本を読む女。改訂版

関西弁でだらだらと本の感想書いてます。
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「明日の記憶」荻原浩 | main | 「ビタミンF」重松清 >>
# 「パレード」川上弘美
パレード
パレード
  • 発売元: 平凡社
  • 価格: ¥ 1,000
  • 発売日: 2002/04/25
  • おすすめ度 4.06


「センセイの鞄」のツキコさんとセンセイとの、ある一日を描いた、絵本のような本。

図書館で借りたのは失敗だった。今度買うつもりだ。
ずっと手元に置いておきたい本でもあり、「センセイの鞄」とセットにして
友達に贈りまくってもいいし、駅ででも配って歩きたいよ。ってくらい、いい本。
センセイとツキコさんはある夜にそうめんを食べていて、
センセイはそうめんの盛り付け方とかをツキコさんに教えたりして、
本当になんてことのない、でもこの二人らしい、普通の晩御飯の光景。
そんな中、「ツキコさん、昔の話をしてください。」というセンセイの台詞から、
ツキコさんの小学生時代の不思議な体験が語られる。

ツキコさんには昔、そばに天狗が二人いて、ずっと学校についてきていて、
学校では天狗が見える人と見えない人がいて、見える人には皆それぞれ
誰か別の人がついている。「そんなもんだよ」と見える人は言う。
ある日、クラスメイトのゆう子ちゃんがいじめられるようになり、
そのころからツキコさんの天狗は病気になる・・・

ラスト、「パレード」のタイトルの意味がわかった1ページを、
私はじっと見つめて、ほうけてしまいました。
その不思議な光はなんだったんでしょうか。
でもすごく温かい、ほんわりした光が、そのページにあるように感じました。
ゆう子ちゃんの潔さは、その光にふさわしく、美しい。

そして、そんな話をしているツキコさんは、センセイの手にずっと触れていて、
二人がすごすそんな何気ない時間が、なんだかとてもいとおしくて、
ずーっと続けばいいのになあ、と思ってしまう。

川上さんは恋愛というものの一瞬を切り取って、その刹那を
ぱっと鮮やかに描くのがうまくて、だからこそなんだか、
終わってしまうものの哀しみ、でもだからこそ一瞬はとても美しく優しく、
だからこそその時間はいいのだなあ、という温かさ、
そういうものがふっと私をなでていって、私は温かいような哀しいような、
そんな気持ちになるのでした。

挿絵がまたいいんですよねえ。綺麗な赤。どぎつくなくて温かい赤。
| comments(7) | trackbacks(5) | 02:24 | category: 作家別・か行(川上弘美) |
コメント
こんにちは!
偶然にも私もこの本昨日読んだばかりでした。
本を読んだ後に映像も観ちゃったら
私のツキコ像がガラガラと崩れたのですが
この本でまたまた復活!というところでした。
| りりこ | 2005/06/13 11:34 AM |

*゚o゚)ノ*゚o゚)ノ*゚o゚)ノコンチコンチコンチッ♪
「パレード」はすぐさま買いました(*^-゚)vィェィ♪
天狗が側にいるのは恐ろしくはないのかなあ。
あたしは小さいころ自分の分身を常に頭の中に描いて暮らしていました。←ヘンですな。
| ちはな | 2005/06/13 12:44 PM |

ざれこさん、初めまして!
先日はリンクして下さってありがとうございました。
嬉しかったです(*^-^*)

「パレード」!大好きです。もしかしたら「センセイの鞄」よりも好きかもしれません。
私もこれは図書館で借りて読んだので手元にはないのですが、
なるほど、セットで贈るというのは素敵なアイディアですね。
ざれこさんのレビューを読んだらまた読み返したくなりました。
やっぱり手元に欲しいなぁという思いを強くしています。

また遊びに参りますね!
これからよろしくお願いいたします。
| リサ | 2005/06/13 10:09 PM |

お、さすが「パレード」、反響いいですね。

りりこさん
ドラマでイメージ崩れましたか?私はあれはあれでありかなと思いました。キョンキョンの雰囲気、特に、あえて前髪切った、ってのをメイキングで聞いて、そのぱつんとした感じがツキコさんな気がする、確かに、と妙に納得したのでした。柄本明もよかったし、個人的には樹木希林がツボにはまりました。

ちはなさん
自分の分身ですかあ。分身だったかどうかわからないけど、小さいころにはなんかそういう話し相手が自分の中にいたような気がしますね。あたしも。やばいですか?
っていうかそのコメントで辻仁成の「ピアニシモ」を思い出しました。

リサさん
こちらこそリンクありがとうございます。
これ、セットで友達に送りたいんですが先に自分が欲しいので、
友達には後回しになって、結局送らないじゃないかと思います(おい)

先ほど調子に乗ってそちらにたくさんトラバ送っちゃいました。ごめんなさいねー読んでる本似てますよね。これからもよろしくお願いします。


| ざれこ | 2005/06/13 10:47 PM |

ざれこさん
こんにちは〜。天狗にメロメロしながらざれこさんの書評読んだら目が覚めました!
パレードって、最後のあれがそういう意味だったのか!(いかにてきとーに読んでいるのか・・・)
ほんと、手元に置いておきたい本ですよね〜。
ドラマがあったのかな。それはそれで見てみたい気がします★
| やぎっちょ | 2006/09/13 4:15 PM |

はじめまして、ざれこさん。
やぎっちょさんのブログから辿ってきました。
私も図書館で借りたのですが、これは手元に置いておきたい本ですね。
どうしてパレードなんだろうと思って読んでいて、あのページです。鮮やかで美しいその1ページでしばし立ち止まってしまいました。
また伺わせて頂きたいと思います。どうぞよろしく。
TBもさせて頂きました。
| | 2006/12/17 1:23 PM |

あら、名前が入っていませんでした。
上のコメントは雪芽です。
| 雪芽 | 2006/12/17 1:25 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.zare.boo.jp/trackback/209267
トラックバック
[川上弘美] パレード
ISBN:4582829961:detail 「昔の話をしてください」とセンセイが言った。 そんな一言から始まる、ツキコさんとセンセイの過ごしたある日の物語です。 じんわりあったかい、やわらかい物語。心がほんわかしました。
| +ChiekoaLibraly+ | 2005/06/13 11:41 AM |
『パレード』川上弘美/絵・吉富貴子/平凡社
[Amazon][bk1] 夏の午後、畳に寝そべって、ツキコさんがセンセイに物語る、淡く切ない少女の頃の「昔のはなし」。「センセイの鞄」のふたりが過ごした、遠いこだまのような時間、もうひとつの物語。 [bk1の内容紹介]『センセイの鞄』を読む前、『パレード』は『セン
| ひなたでゆるり | 2005/06/14 12:55 AM |
パレード 川上弘美
パレード この本は 「本のある生活」のjuneさん 「ひなたでゆるり」のリサさん に紹介していただきました。 ありがとうございました。 ■やぎっちょ書評 良かった。とても良かった。 最初の1ページめをめくったとき、センセイとツキコさんの会話で始まるの
| "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! | 2006/09/13 4:05 PM |
「パレード」 川上弘美
パレード 川上 弘美 時間が通り過ぎていく。振り返ると懐かしい場所、懐かしい出来事、懐かしい人の顔が浮んでくる。それは本の中の人であっても同じこと。言葉が伝えようとする感情の襞をなぞり、同じ風景を見た。とっても近くいたように思えた。現世に在る人でも
| コンパス・ローズ  | 2006/12/17 12:41 PM |
川上弘美『パレード』
しばらく更新をさぼってました・・・ で、久しぶりの一冊は、『センセイの鞄』で有名な川上弘美さんの本。 川上弘美『パレード』新潮文庫 ISBN:978-410-1292366 (2002/04/25)Amazonで...
| 乱読系。 | 2007/12/24 1:21 AM |
NOW READING
ざれこの今読んでる本
Selected Entry
Categories
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Profile
Search this site
Sponsored Links