこ著双葉社 (2005.4)通常24時間以内に発送します。


この本、自慢ですが、 「活字中毒日記!」のトラキチさんからいただきました。
トラキチさん企画「第2回新刊グランプリ!」で順位あてをやらせてもらって、
あてずっぽうで書いたら少しあたってて、するとトラキチさんが
正解者へ、ということでこの本を贈って下さったのです。
トラキチさん、どうもありがとうございました。
皆さんも新刊グランプリ!がんがん投票しましょうね。(と、宣伝もしてみる)

と、前振りが長くなりましたが。
で、感想です。3編の短編を収録。

千波ちゃんが駅のホームでいきなり僕を見つめて自己紹介をし、
それが出会いとなる二人の、千波ちゃんの家族も通した温かいやりとりを描く
「優しい音楽」、

不倫相手の娘を一日預かることになった深雪、不倫相手のカードを使って
豪遊しようと思っていたら、娘の佐菜ちゃんが
「おじいちゃんに会いに行こう、会ったことがないから」というので、
おじいちゃんちに会いに行く、そして家族の秘密を知る・・といった
「タイムラグ」、

同棲相手のはな子は何でも拾うが、ある日ホームレスの佐々木さんを
拾ってきた。彼とはな子と俺との暖かい正月を描く、「がらくた効果」

どれもこれも、家族の温かさ、人と人との温かさ、といったものを、
のんびりとした癖のない筆致で、ゆったりと描いている。
瀬尾まいこさんの持ち味は健在で、ほっこりさせてもらった。

「図書館の神様」でも思ったことだけど、主人公たちはなんらかの暗さを
抱えていて、いつもマイナスでスタート、そしてゼロになって終わる。
それは「優しい音楽」でも生きていて、千波ちゃん家族は、
彼のフルートを聴いたときに、一歩踏み出せたんだろう、ゆっくり。
そんな心地よさが漂う。

でもなーんか物足りない。なんだこの感じは?

読み終わって思うに、登場人物があまり悩まないのが原因かなあ、と。

「優しい音楽」でもそれは少し思ったんだけど。主役の彼が、
千波ちゃんが近づいてきた理由を知ったとき、普通はもう少し、
怒るとかすると思う、けどそれはあっさり納得される。
でもそれはね、千波ちゃんと親密になっていく過程が、短いながらも
しっかり伝わったから、それはいいのよ。

でも「タイムラグ」はどうなんだろうなあ。
主人公、すごい嫌な感じやん?最初。
「おばちゃん」と言われて怒る、わりと着飾ってる感じの人で、
不倫相手のキャッシュカードで豪遊しようとしてる。
わりと身勝手な感じ、なんだけどおじいちゃんちに行ったら
けっこうあっさり、いい人に豹変しちゃってるような。
佐菜ちゃんのけなげさに動かされた、んだと思うけど、
なんだか唐突な感じは否めない。

この著者は、感情の揺れ動きとかは普段あまり表現しない気がする。
淡々とすごす日常の中で、淡々と歩いていく人たちを表現して、
感情の起伏とかは、そこでは全面的に出てこない。
日々をすごす中で、ふわっと何かが楽になる、上向く。そんな空気感。
その持ち味がなんつうか、短編だから生かされなかったのかなあ、
だからどうも性急な感じがする、というか、説明不足に思ってしまうというか。

空気感で、何かを伝える人なんだなあ、と改めて思ったのです。
空気を感じさせるのは、やはり長編の方が、いいんでしょうね。
なので少し残念な気がしました。
もともと軽い文体で書かれる方なんで、軽い感じだけが残ってしまって、
ちょっと物足りなかったです。

あ、「がらくた効果」のコメントしてないですけど、これはよかったです。
ホームレスの佐々木さんの人物像とか確かに説明は足りないんですけど、
なんつうか、人が生きる居場所、について、ほんの少し、考えました。
で、無駄なものなんかないよ、人もモノも、と少しいわれた気がしました。
とんでもない女、はな子の奔放さがいいかも。

あーそうそう、わらび餅が美味しそう(ボールで食べるなんてうらやましすぎる)、
さつまいもも美味しそう。
なんか、甘いものを食べながらなじんでいく二人、っていうの
すごいわかる気がしました。甘いもの食べたら優しくなれるし、なんか。
食べ物の出し方がうまいな、というか、わかってるなあ、って思いました。

あーなんかどちらかといえばけなしぎみの感想になってしまった〜
トラキチさんに申し訳ない・・・期待しすぎたのかなあ。
瀬尾さんはまだ「幸福な食卓」が未読です。これは楽しみにして、
でもあまり期待しすぎずにいよう。
| comments(7) | trackbacks(14) | 00:39 | category: 作家別・さ行(瀬尾まいこ) |
コメント
ざれこさん…おはよ〜ございます。
TBありがとうございました。
瀬尾さんは読んでおきたい作家さんですよね。
しかし共感ということになると微妙です(笑)。
私は『卵の緒』が一番好きかなぁ?
今後ともどうぞヨロシク<(_ _)>。
| ユミ | 2005/06/29 7:46 AM |

ざれこさん、おはようございます。
うーわー。わらび餅の事おもいだしてしまいました。
本を読んでから暫く食べたいって思っていたんです。
そしてユミさんのブログでユミさんが作った
わらび餅を見てさらに食べたいと思ったのでした。
食べ物が本当に美味しそうに描かれていましたね。

今、タグフレンズでカーペットをゲットしてしまいました。
う、うれしい。

| なな | 2005/06/29 9:39 AM |

そうそう。期待しすぎちゃうと難しいですよね…。同感です!
そして私は「優しい音楽」で、よりによって「Tears in heaven」かよ!というところが実は衝撃でした。
| chiekoa | 2005/06/29 11:02 AM |

ユミさん
「卵の緒」まだ未読なんですよ。今回短編で物足りなかったんでどうなのかなーと思ってましたが、読んでみますねー

ななさん
カーペット見ましたよ。いいなああれ。面白い。
そう、食べ物が本当に美味しそうで、特に甘いモノには
目がない私は腹が減って困りました。わらびもち・・・

ちえこあさん
ちょっと期待しすぎちゃいました。今度からどの本もニュートラルな気持ちで
読みたいなあ、と少し反省しました。
で、「Tears in heaven」ってどんな曲だっけ、と思ってたら
同じクラプトンの「Change the world」が私の頭でまわってじゃまをします。(しかもケミストリーの声で(笑))
つうか洋楽疎いんでクラプトンはそれしか知らないという話。一度「Tears in heaven」聴いてみようっと。
| ざれこ | 2005/06/29 11:55 AM |

聴いてみてください!そして歌詞の意味を…。
| chiekoa | 2005/06/29 12:21 PM |

歌詞の意味調べてみました。こちらのブログで読みました。
http://azoz.org/archives/200403031640.php

そのまんまやん・・・・
| ざれこ | 2005/06/29 12:39 PM |

ざれこさん、こんばんは。TBありがとうございます。
おかげでざれこさんのエントリにTBしている方々の感想まで
読めちゃいました〜。喜んでます。
人によって印象がまるで違うんですね、この作品。
一見口当たりがいいんだけど、、、な作品だったと思います、私にとっては。
またしばらくたって再読したら、どんな感想になるのか。
とても楽しみ。
(そうそう、食べ物の使い方が上手ですよね!私は蒸かし芋が食べたくなりました)

瀬尾作品の本質を、

> 日々をすごす中で、ふわっと何かが楽になる、上向く。そんな空気感。

とざれこさんが指摘していて、なるほどな、と思いました。
ざれこさん、鋭い!
| 七生子 | 2005/08/15 11:02 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.zare.boo.jp/trackback/226588
トラックバック
「優しい音楽」瀬尾まいこ
「優しい音楽」 「タイムラグ」 「がらくた効果」 3編のエピソードからなる瀬尾まいこセンセの短編集。 これらの3つの物語には、それぞれ少し風変わりで個性的な女性が登場。そのお相手の男性陣はどちらかと言うと少し人が良すぎるような、振り回されてばか
| 雑板屋 | 2005/06/29 12:55 AM |
優しい音楽/瀬尾まいこ
あっけないほどすぐ終わってしまって少しもったいなかったかなぁ? 『優しい音楽』『タイムラグ』『がらくた効果』の3篇。 いつもながら瀬尾さんの文体は物語にどんな不測の事態が起ころうともじんわり浸透してゆきますね。
| ひまさえあれば | 2005/06/29 7:46 AM |
「優しい音楽」
優しい音楽 瀬尾 まいこ著瀬尾さんの短編集。なぜかタイトルを「優しい時間」と勘違いして覚えていましたが、読み終わって思いました。優しい時間が流れている。間違えでもなかったのかもしれない。短編だとあっという間に読み終わっちゃって、もうすこし瀬尾さんの世界
| ナナメモ | 2005/06/29 9:40 AM |
『優しい音楽』 瀬尾まいこ 双葉社
優しい音楽 今回はストーリーも短く、そしてちょっとコメディタッチの3編。 ちょっと個性ある女の子達が登場してます。 「優しい音楽」 付き合いだした彼女とは、今までとは違うタイプのようだ。彼女というより家族的な感じがする。なかなか彼女の親にも合わせ
| みかんのReading Diary | 2005/06/29 10:22 AM |
優しい音楽 [瀬尾まいこ]
優しい音楽瀬尾 まいこ双葉社 2005-04 表題作の「優しい音楽」のほかに「タイムラグ」「がらくた効果」が収録されています。 そんなわけで、それぞれのお話にそれほど分量がありません。そのせいなのかどうか、ちょっと物足りなかったような…。書ききれていない感
| + ChiekoaLibrary + | 2005/06/29 11:00 AM |
優しい音楽 瀬尾まいこ
ISBN:4575235202:detail タイムラグ 不倫相手の子供を預かることになった深雪さんは、気がつくと、その子供佐菜ちゃんと仲良くなり、彼女と彼女の母親(つまり不倫相手の奥さん)サツキさんの幸福な生活のために、奔走することになります。サツキさんは聴覚障害者で
| ゆうきの読書日記(Yu-Ki’s Reading Diary) | 2005/06/30 8:55 PM |
「優しい音楽」瀬尾まいこ(双葉社)
優しい音楽posted with 簡単リンクくん at 2005. 5. 1瀬尾 まいこ双葉社 (2005.4)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る 瀬尾まいこさんから、またまた素敵な本が届きました。 3編からなる、ハートウォーミングストーリー。
| ゆめとうつつ読書感想Blog | 2005/07/02 8:52 AM |
優しい音楽  瀬尾まいこ(双葉社)
優しい音楽瀬尾 まいこ双葉社 2005-04売り上げランキング : 8,552Amazonで詳しく見る by G-Tools 久しぶりの瀬尾さんの作品。 表題作「優しい音楽」はタケルと千波の恋の物語。駅で千波がタケルを待ち伏せしたことがきっかけで二人はつきあい始めるが、タケルを家に呼
| 作家志望の日々 | 2005/07/30 8:21 PM |
瀬尾まいこ『優しい音楽』
優しい音楽 受けとめきれない現実。止まってしまった時間−。だけど少しだけ、がんばればいい。きっとまた、スタートできる。家族、恋人たちの温かなつながりが心にまっすぐ届いてしみわたる。希望に満ちた3編を収録。 「優しい音楽」「タイムラグ」「がらくた効果
| どこまで行ったらお茶の時間 | 2005/08/15 10:50 PM |
「優しい音楽」瀬尾まいこ
 [amazon] [bk1] 「優しい音楽」「タイムラグ」「がらくた効果」という3編が収められた、瀬尾まいこさんの最新作。(とは言っても、出たのは4月だけど)...
| Ciel Bleu | 2005/09/01 5:25 AM |
[本]瀬尾まいこ「優しい音楽」
優しい音楽 瀬尾 まいこ / 双葉社表題作「優しい音楽」「タイムラグ」「がらくた効果」の 3本を収録した短編集。あっという間に読了。 これで瀬尾さんの既刊は全部読み終えたことになります。 ・・・が、この本はちょっと物足りなかった気がします。残念。 「
| Four Seasons | 2006/02/13 8:42 PM |
優しい音楽 瀬尾まいこ
優しい音楽 この本は「待ち合わせは本屋さんで」のnaruさんにオススメしてもらいました。 ありがとうございました。 ■やぎっちょ書評 タイトルが優しい音楽ですが、連なる優しい文章の瀬尾ワールド全開な本でした。な〜んかほっこりして、読みやすいんですよね
| "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! | 2007/02/04 12:07 PM |
「優しい音楽」 瀬尾まいこ
瀬尾まいこさんの本を読むと、いつもこころがほっこりやさしくなれる。 「優しい音楽」はどこにでもいそうな恋人達の、愛しくてせつなくて、ちょっと笑える物語。 「恋人達」の話と見せかけて実は「家族」を描いているのが 瀬尾まいこさんらしいですね。 ・優し
| 日々の書付 | 2011/07/07 9:53 PM |
「優しい音楽」瀬尾まいこ
瀬尾まいこによる短編集。05年に出たのでやや古い。 「こんなのありえない!」と思いつつ、楽しんで読んだ。    【送料無料】優しい音楽 [ 瀬尾まいこ ]価格:500円(税込、送料別) 「優しい音楽」 駅で声をかけてきた女子大生とつきあうようになった男。 彼女は
| りゅうちゃん別館 | 2012/11/26 7:51 AM |
NOW READING
ざれこの今読んでる本
Selected Entry
Categories
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Profile
Search this site
Sponsored Links