本を読む女。改訂版

関西弁でだらだらと本の感想書いてます。
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「イニシエーション・ラブ」乾くるみ | main | 「ニッポニアニッポン」阿部和重 >>
# 「袋小路の男」絲山秋子
袋小路の男
袋小路の男
  • 発売元: 講談社
  • 価格: ¥ 1,365
  • 発売日: 2004/10/28
  • 売上ランキング: 18,334
  • おすすめ度 3.89


「袋小路の男」「小田切孝の言い分」「アーリオ・オーリオ」の3篇を収録。
そのうちはじめの2編は、「袋小路の男」である小田切孝と、その後輩との
日常を描いています。

個人的な話になって恐縮だけど。昔の自らの片思いを思い出しました。
仲のよかった男友達のことがずーっと好きで、でも友達でいたいから
ずーっと我慢してたんだけど、その人が彼女と別れたと聞いて
もうだめでした。告白してふられて、また友達に戻ったけど、
それからは電話するのもなかなかです。気まずいし、前みたいに喋れなくなった。
あー失ったなあ、って思ったのでした。

そういうことがけっこうあって(って、毎回ふられてるってことやけどさ)
男と女がずっと一緒にいるためには友達でいつづけるしかない、という結論に達する私、
だけどそれがいかに難しいことかってのも身にしみてわかる。
言わずにいられないのよね、好きだとかそういうのって。
友達でいて相手が誰かと結婚でもしようものなら、それこそ耐えられないし。

どこが本の感想やねん、って感じなんですが、この作品の「袋小路の男」そして
「小田切孝の言い分」、これがまさにその、18年間友達でい続けている男と女が
主役なのです。だからこんなことを思いながら読んでたんでした。
「言わずにいられない」「せめてセックスして終わらせてやろうか」とか、
限りなくリアルな想像も女の側にはあるのですが、あっさり流されて、そして18年。
男は小説家の卵で、芽が出ないがために自分の面倒だけで精一杯だと思ってて、
女に何の期待もかけないことを信条に行動してるけど、女には甘えてて。
彼が好きな女はそれもわかってて、苦しいけども彼を追い詰めないように、
ほどよい距離で、いようと努めるのです。

そこは男と女の理想郷です。恋人未満家族以上。
結婚の想像は全くできないけど葬式はやってそう、そんな二人。
どうして男と女って恋愛だけでしか一緒にいられないんだろうね。
もっといろんな姿で一緒にいていいと思う。恋愛は、いつか終わるけど、
友達だったら終わらずに済む。だからこその理想郷。

なんか妙な思い入れがあって熱く語って恥ずかしいんだけど、
本自体は全体を淡々とした空気が流れていて、
「袋小路の男」は2人称「あなたは・・」と変わった形式で描かれていて、
現実的なようなそうでないような、不思議な空間に現れているような、そんな気分になる。
だけども、読んだ人それぞれ、過去の誰かをシンクロさせてしまうんじゃないだろうか?
そんな気がする。誰でも一度は立ち止まる、そんな場所でずっと立ち止まっている
男と女の話。です。
さらりさらりと書かれてるんだけどそこに自分をシンクロさせてしまい、どうも印象に残る本。

「アーリオ オーリオ」は続きかと思いきや、全く違う内容でした。
星好きな中年男と中学生の姪のふれあい。心温まる、いい小作品です。
どれも淡々としつつ、読後感はほんわりとやさしい、魅力ある作家さんだと思いました。
| comments(6) | trackbacks(15) | 02:12 | category: 作家別・あ行(絲山秋子) |
コメント
トラックバック、ありがとうございました。
やっぱり、読んだ人それぞれ、過去の誰かを、
又は自分自身を、シンクロさせてしまうんでしょうね。
10年以上も同じ人を想い続けたことのない私も、
いつの間にか、自分を重ねていました。
私からも、ぜひTBさせてくださいませ。
| ましろ | 2005/07/14 1:16 PM |

ざれこさん、TBありがとうございました。
そうですよねー「理想郷」かもしれないです。
ざれこさんの想い出、この本のタイトル見たら一緒に思い出しそうです。
| なな | 2005/08/25 9:57 PM |

いや〜、みんな同じですね。
私もシンクロさせてしまいました。
「せめてセックスして終わらせてやろう」とか、まさに考えたよ。アイタタ。(笑)
妙に親近感が湧いてしまう二人でした。
読んでて楽しかった。
| runamin | 2006/05/03 4:06 AM |

なぜ皆さんのコメントを放置してるんだろう私。ああ。

ましろさん
共感できる本ですよね。私はまあ、経験あるから共感しまくりですけどね。ま、でも最高でも5年位かなあ、片想いは。長い・・・。

ななさん
そう、本当に好きな男とは親友になるべきです、が私の持論なのです。結婚は、2番目くらいな人としとけばいいのだ(おい。)
といいつつ親友ばかり増えて結婚相手は見つからない今日この頃。はは。

るみねえさん
はは。私もまさに同じような経験をして、まさに同じことを考えたことがありますけど、私が好きだった男性は、それすらもしてくれなさそうでした・・(笑)。痛いにもほどがある、私。
| ざれこ | 2006/05/06 7:34 PM |

同じくお友達歴数年の人がいましたが(途中、日向子のように浮気もしつつw)、結局関係は持たずに自然消滅。でも今思うとそれで良かったような気もしてますよ。いい思い出として残っているから。
| るみねえ | 2006/05/08 3:27 AM |

るみねえさん
そうですよね。なんかいい思い出ですよね。友達で終わったからいい思い出なんですよね、多分。
私にはそんな奴が数人いますが(笑)、告白した人とは関係がぎぐしゃぐしたけど、何も言わなくて自分で気持ちの整理をつけた奴とは未だに普通に仲良くしています。いい関係になれてよかった。
| ざれこ | 2006/05/08 9:20 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.zare.boo.jp/trackback/193436
トラックバック
◎◎「袋小路の男」 絲山秋子 講談社 1365円 2004/10
 前回132回の芥川賞を、御贔屓作家の阿部和重が受賞してご満悦の評者なのであるが、本書『袋小路の男』を読んで、早くこの作家にこのようなタイプの作品群で受賞してほしいと痛切に感じてわけで、それが今の評者のあらためての心持なのである。  最近の芥川賞、受
| 「本のことども」by聖月 | 2005/06/01 7:13 AM |
[絲山秋子] 袋小路の男
ISBN:4062126184:detail 表題作の「袋小路の男」は高校時代に出会ったひとつ年上の「あなた」を、ずっと想い続ける「私」の物語です。ずっともずっと、12年間です。 この物語が「純愛物語」と言われるのは、指一本触れずに想い続けたからなのではなくて、こんなふうに
| +ChiekoaLibraly+ | 2005/06/01 11:38 AM |
『袋小路の男』 絲山秋子 (講談社)
袋小路の男 ←こんな本です。 できれば映像化しないで欲しい。 「袋小路の男」「小田切孝の言い分」を読んでそう思った。 登場人物が少ないから、よほど達者な役者が演じなければ、とても見られたもんじゃないだろう。 活字だとこんなにも甘く、こころをとろと
| とかげの、のほほん読書。 | 2005/06/06 2:09 AM |
袋小路の男
袋小路の男絲山 秋子 / 講談社(2004/10/28)Amazonランキング:1,592位Amazonおすすめ度:Amazonで詳細を見る 高校のときに出会ったハンサムで成績がよくてちょっと素行の悪い小田切を好きになってしまった「私」の、それから12年間の小田切との関わりを描いた短編
| 雑食レビュー | 2005/06/07 3:04 PM |
袋小路の男
 出会ってから12年。あまりにも長い片思いを描いた、糸山秋子・著『袋小路の男』(講談社)。高校時代から30代まで。袋小路に住んでいる1つ年上の小田切に、ジャズバーで出会い、つま先まで震えるほどの勇気をふりしぼっての挨拶をする日向子。パシリをさせられても、
| まっしろな気持ち | 2005/07/14 1:18 PM |
袋小路の男
袋小路の男絲山 秋子おすすめ平均 しみじみとしたよい小説ですね透明感のある文体新しい純愛のカタチ絶妙な距離感!薄暗い暗がりを連想させる恋愛本Amazonで詳しく見る by G-Tools ただただ、思い続ける。かなわなくても。指一本触れられなくても。電話を待ち、あなた
| darjeeling and book | 2005/07/14 10:50 PM |
「袋小路の男」絲山秋子
「袋小路の男」絲山秋子(2004)☆☆☆☆★ ※[913]、国内、小説、現代、モラトリアム、恋、愛、宇宙、家族、夢 本書は表題作「袋小路の男」続篇「小田切孝の言い分」、それとまったく別の作品「アーリオ オーリオ」の三篇からなる。 ☆4つ!すごい。本当は5
| 図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜 | 2005/08/02 7:54 PM |
「袋小路の男」絲山 秋子
袋小路の男絲山 秋子 「袋小路の男」「小田切孝の言い分」「アーリオ オーリオ」の3作。 「袋小路の男」袋小路に住んでいるあなた。高校1年生の時に出会ってから12年の想いを綴る。文章がずっと「あなた」に向かって語りかける形で書かれている。不良の高校生のあ
| ナナメモ | 2005/08/25 9:55 PM |
「袋小路の男」絲山秋子
タイトル:袋小路の男 著者  :絲山秋子 出版社 :講談社 読書期間:2005/10/01 - 2005/10/02 お勧め度:★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 「あなた」とは指一本触れないままの12年間、袋小路に住む男にひたすら片思いを続ける女を描いた究極の純愛小
| AOCHAN-Blog | 2005/10/18 2:33 PM |
袋小路の男 (絲山秋子)
『袋小路の男』『小田切孝の言い分』『アーリオ オーリオ』の3編が収録されています。 絲山さんの主人公は、(精神病を含めて)屈折気味な人物であることが多いのですが、彼らの人物とか人間模様を、思い切りの良くサバサバと語ってしまうのがこの人の持ち味と思い
| 読んだモノの感想をぶっきらぼうに語るBlog | 2006/04/11 4:58 PM |
絲山秋子「袋小路の男」
こういう話は、全然理解できない人と、すごく共感できる人に分かれると思う。私は後者。この手の話には萌えるんです。すごく楽しめたし、理解できた。 恋人関係に発展することはないけれど、長年互いの存在を必要としてきた男女の、その「距離感」が魅力的なのですよ
| あざやかな瞬間 | 2006/05/03 4:12 AM |
絲山秋子の「袋小路の男」を読む!
発売されたばかりの文庫本を購入して、絲山秋子の「イッツ・オンリー・トーク」を読んですぐに、ブックオフで「袋小路の男」と「ニート」の単行本を購入し、一気に読みました。絲山秋子の経歴などについては前に書いていますので、ここでは2004年の作品「袋小路の男」に
| とんとん・にっき | 2006/08/03 4:23 PM |
[絲山秋子][短編集][恋愛]袋小路の男
袋小路の男 作者: 絲山秋子 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2004/10/28 メディア: 単行本 どうしても、イライラさせられる友人がいた。 その人は、明るくて、話が面白くて、気のつく人だったし、友達も多かったし・・・、ケチのつけようがない、いい人だった。 わざ
| Viewpoint-extra- | 2006/09/07 10:45 PM |
muzoboz0242
a_Ya__a_ォ訐・a__a_Ta_ra_ァa,^a,_a_-a__a_S鬘~a_,a_-a__a_Ta_,
| muzoboz0242 | 2007/01/10 3:04 AM |
『袋小路の男』絲山秋子 を読んで
袋小路の男 (講談社文庫)絲山 秋子 内容紹介 指一本触れないまま「あなた」を想い続けた 高校の先輩、小田切孝に出会ったその時から、大谷日向子の思いは募っていった。大学に進学して、社会人になっても、指さえ触れることもなく、ただ思い続けた12年。それでも日向子
| そういうのがいいな、わたしは。(読書日記) | 2007/11/30 11:40 PM |
NOW READING
ざれこの今読んでる本
Selected Entry
Categories
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Profile
Search this site
Sponsored Links