本を読む女。改訂版

関西弁でだらだらと本の感想書いてます。
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「世界は密室でできている。」舞城王太郎 | main | 「インストール」綿矢りさ >>
# 「蹴りたい背中」綿矢りさ
蹴りたい背中
蹴りたい背中
  • 発売元: 河出書房新社
  • 価格: ¥ 1,050
  • 発売日: 2003/08/26
  • 売上ランキング: 19,940


この本、「文学賞メッタ斬り」で絶賛されてましたよ。
文藝春秋掲載号はずっと手元にあったんだけど、
あまりに褒めてるので気になって、読んでみました。

クラスになじめない高校生のハツ、 同じくクラスになじめない男、にな川が
女性雑誌を読んでいるのをみて話しかけ、
彼があるモデルのファン、それもオタクといっていいファンであることを知る。
そんな彼と彼女の、全然さわやかじゃない恋愛小説。

いや、恋愛というにはあまりにも歪んでる気もする。
逆に、女友達に感じている感情のほうが、よっぽど恋愛に近い気もする。
その歪み具合は私には感覚的に理解が難しかったが、
でもそのひねくれ方はなぜか嫌いじゃないんだなあ・・・・

タイトルがストーリーにあってる、と
たいていの芥川賞選考委員が書いてましたが、
確かにそのシーンにこの小説が凝縮されてる感じがしました。

主人公が周りになじめないから、自分を正当化するためにとがった発言をしたりするんだけど、
結局主人公が、人に与えることをしないで
与えられることばかり求めている甘ちゃんだってことが徐々にわかってきます。
そういう主人公のだめさ加減が私にはなんだか愛しく思えました。
いまどきの女子高生でも私たちでも、誰かとちゃんとした関係をつなごうと思うのは、
とても難しいことなんだよなあ。

金原ひとみとつい比べてしまうけど、
金原ひとみは多分いい人で、綿矢りさは本質的に嫌な奴なんだろうな、なんて
気がします。言いすぎですかね。でもその嫌さ具合は私は好きですね。
世の中や人間を妙にとがった目で見ていて、人間の暗部を抉り出すような、
そういう感覚が、なぜか私の感性には合ってしまったようです。
しかしなあ、まだ若いのに、ある意味老成しちゃってるよなあ。なんて、私は感じました。

| comments(2) | trackbacks(14) | 04:00 | category: 作家別・ら、わ行(綿矢りさ) |
コメント
はじめまして。

量・質ともに優れた良いサイトですね。
トラックバックさせていただきました。

ひとつのサイトからたくさんのサイトへ、書評をたどれるようになったらいいなあ、と思っています。

なので、これからもちょくちょくトラックバックさせていただきたいと思います(もしご迷惑なら、ごめんなさい、遠慮なくおっしゃってください)。
| キズキ | 2007/06/30 2:01 PM |

キズキさん
はじめまして。トラバありがとうございます。
いつでもトラバいただいてけっこうですよー。全部お返しできるかどうかは保証できませんが・・・(すいません)
| ざれこ | 2007/07/02 4:16 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.zare.boo.jp/trackback/208177
トラックバック
再掲 ◎「蹴りたい背中」 綿矢りさ 河出書房新社 1000円 2003/8
参照今は昔の本のことどもコーナー 鹿児島県で最大級の書店「ブックジャングル」に、「本のことども」コーナーができてしまった。それも、評者の写真入りポップまであるのだぞ(笑) できてしまった、って書くと、自分で作っといてできてしまったはないだろう、な
| 「本のことども」by聖月 | 2005/06/27 6:50 AM |
読書感想「蹴りたい背中」
読書感想「蹴りたい背中」 蹴りたい背中 【はてなダイアリー】http://d.hatena.ne.jp/asin/4309015700 【評価】★★ 【作者の顔】★★★★★
| 三匹の迷える羊たち | 2005/07/01 2:17 AM |
週刊書評 ::: 蹴りたい背中
綿矢りさ『蹴りたい背中』(河出書房新社)[amazon] NOT LOVE, But Affection 主人公のハツがクラスメイトのにな川に対して抱く不思議な感情。それは、ハツの友人である絹代が、そうと決めつけてひやかすような、いわゆる「好き」という普通の恋愛感情とは、異質なも
| Kuchinashi Blog | 2005/07/02 4:22 PM |
蹴りたい背中 (綿矢りさ)
言わずと知れた芥川賞受賞作。 前作『インストール』から一気に飛躍して、立派な日本的純文学作品に仕上がっています。進境著しいのですが、わたしの守備範囲から完全に外れてしまいました。 純文学が嫌いというわけではなくて、書き手が自身の内側に引っかかって
| 読んだモノの感想をわりとぶっきらぼうに語るBlog | 2005/07/04 11:04 AM |
蹴りたい背中 綿矢りさ
 蹴りたい背中 綿矢りさ ]出書房新社 2003.08 綿矢作品2つ目。というか今んとここれでラストか。嬢は大学生活をとことん満喫中なのでしょうか。
| イチゴイチエ | 2005/10/18 2:03 PM |
蹴りたい背中 綿矢りさ
[綿矢りさインデックス] 第1回 インストール(2005/12/6) 第2回 蹴りたい背中(2005/12/10) 第3回 綿矢りさの3作目?新作?短編書き下ろし『You can keep it.』(2005/12/xx) 史上最年少での芥川賞受賞作品。芥川賞受賞作品としては1976年の村上龍『限りなく透明
| 日刊ブックレビュー | 2005/12/10 2:19 AM |
現代の性と「蹴りたい背中」
たいした本ではないけど、以前かなり話題になった「蹴りたい背中」に関連して現代の若者の性について少しだけ。 いろいろ中高年世代から酷評された小説だが、僕はこの作品を完全否定しない。 なぜならこの作品は、現代の若者の去勢されたようなSEX感覚を、明確に
| 敬愛する黒澤明よ! | 2006/03/04 8:44 AM |
「蹴りたい背中」綿矢りさ
タイトル:蹴りたい背中 著者  :綿矢りさ 出版社 :河出書房新社 読書期間:2006/03/23 お勧め度:★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 高校に入ったばかりの蜷川とハツはクラスの余り者同士。やがてハツは、あるアイドルに夢中の蜷川の存在が気になっ
| AOCHAN-Blog | 2006/04/19 10:15 PM |
蹴りたい背中 (綿矢りさ)
蹴りたい背中 (綿矢りさ) 河出書房新社 ¥1,050 ★★★★☆ 賛否両論ありますが、私は次の点で評価したいと思います。まず、何よりも読んでいて楽しめる、面白いということです。綿矢りさ本人も、作品の趣旨について、楽しんで読んでもらえればいいとどこかで
| 厳選書評ブログ | 2006/09/03 4:30 AM |
蹴りたい背中 綿矢りさ
蹴りたい背中 ■やぎっちょ書評 屈折した普通。 自分の中ではこの一言で全てを表すことができる本でした。 長谷川の屈折した目線。でもそれは誰もが持っている普通であるべきな目線。 長谷川のにな川に対する屈折した傷つけたいより乱暴な感情。これは多くの人は認
| "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! | 2007/03/08 8:56 PM |
「蹴りたい背中」綿矢りさ
蹴りたい背中綿矢 りさ (2007/04/05)河出書房新社 この商品の詳細を見る 高校一年生のハツは、クラスメートの軽いノリについていくことが出来ず馴染めない。 ある日の授業中、同じくクラスに馴染まないにな川くんに声を掛けてみ
| しんちゃんの買い物帳 | 2007/04/14 6:29 PM |
門 夏目漱石
門夏目 漱石 (1990/04)岩波書店この商品の詳細を見る  感情を深く語らず出来事を淡々と書き連ねる漱石の小説好きです。テーマは些細なことでも面白い。この作品は特にその傾向が強く話の内容は夫婦の生活ですから。親友の安井を
| カイゾーのブログ | 2007/06/27 9:41 PM |
現代文学を破壊するのは誰か…… 書評 綿矢りさ/蹴りたい背中
蹴りたい背中綿矢 りさ (2003/08/26)河出書房新社この商品の詳細を見る さびしさは鳴る。耳が痛くなるほど高く澄んだ鈴の音で鳴り響いて、胸を締めつけるから、せめて周りには聞こえないように、私はプリントを指で千切る。
| 初心者でもわかる小説の読み方 | 2007/06/30 1:58 PM |
「蹴りたい背中」綿矢りさ
「蹴りたい背中」 綿矢 りさ 河出書房新社 2003-08-26 勝手に評価:★★★☆☆  高校に入ったばかりの“にな川”と“ハツ”はクラスの余り者同士。臆病ゆえに孤独な二人の関係のゆくえは……。世代を超えて多くの読者の共感をよんだ第130回芥川賞受賞作。(河出書房
| Chiro-address | 2007/09/18 10:54 AM |
NOW READING
ざれこの今読んでる本
Selected Entry
Categories
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Profile
Search this site
Sponsored Links